木村昌平の名言

木村昌平のプロフィール

木村昌平、きむら・しょうへい。日本の経営者。総合セキュリティ企業のセコム会長。同志社大学文学部卒業後、日本警備保障(のちのセコム)に入社 。日本警備保障三重(のちのセコム三重)統括部長、セコム社長室企画管理課長、電算部長、企画室長、人事部長、取締役、マイアラーム事業部長、常務、専務、パスコ社長・会長などを経てセコム社長・会長に就任。そのほか東京都警備業協会会長 、オープンソリューション・パートナーズグループ(OSPG)名誉顧問、日本CIO連絡協議会顧問、公正取引協会評議員、日本救急医療財団理事などを務めた経営者。

木村昌平の名言 一覧

当社には「セコムの事業と運営の憲法」という基本理念があります。バイブルといってもいいでしょう。この憲法には「現状打破」と「正しさの追求」という理念があり、この考えは新入社員にまで確実に浸透しています。


当社では「現状を何も変えない社員は仕事をしていない」と見なしているのです。なぜなら、制度や仕組みではイノベーションは起きないからです。私はイノベーションを歓迎する企業風土が重要だと考えています。何度も「現状打破キャンペーン」を繰り返しています。


究極の企業目標とは、「あの会社はいい仕事をしている」と言われることだと私は思っています。


価値観や企業風土を決めるのはトップであり、経営者自らが自信を見せ続けることが非常に重要だと考えています。


経営者の役割は突き詰めると「ビジネスのグランドデザインを描くこと」「企業風土をつくること」だと思います。経営者の働きとは、企業経営の根幹にある理念を明らかにし、これを透徹することです。


我々は常に「安心で安全な社会とはこうあるべき」という理想があって、市場を創出していきます。


我々のビジネス範囲は「安全安心」なので、社会にニーズが顕在化してから対応していたのでは遅いのです。ですから、一般に言われる「ニーズに応える」というのとは、少し異なります。


イノベーションの判断基準は何か。それは、「社会から見て正しい、いい仕事かどうか」ということです。


私はかねがね経営理念や企業理念は大切だと思っていました。セコムの事業は安全安心という形のないものなので、その遂行にあたっては企業理念が極めて重要になります。


捨てる戦略を展開するには、まったくビジネスモデルを変えてしまうくらいの決断がなければできない。普通の会社がなかなかその決断ができないのは、過去を捨てられないからです。過去にしがみついてなかなか捨てきれない。だから変えきれない。破壊できない。だから革新できないということです。


木村昌平の経歴・略歴

木村昌平、きむら・しょうへい。日本の経営者。総合セキュリティ企業のセコム会長。同志社大学文学部卒業後、日本警備保障(のちのセコム)に入社 。日本警備保障三重(のちのセコム三重)統括部長、セコム社長室企画管理課長、電算部長、企画室長、人事部長、取締役、マイアラーム事業部長、常務、専務、パスコ社長・会長などを経てセコム社長・会長に就任。そのほか東京都警備業協会会長 、オープンソリューション・パートナーズグループ(OSPG)名誉顧問、日本CIO連絡協議会顧問、公正取引協会評議員、日本救急医療財団理事などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

原典之

失敗はいくらでもありましたが、その時に自分で抱え込まないということを意識しました。抱え込むと傷口が広がってしまいますから、それが一番大事なのではないかと思います。


鍵山秀三郎

人間が何かを考えるとか何かを思いつくというのは、頭のする仕事です。そして人間が実際に働くということは、体が行う仕事。それから何かを感じるというのは心の仕事になります。私はこの3つの仕事の成り立ちがバラバラではダメ。


和田秀樹

オフィスにいるからと、あらゆる電話に出てはいけません。情報を与えてくれる相手や、会話することで信用を得たいクライアントなら自分の時間を一時的に犠牲にしてでも電話に出るメリットはあります。しかし、見知らぬ相手からのセールストークに応じる時間は損失。


小杉竜一

僕らの仕事は出たとこ勝負。特にツッコミは瞬間的にパッとうまいこと言えるかどうかが勝負だから、いくらやっても細かい反省はなくならないですね。


澤田道隆

やるかやらないか迷ったら、やると決めています。やりたいと言うならやらせてみるという経営のスタンス。


鈴木義幸

不快感を抱く瞬間というのは、じつはグッと体温が上がる瞬間でもあります。リスクをとること、変化すること、それを繰り返していければ、自然と熱いものになっていきます。


池田弘(経営者)

コミュニティということがよく言われていますが、たとえば家族旅行に年に二回行っているのであれば、アルビレックスの試合に合わせて周辺の温泉を予約し、温泉を楽しみながら試合に来ていただく。みなさん湯布院に行って、別府の試合を見ているみたいなんです。おじいちゃんが「アルビレックスを応援に行こう」というと、孫が一緒に来てくれるみたいなこともある。あるいは町内会を通して申込書が回覧板で回ると「隣のおばあちゃんが行くんなら、私も行くわ」みたいな誘い合わせて来てくださるとか。家族をコアにして、町内が一緒に盛り上がる。勝った時は地元に戻って町内で酒盛りするとかね。


伊藤邦雄

コスト削減のために、品質を下げ、機能も下げるようでは決してうまくはいきません。品質を下げないでどれだけ価格競争力を持たせるか。これがグローバル企業の条件なんです。


松橋良紀

人の意見を否定するのは、自分に自信がないことの表れ。こちらが話をきちんと聞いている、あなたを認めているとアピールすることが重要。


富山幹太郎

私がやってきたことは、環境の変化に合わせて何かを捨てる経営でした。プラザ合意で国内工場を閉鎖し、上場で経営の自由度を手放し、合併でそれぞれの歴史と決別しました。今思えば、この「捨てる」ということが、我々のDNAなのでしょう。


齋藤孝(教育学者)

自分より相手に話の主導権を握らせるほうが盛り上がります。雑談では自分が話をする場ではないと割り切って、相手の話に質問をし、ひたすら返していくといいでしょう。


山本恵一(快眠アドバイザー)

就寝前には、「これから眠る時間だ」という気持ちの切り替えが大事です。ほの暗い照明、静かな室内などの寝室環境は、そうした切り替えを促します。眠る時間が楽しみになるようなひと工夫、たとえばアロマの香りを楽しむ習慣も有効です。


ジョン・デューイ(哲学者)

教育の目的は、各人が自己の教育を継続できるようにすることである。


ニーチェ

独創性とは何か。万人の目の前にありながら、まだ名前を持たず、まだ呼ばれたことのないものを見ることである。人の常として、名前があって初めてものが見えるようになる。独創的人間とは、命名者である。


高坂勝

お店を始める時は、最低限、いくら収入があれば暮らせるか計算しました。それ以上は稼がない、忙しくしたくなかったので。


ページの先頭へ