木村惠司(木村恵司)の名言

木村惠司(木村恵司)のプロフィール

木村惠司、きむら・けいじ。日本の経営者。三菱地所社長・会長。埼玉県出身。東京大学経済学部卒業後、三菱地所に入社。取締役企画本部経営企画部長、常務執行役員企画管理本部副本部長、専務執行役員海外事業部門担当、ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ社長などを経て本社社長に就任。そのほか、社団法人日本ショッピングセンター協会会長なども務めた経営者。

木村惠司(木村恵司)の名言 一覧

厳しい状況では、年齢とは関係なく、自ら考えリーダーシップを取れる人が組織にどれだけいるかが重要です。


大事なのは自ら知恵を絞り出し、挑戦心と決断力を持って行動すること。それを若い人にも伝え、私自身も挑戦を続けたい。


プロジェクトが成功したのはチームのメンバー同士の信頼関係があったから。


どんな仕事も、向き合えば見えるものがある。


社員たちに「ちょっとだけ非常識になれ」と言いたい。常識とは、賞味期限切れの情報になりかねません。ここによりかかっていては、前進できません。


とことん議論を重ねて最後にトップが決断するプロセスを見たことは、後に自分が経営者になったときに大きな参考になった。
【覚え書き|社長秘書時代を振り返っての発言】


世界の都市を見ていても、活気のある街とそうでない街の違いは、人が集う仕組みにあると感じます。組織にも同じことが言えるでしょう。人の交流があり、何でも互いに言える場をつくることが、活力を生むし、新しい価値を創出する可能性につながっていくのでしょう。


黙ったままでは連帯感は生まれません。我々のビジネスでいえば、企画、販売、管理など、関係する部署が胸襟を開いて話し合うことで、組織が少しずつ活性化し、連帯感が生まれます。


仕事は一人ではできません。目標を共有して、そのゴールのために、それぞれが役割分担をする。そして、ひとたび問題が起きて、壁にぶち当たったときは、アイデアを出し合って解決策を見つける。こうした、頼ったり頼られたりしながら仕事を進めるスタイルが、職場から消えつつあるような気がします。その原因のひとつはコミュニケーションの不足ではないでしょうか。


人間には、皆それぞれにいいところがあります。感性に優れた人、フットワークが軽く実行力のある人、スキルに長けた人などなど。こうした各人の長所を組織としてどうやって活かすか、何事においてもそれが最終的に雌雄を決することになるのではないでしょうか。


チームワークを大切にして総力戦で取り組まなければ、真の力は発揮できません。私はいわゆるワンマン社長というのがあまり好きではありません。トップダウンとボトムアップを上手く融合した意思決定のあり方が望ましいと考えています。


いつの時代でも基本はチャレンジ精神でしょう。新しいマーケットを開拓しようと頑張ることで洞察力が備わり、新しい考え方も生まれてきます。そのためには情報が必要です。それも書物で得るだけではなく、実際に自分で見たり、聞いたり、あるいは人と接したりして得る生きた情報が重要です。


いったん退却して我々が健全性を保てるところから再スタートするという当時のトップの決断は本当によかったと思います。事業の担当者からすれば、もう一段の資金投下でなんとかなるという思いは大いにあったと思うのです。しかし大切なのは、全体を見回して何が一番いい選択であるのかという視点に立つということなのです。
【覚書き|1995年、米国ロックフェラーセンターに所有していたビルの大半を同社が手放したことを振り返っての発言。木村氏は当時社長秘書だった】


経験豊富な人は、「いままでそんなことはなかった」と言うことがありますが、これからはそれを簡単に信じてはいけません。時代は大きく変わっていますから、経験をベースとしつつ、自分の頭で一所懸命に考え、この難局を乗り越える能力を磨くことが大切です。


「アズ・ワン・チーム」、すなわちひとつのチームとして、総力戦で取り組む。組織の垣根を越えて、縦のラインも横のつながりも全部巻き込んでいく。リーダーシップを発揮すべき人も、自分だけで行動するのではなく、リーダー同士でよく連携していくことが重要です。


いまはある意味で、平時ではなく有事ですから、潜んでいるリスクも大きいと思います。それが現実のものとなったときにどう対処すべきかもよく考え、シミュレーションしておかなければなりません。それをみんなで一体感を持ってやりたいというのが、私の考えです。


いまの状況(不況期)は、人材の養成に適しています。縮小均衡でただ座って待つということではなく、足元を固めながら次の時代の課題にチャレンジしていくのです。そのためには意思決定を速くしたり、決済の権限をなるべく下に降ろしていくことも必要でしょう。チャレンジするから新しい発想・技術も生まれ、人材も育ってくると思います。


リーダーシップの条件は様々ありますが、ひとつは単なる知識やノウハウではなく、洞察力、情報力、それらに裏打ちされた直観力も必要です。もうひとつは、人を巻き込む力であり、そのためには人間としての大きさ、あるいは優しさが必要です。加えて意思決定をするための決断力が求められます。最後は実行力でしょう。


先見性を持ってイメージをハッキリさせ、それが本当にチャレンジできるものであるかどうかの裏付けを取る。それを繰り返し、繰り返し、徹底的にやりました。学んでは思い、思っては学ぶという論語の「学思」の教えを実践したのです。高めの価格設定だったのですが、火がついたように皆さんに買っていただくことができました。
【覚書き|30代前半に担当した群馬県大泉町での分譲住宅の企画が大成功したことを振り返っての発言】


最近、中堅管理職の皆さんが、遠慮気味です。しかし、たとえば私がある事柄を指示したとして、その範囲内のことだけをやっているのでは困るわけです。悩んでばかりいて、行動を起こそうとしない人もいます。もっと全体最適を考えてリーダーシップを発揮してほしいと思います。


仕事の前途を切り開きたいときは、会社内外の先を行く人に情報の提供を求めることです。自分と同様のテーマについて先行している人、いわば先人です。まず社内で探し、さらに同業他社などで、情報を持っていて、自分よりもよく考え抜いているらしい人にあたります。こうして自分自身の才覚と足で稼いでこそ、情報は生きてきます。


先日、社員たちとサッカーのヨーロッパ選手権で優勝したスペインチームの分析をして、大いに盛り上がりました。これなどは、組織論を学ぶための、かっこうの教材でした。


優れた考えは常に、正確で、そして潤沢な情報に裏打ちされているのです。情報をできる限り集め、考え抜く。自分の好奇心を全開にして、そこにひっかかってくる情報に、最大限の興味を抱いて向かい合う。いまでもそれが常に私のやり方です。


20代のころ、一戸建ての提案型住宅を売るプロジェクトで失敗しました。日本人は、家の細部にまで自分の思いを染みこませて、「私の家」にしたがります。そんな生活者の思い入れを十分考えに入れていなかった結果でした。考える過程も、お客様にとっては大切な商品だということに気づきませんでした。考えが浅かったのです。


働く人間すべてにとって、土台になるのはチャレンジする精神です。これがなければ、働く意味がないといってもいいでしょう。失敗することを恐れずに、進んでこそやりがいが生まれます。チャレンジして失敗したとしても、それは、次に成果を上げるための準備段階だと思えばいいのです。


会社はどこでもそうだと思いますが、社内常識というものがあり、それが制度になって残っている例が少なくありません。それらは時代とともに古くなりますから、見直してイノベーションを考えることが必要になります。そのためには、まず常識という難物に立ち向かうことが必要になります。


15年前から、異業種の人たちが三々五々集まる飲み会に参加しています。これなども私の好奇心を満たすのにぴったりです。当初は勉強会のつもりではじまったのですが、いまでは50人ほどが2か月に1度集まり、わいわいやっています。メンバーには様々な人がいます。官僚も、ビジネスマンも、ホテルマンもいます。話題もいろいろで、最近の会では、ガソリン価格が自動車メーカーに及ぼす影響をめぐって、侃々諤々の議論が沸騰しました。


情報は本や文献、レポート類を細かく読んでも得られないことはありません。しかし、最良最高の情報源は人間です。道がわからなくなったら近くの人に聞くのです。当たり前のことですが、迷ったらこれが一番のアドバイスです。


日々に激動する現実に、イノベーションを常に意識して立ち向かう。こうしてチャレンジし続けます。そのためには、適切な情報を得ることが重要になります。情報を集め、よく理解することは、前進するために欠かせません。情報がないままでの判断は信頼がおけません。


ビジネスは日進月歩の勢いで変化しています。ふと立ち止まるだけで、変化についていけなくなりかねません。この激動の中で、チャレンジする精神を持ち続けることは、たしかに容易なことではありません。そのために必要なのが、先見力、先を見通す力です。ライバルたちより一歩先を読めれば、優位に立つことができるはずです。気持ちに余裕も生まれます。


好奇心に従って様々な情報を受け入れ、自分の中に貯め込みます。ビジネスでチャレンジする局面になれば、手にした情報を考え抜きます。一見すると無駄の積み重ねのようですが、最後には何らかの収穫を得られるものです。


私も20代のころに大変な失敗をしましたが、それがのちに大きな糧となりました。失敗を1回2回やって、叩かれても踏まれても、雑草のようにまた這い上がればよいのです。現に私自身、雑草と呼ばれたこともありました。


顧客心理をくんだ商品をつくれなかったことが敗因。マイホームは家族と一緒に今後の暮らしを考えながら間取りや内装、設備をじっくり決める過程にも価値がある。ところが私が企画した商品は、販売戦略も含めお仕着せと映ったようで、人気が出ませんでした。


街のにぎわいは、やはり人がつくりだすものです。そのためには、単に建物というハードを魅力的につくるだけでは不十分です。むしろ、ハードの上でどんなソフト展開をするか。これが大事になってきます。


木村惠司(木村恵司)の経歴・略歴

木村惠司、きむら・けいじ。日本の経営者。三菱地所社長・会長。埼玉県出身。東京大学経済学部卒業後、三菱地所に入社。取締役企画本部経営企画部長、常務執行役員企画管理本部副本部長、専務執行役員海外事業部門担当、ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ社長などを経て本社社長に就任。そのほか、社団法人日本ショッピングセンター協会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

大坪勇二

商談ではふたつのことを心がけてきました。まずは「アポごとにゴールを設定すること」です。そして「アポ時間内でゴールに到達できなくても、決して粘らない」ことです。私の場合、ひとつのアポイントにつき2時間(移動30分、商談90分)で手帳に予定を書き込んでいきますが、たとえあともうひと押しでゴールに届きそうなときでも、2時間経てば切り上げることにしています。


田村重信

心というか、目に見えないところが大事。


フラナガン裕美子

秘書の仕事は「できて当たり前」なんですね。どんな難題をこなしても、上司は褒めてくれません。だから「自分で自分を褒める」ことが不可欠。鏡を見たり、自分で自分の肩を抱いたりしながら、「よくやってる」などと褒めるのです。


津田大介

本はひとつのテーマでまとめられていて保存性もいい。そういうストックな情報は紙で残るけど、一回読んで終わりのフローな情報は電子のほうが便利です。だから新聞や雑誌は厳しいと思う。


永守重信

初めに着手したのが私自身の「CEO改革」だった。従業員の声を集めた時に目立ったのが「上司が帰らないから自分も帰れない」という不満でした。私はこの会社のトップですから、率先して早く帰らないといけない。帰宅してから部下に指示メールを送ることも、緊急時以外はやめました。


大東隆行

うちでは店長が売れると思ったら、和食でも洋食でも、フランス料理でも何のメニューでも出していい。僕は「かまへん。好きにやり」と言うだけです。ただし、売れないとダメだし、40品目くらいあるグランドメニューは変えてはいけません。それ以外のところで創意工夫せよということです。


西任暁子(西任白鵠)

プレゼンには中身(コンテンツ)と伝え方(デリバリー)の両面があります。内容が完璧であっても、伝え方に問題があれば、聞く人の心には響きません。


高橋名人(高橋利幸)

1986年半ばからは、各ゲームメーカーが「名人」を作ってきました。しかし、彼らと私の決定的な違いは、ゲームの攻略だけをするのか、それともゲームの攻略はもちろんだけども、それ以外の子どもが体験するべく遊びや運動なども勧めていたかの違いだと思います。対象相手が子どもだけであれば、ゲームの攻略法を直伝するだけで正しいと思います。しかし、それだけでは、家計の番人とも言える母親の賛同を得ることはできませんからね。


成毛眞

論理力を鍛えるのは、スポーツの練習と同じです。野球が上手くなるためには素振りの練習が欠かせないように、論理力を身につけるにも「仮説→検証」のプロセスを繰り返すしかありません。


上條努

これまで培ってきた企業ブランドに対する信頼が第1だし、それは絶対に裏切れない。そんな中で、新しい提案をいかに具現化していくかは、お客さま相手の商売をさせていただいている者にとって逃れられない普遍のテーマ。


西山昭彦

ビジネスパーソンを成長させるのは、何といっても仕事です。その仕事のインフラというべきビジネスツールには、惜しまずお金を使うようにしましょう。


榎本博明

失敗を恐れないためには、「減点法」をやめて、「加点法」の思考に切り替えるといいでしょう。イチロー選手は、打率にはこだわらず、ヒット数にこだわることを明言していますが、それは失敗してもヒット数が減ることはないからです。打率は失敗すれば下がりますが、ヒット数なら失敗してもプラスマイナスはゼロで、成功するたびに一本ずつ増えていきます。だからイチロー選手は「もし失敗したら」と気持ちが萎縮することなく、打席で伸び伸びとチャレンジができる。このように、「失敗は0、成功はプラス1」という加点法の思考を習慣づければ、「0と1なら、やってみるしかない」と考えるようになるはずです。


伊藤勝康(経営者)

昔と今で圧倒的に違うのは、60代、70代の方たちの活動量です。大変アクティブな方々が多い。アンケートを取ると、ほぼ全員が年に一度は海外旅行を楽しんでいます。しかも一番人気はイタリアです。老後も子供たちに頼ろうとは思わない。介護されるにしても自分たちで何とかしようという意識が強い。


張瑞敏

コストの違いは、勝ち残るための決定的な差ではなくなると思っています。仮にコストが低くても、中国で生産したものが世界中で売れるかと言えば、そうではない。グローバル化の流れの次にあるものは、ローカル化にほかなりません。地域のマーケットニーズを満たすことが最重要課題です。


名越康文

雑談で大事なのは「越境する力」です。つまり、自分の持っている経験を相手に投影する能力のこと。この人の言っていることは、自分だったらどうだろう、自分の経験ではどんなときに近かったか、などと考えて異質なものを自分の中に取り込んでいく力です。お互いの共通話題があれば雑談はしやすいですが、たとえそれがなくとも、自分の経験と相手の経験を統合することができれば、雑談は十分可能です。そして本当に大切な雑談力とは、こうした力を指すのだと思います。


ページの先頭へ