名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

木村弘毅の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

木村弘毅のプロフィール

木村弘毅、きむら・こうき。日本の経営者。「ミクシィ」社長。東京都出身。東京都立大学(のちの首都大学東京)工学部中退後、電気設備関連会社、モバイルコンテンツ会社などを経てミクシィに入社。モバイル企画部長、取締役執行役員などを経て社長に就任。

木村弘毅の名言 一覧

従業員にはユーザーに驚きを与えることを第一に考えるよう言い続けたいと思います。ただし、既存ユーザーや上司の声に耳を傾けすぎると斬新な提案はできません。怒られるかもしれませんが、そうした声は二の次で考えてもらっていいのです。


まずモンストなどで収益の大半を占めるエンターテインメント事業に重点投資を行います。一方で新たな柱となる事業領域の構築へ3~5年で1000億円規模の投資をする方針を示しました。新たな分野にしっかり種をまきます。もちろん、家族や友達とわいわい盛り上がれるものであることが前提です。


私自身、モンストの開発をしていた時は「ド素人がゲームを作ってヒットさせられるのか」と社内に反対もありました。ですが、知人や家族と集まって遊ぶ喜びを届けたいと寝食を忘れて取り組みました。パートナー企業も含めてたった4人で始めた企画でしたが、リリース後に子供から大人までが一緒に遊ぶ写真をSNSなどで見て、達成感に浸りました。従業員にもそんな喜びを体感してもらいたいのです。


私たちは、SNS(交流サイト)「ミクシィ」やゲームの「モンスターストライク(モンスト)」を世に届け、成長してきました。一方で、「SNSをやっている会社なんだっけ? ゲーム会社だっけ?」と、外部からは会社のイメージが分かりにくい部分もあります。ただ、根本には共通して「豊かなコミュニケーションの実現」という使命があり、それは変わりません。社長就任にあたって明確に打ち出す必要があると感じ、「コミュニケーションサービス」という事業領域を明確にしました。


木村弘毅の経歴・略歴

木村弘毅、きむら・こうき。日本の経営者。「ミクシィ」社長。東京都出身。東京都立大学(のちの首都大学東京)工学部中退後、電気設備関連会社、モバイルコンテンツ会社などを経てミクシィに入社。モバイル企画部長、取締役執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

成毛眞

40代以降の現役ビジネスマンの世代に、私は「副業」を勧める。ただし、その内容が本業の延長線上にあってはならない。新しい刺激を受けられず、クリエーティブな感性が高まらないからだ。それよりもほかに、ネットやSNSを活用した副業のチャンスがいくらだってある。


林田正光

昔は商品の優劣だけで顧客満足度の向上が図れましたが、今は成熟社会で何でも揃っている時代なので、それだけでは難しくなっています。そこで、ホスピタリティー精神というものが、差別化要因として重要になっています。


山口多賀司(経営者)

本当の実態を知った上で計画を立てたり、方向性を見つけることが一番重要なこと。これは経営者の一番の使命。


藤原健嗣

当社はいろいろな事業を展開していますが、どの事業を伸ばしていくのか、また働く人たちは自分の仕事がどのように社会の役に立っているのかが分かると、アウトプットも増えてくる。


佐々木則夫(サッカー)

いくら良い攻めをしていても、一発でやられる場合もある。


デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)

人類がさらなる発展をしていくためには、今後起こりうる問題や課題に取り組む「時間」をどうやって作り出すかが最も重要なテーマ。


前田知映

価格で勝負すると韓国などには勝てないので、付加価値を理解してくれる日本ファンにどうリーチできるかがポイント。


飯沼正樹

将来の企業規模などはあまり意識していません。規模は後からついてくる。そう考えながら、仕事に向き合っています。


糸井重里

「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」創刊時は、そこでモノが売れるとは考えていなかったです。ただ、最初からインターネットはビジネスになるとは思っていました。銀座の4丁目の角に自動販売機を置いたら、それだけで食っていけますよね。おでん屋でも花屋でも何でもいい。重要なのは銀座4丁目にあるということです。大事なのは「人のにぎわい」。人が、その街に行きたくなる理由があるかぎり、何をしたらよいかわからなくても、食う道はあると思っていました。


佐藤優

「自分の能力」について見極めることが必要。僕が強調したいのは、自分の能力は自分で計るものではないということ。会社員の場合、能力というのは常に他者が判断し評価するもの。それをふまえたうえで、自分はどんな仕事に適性があるのかを考えなければならない。適性がないとしても40代なら、まだほかの選択の余地がある。50代になったらほぼ難しい。


緒方健介

上司の指示を全部鵜呑みすると、心中する羽目になります。大事なのは上司の上司など、上層部とパイプをつくり、確かな情報


松岡修造

夜、ベッドに入って目をつぶると、その日にあったマイナスの出来事が浮かび、さらに悪い方向に想像してしまうことがあります。そんなときは心の中で「ストップ! ストップ! ストップ!」と唱えます。声に出してもいい。「ありがとう」でも「修造」でも言葉は何でもいい。不思議とネガティブ思考を止められます。