名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

木村信司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

木村信司のプロフィール

木村信司、きむら・しんじ。日本の演出家、脚本家。宝塚歌劇団に演出助手として就職。『扉のこちら』で演出家デビュー。宝塚歌劇団以外の舞台脚本・演出も多数手がけた。

木村信司の名言 一覧

私はずっと精神的に裸でいますね、とくに演出家として役者に接するときは。隠しても自分の状態は相手に意外と伝わるもんだと気づいたので。


楽だぜ。嘘つかない人生。本当の姿を見せて嫌われたら仕方ない。僕は僕だもん。


舞台では、役者の感じていること以外はお客様に伝わらないんですよ。身体表現の場だから。考えて自分の中にこもっていちゃ意味がない。役を通じて君自身を表現する、そういう姿を見たい。見せてくれよ。稽古という大いなる冒険の場を通じてさ。


演劇って総合芸術だから。小さな変化が全体の雰囲気に大きな影響を及ぼすことが多分にある。(再演でも)前回のことは全部忘れて挑みたいね。


「頭で考えたことじゃなく、魂から作ろうぜ」って。「本当の君の中には、いったい何があるんだい?」ってことを私は問いたい。


ただスコップを手に、あの手この手で(役者の中にあるものを)掘り起こしているだけ(笑)。役者は演じているさなかに自分を評価できないのだから、私は合わせ鏡のようにその場で君らを映し出す存在でありたいんです。


演出家というのは、役者の中にあるものしか掘り出せないんです。役者自身が気づいていない鉱脈が顔を覗かせたときに「見えてきたぞ!」と嬉しくなるわけです。


(安全確認を自分でするのは)宝塚のクセなんだ。女の子に危険なことはさせられないから、まず自分で舞台の上に立ってみる。大丈夫という確信を得てから、役者に指示として渡すんです。


やっぱりセリフはきちんと届けたいという思いがあるから。

【覚え書き|最初の本読みの段階から滑舌に厳しい理由を問われて】


木村信司の経歴・略歴

木村信司、きむら・しんじ。日本の演出家、脚本家。宝塚歌劇団に演出助手として就職。『扉のこちら』で演出家デビュー。宝塚歌劇団以外の舞台脚本・演出も多数手がけた。

他の記事も読んでみる

山元賢治

振り返ってみると、僕にとって純粋に上司と呼べる存在は、日本IBM時代の3人の課長だけだ。もちろんアップル・ジャパンの社長だった時代も、スティーブ・ジョブズに呼び出しを食ってクビを覚悟したこともあれば、ティム・クックにレポートを提出しなければならないこともあった。でも、僕はマネジャーになった瞬間から上司はいなくなると考えているから、彼らを上司とは呼ばないことにしている。


武者小路実篤

人生は面白い。人間の精神は無限大だ。美の世界は大無辺だ。君はそう思わないか。死、なにものぞ、笑って進もう。男らしく勇ましく進もう。女子らしく愛らしく進もう。人生賛美の曲を鳴り響かせて、この短い人生を悠々と進んで行こう。


喜田哲弘

大切なのは、「風に聞け、波に学べ」。ヨットは風や波を見て一歩先を読み、操縦する。経営も同じ。


吉松徹郎

IT系の企業は往々にして「勝つ」戦略を考えますが、私は「負けない」戦略を作ることこそ長く続く秘訣ではないかと思っています。


上杉定正

日に三度わが身を省みる事は成るべからず、せめてわが身の過ちを日に一度、下人にまでこれを聞くべし。


岩佐大輝

専門家が時間と労力をほんの少し割いてくれるだけで、素人が何十人も集まってもかなわない成果が挙がる。


小松圭太

売るだけでなく管理までしっかり手がけるというのも、当社のこだわりです。たとえば、不動産投資の最大のリスクの一つが「空室」ですが、当社にはそれを最小限にするための様々なノウハウがあります。


青羽悠

史上最年少で受賞したことについて、少し引け目のようなものを感じています。僕の年齢は小説すばる新人賞に選ばれた理由として無視できないものだと思いますし、この作品を手に取ってくださる方々の中には、僕のプロフィールに注目している方も多いはず。そこには、少なからず「年齢の割には」という意識があると思うので、正直、劣等感を抱いているんです。それでも、与えられたチャンスは大きい。まずは何を言われても、少し開き直るような気持ちで堂々としていようと思っています(笑)。

【覚え書き|16歳で小説すばる新人賞を受賞したことについて】


岸見一郎

企画が立ち上がるまで2年、『嫌われる勇気』が出版されるまでなお2年の歳月を要しました。この本は産みの苦しみは大きかったですが、苦しみがあるからこそ、喜びがあることを実感しました。


淡輪敬三

将来を見通すことの難しい時代、世界中の企業は人材こそが付加価値の源泉であると再認識しており、世界レベルでの人材争奪戦が起こっています。


下地寛也

課題を与えられたら、最初は「なぜやるのか」の「WHY(なぜ)思考」で考えてみる。頭の回転が速い人は、まずそこから考え始める。相手の意図がわかれば、正解に近づいていける。


朝田照男

前向き志向や持ち前の明るさは、プレゼンテーションでも役に立ちます。同じことを話しても、話し方ひとつで相手への届き方が大きく異なります。カギとなるフレーズだけ用意しておき、あとはその場で肉付けしながら生き生きと話すのです。