名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

木村俊昭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

木村俊昭のプロフィール

木村俊昭、きむら・としあき。日本の地域創生家、経営学博士。「東京農業大学」教授。北海道出身。慶應義塾大学大学院博士課程修了。小樽市職員として同市の地域活性化に尽力したのち、内閣官房・内閣府企画官(地域活性化担当)として地域創生に携わる。その後、農林水産省企画官、東京農業大学教授、日本青年会議所「地域プロデューサー育成塾」塾長、内閣官房シティマネージャー、日本事業構想研究所代表理事、日本地域創生学会会長などを務めた。

木村俊昭の名言 一覧

私自身、小樽市役所時代は飲食店や企業を徹底的に回り、生の声を集めました。すると、地元の人でも知らないような話がたくさん出てくる。これが施策を考えるのに役立ちました。実学・現場重視の視点は、地域創生の鍵であり、私のポリシーでもあります。


地域創生に関わるにあたっては、「超プラス思考」を大事にしてほしいというのが私の経験からのアドバイスです。できない理由を探すのではなく、「Why so?(それはなぜ)」「So what?(だからなに)」と繰り返し問い続ける。そうすることで、課題解決の糸口が見えてきます。


地域活性化をリードする人材に求められるのは、プロデューサーとしての役割。加えて、広聴・傾聴・対話がきちんとできること。これも大事です。当然のように思うかもしれませんが、実際はこれができないリーダーが多いのです。


講演などで各地を訪れると、なかには、「自分たちのまちには、何もないから……」とおっしゃる方がいますが、そんなことはありません。市民の皆さんも、自分たちのまちの歴史や文化、産業に関心を持ってほしいと思います。


人任せ、行政任せにするのではなく、自分たちで、また民間でできることはやる。これも、地域を元気にする大切なポイントの一つです。


目的・目標・使命を明確にして、具体的な指標に基づき、期限を設けて活動する。これは、ビジネスでも地域創生でも変わりません。地域活性化は日本全体の課題ですから、ビジネスパーソンの皆さんにも、ご自身が住む、働く地域がどのような問題を抱えているのか、どんな取り組みが行われているのか、関心を持ってほしいと思います。


地域創生の事業の構想や実践において全体最適を実現するには、第一に地域の基幹産業をしっかり把握する必要かあります。その産業が、どこから原料を仕入れて、どんな加工をして、どのようなルートで販売しているのか。こうしたことがわからなければ、本来地域の産業政策は立案できません。企業誘致にしても、助成にしても、地域全体への貢献度が基準になります。


人口減少で着目すべきは、単に総人口ではなく、生産年齢人口の急激な減少と、それに反比例する形で起きている65歳以上の高齢者の増加です。この本質を踏まえた戦略的な思考が必要です。一口に高齢者といっても、70代前半くらいまでは元気な人も多く、まだまだ現役です。「うちの自治体は高齢化率が高い」と嘆くのではなく、シニアの方たちが活躍できる場をいかにつくっていくかという発想が求められます。


大切なのは、部分最適ではなく全体最適で考えることです。よく地域活性化というと、駅前を再開発しよう、商店街を元気にしよう、温泉街を盛り上げようといった話になりがちです。しかしそれが実現して、仮に商店街に人が集まるようになっても、地域全体へ波及しなければ一過性のもので終わってしまう。個別企業に置き換えて考えればよくわかる話で、地域の特定の企業だけが儲かっても、その恩恵にあずかる人は限られます。もちろん、駅前や商店街などに集中的に投資すること自体は悪いことではありません。大事なのは、それが全体的なストーリーの中に位置付けられているかどうかなのです。


私は、「五感六育」のまちづくりを提唱し、この実践を全国でサポートしています。五感はご存じの「見る・聞く・嗅ぐ・味わう・触る」。これを見つめ直して、地域のオリジナリティにつなげようというわけです。そして六育は「木育・食育・遊育・知育・健育・職育」を表す私の造語。自然、遊びや健康等を意識しつつ、地域一体で「ひと育て」「まち育て」を実現しましょうとの思いを込めています。


私は「地方」ではなく、より広い視点での連携を重視する観点から「地域」という言葉を使いますが、地域創生の大きな流れは「情報共有」→「役割分担」→「出番創出」→「事業構想」だと考えています。まずは情報共有。行政、商工会議所や農業団体などが、これまで何をしてきて、今後どうしようとしているのかをすり合わせる必要があります。各々の組織が一生懸命頑張っているが、方向性がバラバラだったり、施策が重複していたりというのはよくあるパターン。こうした非効率を解消しなければなりません。そのうえで、それぞれの組織や世代に役割を担ってもらい、出番をつくっていく。そして、地域の活性化を事業の視点で構想し、実践していくわけです。


リーダーは、増幅型リーダーと消耗型リーダーの二つのタイプに分けられるという研究があります。消耗型リーダーとは、一言でいえば周囲の人を道具のように扱うリーダーです。スタッフがミスをすればそれを責め、会議では自分ばかりがしゃべり、ほかの人の意見を求めない。優秀な人間かほしいときは、外部から雇えばいいと考えている。これでは持続的な地域の活性化は望めません。地域創生においては役割分担や出番創出もポイントになります。これを実現できるのは、組織や周囲の人の力を引き出すことを得意とする増幅型リーダーだといえます。


木村俊昭の経歴・略歴

木村俊昭、きむら・としあき。日本の地域創生家、経営学博士。「東京農業大学」教授。北海道出身。慶應義塾大学大学院博士課程修了。小樽市職員として同市の地域活性化に尽力したのち、内閣官房・内閣府企画官(地域活性化担当)として地域創生に携わる。その後、農林水産省企画官、東京農業大学教授、日本青年会議所「地域プロデューサー育成塾」塾長、内閣官房シティマネージャー、日本事業構想研究所代表理事、日本地域創生学会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

山田昇(ヤマダ電機)

ヤマダのシェアは3割あるかないかで、出店の余地はまだある。なぜチェーン店化するかというと、総合的なスケールが欲しいから。ユニクロさんやニトリさんも、自社競合するデメリットを承知のうえで店舗展開している。密度を上げてシェアを得ることで、逆に利益が上がるというビジネスモデルだ。


井上礼之

変化の兆候を読み取り、それに対応するのは現場だけでは難しいからです。何か違和感を覚えても、現場は自信がないまま走り続けたり、立ち往生したりしてしまうものです。それまで走ってきた路線を軌道修正するのは容易ではありません。だからこそ、トップがいち早く「答え」を出し、現場が不安を感じて逡巡したり、迷走したりするロスをなくさなければなりません。


藤田晋

清濁併せのむ気持ちでいること。何かを成し遂げる過程では必ず、様々な葛藤と対峙します。例えば、権力でものを言わせる人と、うまくつき合う必要が出てくるかもしれません。そんなつき合いを毛嫌いしている人でも、目的を達成するためには、自分を抑えなければならない。もちろん、何があっても曲げてはいけない自分の軸は、ブレさせてはいけません。ですが、現実を直視したうえで、清濁併せのむ度量は必要になるでしょう。


重松大輔

Airbnbはこちらを気にかけていないと思いますが、私はライバルだと思って挑戦していくつもりです。ただ、手をつなぐべきところはしっかり手をつなぎたい。業界として規制緩和の流れをつくっていかないと、おそらく彼らも私たちも困ります。


宮田矢八郎

松下幸之助も、稲盛和夫も、理念を生み出せたのは、起業後、数年が経ってから。それまでは、飯を食うために、戦略立案と管理手法の確立に懸命でした。


いとう伸

第一印象で失敗する人にまず心がけてもらいたいのは、肩の力を抜くことです。自分の緊張は相手にも必ず伝わります。相手はただでさえ初対面の人間に会って緊張しているのですから、そこにさらに営業マンが緊張を持ち込めば、緊張感が鏡の反射のようにどんどん増幅されて、場の空気が重たくなるだけです。「この人と話すと何か疲れる」という印象を相手に与えてしまい、商談も上手くいかなくなります。


手代木功

顧客の課題解決のために、チームでベストを尽くす。製薬ビジネスの根幹は、決して非常識なものではありません。医薬に携わる私たちは、ビジネスモデルやビジョンをもっと分かりやすく社会に説明する必要があると考えています。小難しい専門用語を並べたてて、けむに巻いているようでは駄目なんです。


御手洗冨士夫

原価に占める労働コストの比率を下げるということが一番大事なのであって、一人ひとりの賃金を下げることではない。働く人の一人ひとりの賃金は高くてもいいんです。むしろ、これからは高くしていかないといけない。


白潟敏朗

部下のモチベーションを上げるには、「この仕事、やってみたい」と思わせることも大事なポイントです。「やりたい仕事」は興味を持って取り組むので、どんどん面白くなります。生産性も上がります。


石川善樹

複数のコミュニティに重心を分散させるというのが、一番確かな「つながり」のつくり方。


松本洋(コンサルタント)

経営が苦境に追い込まれたとき、あるいは破綻したとき、経営の方向性を大胆に転換するときなど、企業には様々な転機があります。その転機を経営陣や株主とともに乗り切り、再生や変革を実現することが我々の使命です。


齋藤貴(経営者)

資産運用は今やマストです。企業収益が伸びる中、日本企業は「給料を上げる」など社員に利益を配分するより、配当性向を高めて、株主への利益還元を優先しています。だからビジネスパーソンは投資することで、株価や配当金の伸びを家計の収入に取り込んでいく必要があります。