名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

木本一也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

木本一也のプロフィール

木本一也、きもと・かずや。日本の経営者。「テクノテック」社長。広島県出身。中央大学理工学部卒業。

木本一也の名言 一覧

当社はまだ小さな会社ですが、もし大きな会社が当社の分野に参入してきても、私は大歓迎です。この負けず嫌いな性格だからこそ、ここまで成長できたのかもしれません。


他社に先駆けて防水パンに特化した積極的な技術開発を行い、大手ハウスメーカーやゼネコンと共同開発した商品を、いち早く世に出したことがシェア獲得の一番の理由だと考えています。


木本一也の経歴・略歴

木本一也、きもと・かずや。日本の経営者。「テクノテック」社長。広島県出身。中央大学理工学部卒業。

他の記事も読んでみる

齋藤勇(齊藤勇)

バランス理論といって、お互いに共通の敵がいることは最も結束を強めます。赤ちょうちんで部下たちが上司の悪口を言うことは、職場の連帯感にはプラス。逆に誰かが「いや、あの上司は立派だ」と反論したら座は白け、その人は仲間として信頼されません。ただし、あまり悪口ばかり言っても負の感情が溜まるので、わっと盛り上がったところでやめるのがコツです。


冨山和彦

私はなるべく夜中にメールを打たないようにしています。もちろん、心の中にモヤモヤを残したまま寝たくないので、メールはすべてその日中に処理してすっきりしたいところですが、これが失敗のもと。とくに複雑な案件は、翌朝もう一度考えてから送るようにしています。


市村洋文

起業後の自分を客観的に見て、甘さがあったらつぶしていく。その作業を繰り返さないで、独立するのは非常に危険。


大泉洋

僕は結構小さいことをぐずぐずと引っ張るタイプなんです(笑)。けど、だからこそ、そんなときは明るい話題を書くようにしていました。大好きだった祖父が亡くなったときもそうで、すぐにはエッセイに書けなかったんです。しばらく、自分の気持ちの整理がつくまで待つ。そうやって、悲しさ以上に楽しい想い出として振り返られるようになったとき、よしいまなら書けるかなという気持ちになるんですよね。


和泉學(和泉学)

当社が店舗を展開している居酒屋業界は競争が激しい状況が続いていますが、そういう状況下にあるからこそ、社員には「笑顔」という一灯が求められるのではないでしょうか。


若林正恭

「しくじり先生」という番組のレギュラー放送が終わった。深夜時代も含めれば丸3年間の放送期間で、約120人にのぼるしくじり先生の授業を受けた。3年間の授業で「しくじり」を回避する一番の方法は何だと思ったかというと、それは「耳が痛いことを言ってくれる信頼できる人を持つこと」である。「自分では自分のしくじりの種には気づけない」というのが、約120回の授業を受けたぼくの結論であった。


藤田晋

人は苦境に陥ると、近視眼的に目先のことにとらわれがちになります。そして、必要以上に不安になる。そうなると、絶望したり、逃げ出したくなったりして、逆転の可能性を残しているにもかかわらず、負けを認めてしまう。だから苦境の時こそ、長期的な視点、つまり全体を俯瞰して見ることが重要になってきます。


坂東元

動物は生態系の中で、食べる者と食べられる者が同じ空間を共有しています。それでも、お互いを排除しないんです。だから、動物園でもできるだけその姿をいろんな人に見せてあげたい。1種類だけ隔離して飼育すると、都合よく生きるんですよ(笑)。でも、他の種がいれば、動物の本能がよみがえって、生き生きした姿になっていく。人間にも当てはまることで、現代社会が「個の時代」となる中で、本能が弱り、人間はどんどん認め合えなくなっている。


梶村尚史

朝つらいのはもともとの体質のせいではなく、誤った生活習慣が原因。日ごろの生活習慣を少しだけ変えれば、夜ぐっすり朝スッキリの快適睡眠は誰でも実現可能です。


此本臣吾

誠実にとことん向き合う姿勢は当社の強みで、守っていかねばならない。


坂根正弘

リーダーには、ビジョンを示すことも求められます。コスト削減を押し付けるだけでは、誰もついてきてくれません。コストはコストで削りますが、一方で成長への夢を語って初めて社員はモチベート(動機付け)されます。


石川康晴

僕自身、バブル手前の年代ですし、自分がやってきたように「猛烈に仕事をする人」を求める傾向があります。しかし、若者の変化を実感するにつれ、それではダメだと思うようになりました。平成生まれは「僕たちとは全然違う」ことを認識し、それぞれに適した育て方をしなければいけない。逆に、それができないと、社員はすぐに辞めてしまい定着しません。するとノウハウが社員に蓄積されず、新しいサービスも出なくなり、会社が成長しなくなります。