名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

木本一也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

木本一也のプロフィール

木本一也、きもと・かずや。日本の経営者。「テクノテック」社長。広島県出身。中央大学理工学部卒業。

木本一也の名言 一覧

当社はまだ小さな会社ですが、もし大きな会社が当社の分野に参入してきても、私は大歓迎です。この負けず嫌いな性格だからこそ、ここまで成長できたのかもしれません。


他社に先駆けて防水パンに特化した積極的な技術開発を行い、大手ハウスメーカーやゼネコンと共同開発した商品を、いち早く世に出したことがシェア獲得の一番の理由だと考えています。


木本一也の経歴・略歴

木本一也、きもと・かずや。日本の経営者。「テクノテック」社長。広島県出身。中央大学理工学部卒業。

他の記事も読んでみる

桐島ローランド

もう不安でたまりませんよ。なので、常に次のステップへ勉強しています。


ウィリアム・A・コーエン

マーケティングは、すべてのものに応用可能であることを忘れてはなりません。すなわち、製品や企業だけでなく、NPO(非営利組織)や政治など、何かをやろうとすれば必ずマーケティングのコンセプトに行き着くのです。


荒木三郎(経営者)

我々の強みの一つは、MUFG(三菱UFJフィナンシャル・グループ)の中核証券会社であること。その強みを深化すべく今年度から「ウェルスマネジメント戦略」をグループ一体で進めています。本格的な高齢化社会の到来を前に、相続や事業承継、資産の有効活用といったニーズはますます高まります。銀行、信託銀行、証券といったおのおのの守備範囲を超えたコンサルティングが増えるのは追い風です。


大橋禅太郎

組織とは、利益の相反する人たちが、一定の条件のもとで集まった状態のことです。一人ひとり、やりたいことも違えば、やる気の源も異なる人たちの集まりです。バラバラの個人が組織の意図を共有し、同じ方向を目指すことで、初めて大きな成果につながるのです。


渡辺謙

仕事に対する熱意は、俳優業に限らずすべての仕事の原点じゃないでしょうか。『明日の記憶』は、原作を読んだとき、強く突き動かされるものがあって、居ても立っても居られないというか、「この仕事は絶対に自分がやりたい」と素直に感じたんです。そのぶん、こだわりも強く、俳優という枠を超えて、エグゼクティブ・プロデューサーという立場で参加させてもらいました。


堀場厚

グローバル化の時代、日本企業にはある強みがある。日本人は国や市場ごとの違いを正確に理解し、対応できる柔軟性を持つということだ。欧米でもアジアでも、普通の社員が現地になじめる。


ハワード・シュルツ

社員の福利厚生を充実させれば競争上優位に立てるというのが私の持論である。経営に携わるようになった当初から、スターバックスを誰もが働きたがる人気のある企業にしたいと考えてきた。他の小売店やレストランよりも高い給与を支払い、他に抜きんでた福利厚生制度を整えることによって、コーヒーに対する我が社の情熱を人々に伝えたいという強い意欲を持つ人材を集めたかったのだ。これと正反対の考え方の企業が実に多い。下級職に対する福利厚生費用はぎりぎりの線まで削るべきだと考えられている。


真弓・ナタリー・ユエン

忍耐強い人は、一度立てた目標を何が何でも達成しようという意気込みを持っていると思うんですが、あまりに頑張るとそれが執着心になってしまう場合もあります。華僑の人たちは、なかなか結果が出ないと、場合によっては間違った方向に進んでいるかも、と考え、すぐに目標に対する執着を手放して、どんどん方針転換していく。


越智仁

三菱化学と三菱樹脂、三菱レイヨン3社の壁を取り払い、それぞれの事業ユニット、技術プラットフォーム、販売チャネルなどを戦略的に統合すれば、変化の激しいグローバル市場も攻略しやすくなる。


佐藤綾子(心理学者)

人はよい感情よりも、否定的感情を持ちやすく、心に否定的感情があるときには、相手の話が耳に入らない。そして、人は否定的感情こそ、人に聞いてほしい。これが人間の心理の原則だということが挙げられます。


根岸秋男

小さな契約でもいいから、まずお客様に明治安田生命を知っていただき、顧客基盤を拡大していく。


永守重信

企業買収は、全体を100とすると買収時点ではまだ20なんですよ。残りの80はPMI(買収後の一体化)。それを考えないとダメ。