木暮栄一の名言

木暮栄一のプロフィール

木暮栄一、こぐれ・えいいち。日本のドラマー。ロックバンド「the band apart(ザ・バンド・アパート)」を結成。

木暮栄一の名言 一覧

マニアックなバンドもたくさんの人に受け入れられる、いい時代になってきたんですよね。僕たちも躊躇せず、今まで通り好きな音楽を鳴らし続けたいと思っています。


全員がそれぞれの作る曲に理解はできないけど、その設計図通りに作ってみようと取り掛かるから、うちのバンドは変な曲が多いんです(笑)。


(『Falling in Love』は)僕がデモを作ったんですが、フックがコズミック(宇宙的、神秘的)な感じに仕上がったので歌詞は甘くなってもいいかなと思い、ラブソングになりました。「この4人がどのツラ下げてこの曲を歌うのか」と思う人もいると思いますが(笑)、サウンドはいつも通りなので、感じるままに楽しんでもらえたら。


木暮栄一の経歴・略歴

木暮栄一、こぐれ・えいいち。日本のドラマー。ロックバンド「the band apart(ザ・バンド・アパート)」を結成。

他の記事も読んでみる

阿久津聡

ソーシャルメディアの時代になると、「本物」でないと評価されなくなります。ユーザーの評価を直接聞けるようになり、すべてが見えるようになった。イメージ戦略だけでは見透かされてしまう。一部の企業はこうした動きに危機感を持っているかもしれませんが、コミュニケーシヨン下手でも本物を作っている企業は、逆に評価される機会が増えていく。そうした企業ほど、ブランド構築のために、ウェブなどのプラットフォームを作っておくべきでしょうね。


魚谷雅彦

「やる気スイッチ」を押してあげさえすれば、奮い立つ若者はたくさんいる。


田口弘

情報の洪水の中から自分にとって必要なものを得るには、問題意識を持つことです。


加納裕三

世界から最高クラスの人材を集めなければ、いいものは生まれない。


高田明(ジャパネットたかた)

商品の魅力を伝える場合、商品の価格がいくらで、機能はこうですというのは、モノについて単に語っているだけになってしまいます。モノは使われて初めて人の役に立つ。「具体的にどう使うと、どういう目的を持った人に役立つのか」を、しっかりと伝える必要があります。


上西京一郎

値上げについて何年ごとといった基準はないのですが、考え方はあります。パークのバリューが値上げをしてもいいと思われるレベルに1つ、2つ上がったときには、アトラクションなどに投資しているので値上げもするということです。もうひとつ大事なのはやはり市場調査といいますか価格感度ですね。これはしっかりと見極めながら、じゃあ300円なのか、400円なのかと最終的にジャッジしていく。これを繰り返していくということです。


内永ゆか子

グローバルな場では、英語力をつければよいというものではありません。TOEICの点が高くても、それだけでは意味かないのです。要は、「個」として人脈をつくる力があるのか、コミュニケーション力の重要性です。


山崎将志

暗くて、いつも怒っているリーダーは部下をダメにすると考えていい。困ったときも、笑顔で対応できるリーダーこそ、今の時代に求められるリーダーなのだ。


カルロス・ゴーン

日産の社風を変えようとしても、おそらく変えることはできなかったでしょう。だいたい、変えようとするなどということは、はなはだしく人間の本性にもとることです。すでに存在する一つの組織に別の組織を押しつけようとすれば、結果はそれを破壊することにしかつながりません。目的が相手を征服して占領することにあるならば、そういう戦略もいいでしょう。しかし、そんなことをしたらハードウェアは無事かもしれないが、ソフトウェアは破壊されてしまいます。


北尾トロ

大事なのは、一気にトップスピードに持っていくこと。時間が経つと冷静になっちゃうから、バカになれる期間にどこまで振り切れるかが重要なんです。そのためのガソリンが妄想力。自分の思いつきに酔って、惚れ込む状態に持っていくって感じかな。


徳重徹

何か問題が起きた際、「自分のせいではない」と非を認められない人は、反省ができません。でも、どんな問題でも、自分の非がまったくのゼロということはまずありません。普通は6対4くらいの割合で、自分にも4割は責任があるもの。ただ、頭のいい人ほど、その4割の非を認めようとしない。無意識に自分が傷つかないようにしているのでしょう。


遠藤結蔵

ビデオレンタルから始まった私たちのビジネスは、いわゆる「流行り物」商売で、これまで様々な商材や事業にトライしてはやめ、手応えのあるものだけが今残っています。


ヴィルヘルム・シュミット

来年新しい工房が完成しますが、急に生産数を上げるのは難しいでしょう。これだけの精度の時計を作る職人を育てるのには数年かかります。欲しいと言ってくれる人はこのクオリティを求めてくれているはずですから、それを叶えなくては。


佐々木俊尚

これまでの時代の転換期で、日本が上昇できた真の理由は「危機によって世代交代が図られた」から。変革を拒めば、日本は沈没する。


葛西敬之

東京大学に入る学生は、激しい競争を乗りこえなければならないので、それなりの知識レベルを持ち、素質もいいと思います。ただし実社会と学生時代に住んでいる世界との間には大きな溝があります。学校は教えることが決まっていて、それをテストで試されて、よく勉強しておけばそれに答えられます。でも世の中に出てみると、課題そのものが分からない訳ですよね。実社会で活躍するためには、自分で物を見て、自分で判断する。自分で進路を決めて、その責任を自分で取るという生き方に切り替えなくてはいけません。


ページの先頭へ