名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

木暮康雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

木暮康雄のプロフィール

木暮康雄、こぐれ・やすお。日本の経営者。「ウリドキネット」社長。大学生時代にコミックのネット販売サイト「全巻読破.com」を設立。その後、ウリドキネットを設立。

木暮康雄の名言 一覧

周りから何と言われようとも、「これだ」と思ったことを始めても遅いことはない。人生、どこを区切ってもスタートライン。


私は学生時代に起業しました。中身は中古書籍のECサイト運営会社。ここでこの「爾今生涯(じこんしょうがい)」という言葉に出会いました。「今からやっても遅くはない」。この言葉に背中を押されるように、第2の起業を決め、当社を創業しました。


木暮康雄の経歴・略歴

木暮康雄、こぐれ・やすお。日本の経営者。「ウリドキネット」社長。大学生時代にコミックのネット販売サイト「全巻読破.com」を設立。その後、ウリドキネットを設立。

他の記事も読んでみる

田中仁(経営者)

私は、子供のころは楽なほうばかりを選択していました。でも、あるときからそれではダメだと気づいた。とくに、ビジネスを始めてからです。経営者として経験を積む中で、安易な方向に進むとほとんどがうまくいかない一方で、あえて険しい道を選ぶとまず間違いがない、ということを何度も思い知らされたのです。


矢野龍

20年ほど前、海外のファンドが当社の森林資産を買いたいと言ってきたことがありました。安く買って短期に高く売ろうと考えたのでしょうが、私は「安く買えるけど、九州の山奥のヒノキを買っても、すぐには買い手はつきませんよ」と伝えました。彼らは納得したらしく、最後は非常に感謝されました。森林の仕事は30年、40年のロングスパンです。当社の株主の多くはその視点で見てくれています。


野村忠宏

天理大学時代、当時の試合形式の乱取り練習は6分×13本だったのですが、僕は「残り何分?」「あと何本?」という意識で乱取りをこなしていました。するとそれを見抜いた細川(伸二)先生は「そのやり方は駄目だ。限界がきたら休んでもいい。ただし、最初の1本から全力を出し切れ」と。その後、1本1本を必死に取り組むようになってから、劇的に自分が強くなっていくのが分かりました。細川先生は、無駄をそぎ落とした意味ある努力の重要性を教えてくれたのです。


田中仁(経営者)

数値目標がビジョンだと、社員は疲弊してしまう。ビジョンを何に置くかは非常に重要。ビジョンがあるから、製品や戦略もどんどん立ってくる。


北野泰男

当社には、挫折を経て転職してきたスタイリストが少なくありません。パーマ液やカラー液が体質に合わず、ひどい手荒れに悩まされた。トークに自信がなかったり、年齢が上がったりしたことで、指名が取れなくなった。修業期間が長すぎて、なかなかカットを担当させてもらえず、モチベーションが低下してしまった。こうした人たちは、高い技術や「お客様を喜ばせたい」という想いがあるにもかかわらず、従来の美容業界では活躍の場が限られ、美容室を辞めざるを得なくなる。これは非常にもったいない。我々は、そんな人たちの再チャレンジの場になりたい。当社には定年がないので、現在は20歳から80歳まで、幅広い年代の人たちが正社員として働いています。


中野信子

こんな実験があります。ある人の写真を2つのグループに見せました。ひとつのグループには「この人はBaker(ベイカー)さんです」、もうひとつのグループには「この人はBaker(パン屋)です」と紹介しました。後によく覚えていたのはパン屋として紹介したグループでした。これは同じ単語でも、固有名詞の意味記憶で覚えるより、パンの匂いや味などの経験と結びつくエピソード起憶で覚えたほうが記憶に入りやすいことを示しています。つまり記憶箱の入り口を広げるには、物事をエピソードとしてとらえて、そのときの感情と一緒に覚えればいいのです。


長沼毅

いまは、以前ほど成果には執着してません。「やってみて駄目だったんだから、いいじゃないか」と。「やらなかった後悔じゃない。やった後悔だから、自分を認めよう」と。


南美希子

その昔、指導の先輩アナウンサーにこう教えられた。「司会者とは額縁である。着実な進行に徹し、自身は目立つことなく出演者を引き立てる存在であれ」と。


安井義博

環境を整えたら、あとは本人たちが育つのを待つしかありません。失敗を繰り返しても、いつかは必ず成功することを信じて。新規事業開拓では、常にトップの忍耐も試されるのです。


廣瀬光雄

アメリカで生活していた私の体験では、信号が赤だったら渡ってはいけないという理解ではありません。あくまでも危ないよという警告です。つまりは、自己責任ということです。自分で判断して対応しなければならないわけです。赤信号は向こうから車が来るよというサインであって、道路を渡ってはいけないと法律に書かれているわけではないのです。ですから日本とはスピリットが違うということになります。アメリカは自由の国です。イギリスのジェントルマンがルールで締め付ける世界から飛び出して自由を求めたわけです。ですから、アメリカの精神は今でも自由であり、規制を作ることを嫌う国でもあるわけです。ですから、信号の赤はルールではなく、警告になるのです。私はこのことをアメリカ人の友人に教わりました。このことは逆に言えば常に抜け穴があるとも言えます。しかし、自由であるということは必ず責任が伴います。


佐渡島庸平

どんなビジネスでも、質が高いのに売れないことはあると思う。ただ、自分が面白いと感じたら、売るために最大限の努力をすべき。


松本洋(コンサルタント)

過去の成功体験や失敗体験の呪縛が行動を起こすことを阻んでいることがあります。リスクを負うよりも現状維持をしたがります。変化への恐れ、不安、抵抗の感情のために慣れ親しんだ方法に固執します。しかし、新しい挑戦をしなければ生き残れません。行動の欠如は乗り越えなければならない課題です。そのために必要なのは動機づけです。