木川田一隆の名言

木川田一隆のプロフィール

木川田一隆、きかわだ・かずたか。東京電力の社長・会長。東京大学卒業後、東京電力の前身である東京電燈に入社

木川田一隆の名言 一覧

事業に課せられた思い社会の負託に答えるためには、企業としては、常に長期的見通しの上に立って、効率経営に努め、直接的にも間接的にも生活福祉の向上に積極的に参加することである。すなわち企業の社会的責任を果たすことである。


企業制度において、働く人々が組織の要求にどの程度熱心に適応するか。これは尽きるところ、組織が働く人々の人間としての本来的な自己啓発の欲求にどれだけ役に立っているかにかかっている。


木川田一隆の経歴・略歴

木川田一隆、きかわだ・かずたか。東京電力の社長・会長。東京大学卒業後、東京電力の前身である東京電燈に入社

他の記事も読んでみる

西山昌彦

当社では、毎月定期的に税務・会計の勉強会を開いています。今年は、社員が自らの成果や目標を発表する「プレゼンテーション大会」も開催。多様な意見が出て、大いに盛り上がりました。当社の社員は積極的で前向きな人が多いのですが、さらにコミュニケーション能力に磨きをかけていってほしいと思っています。


遠藤功

「権限のない現場、情報のない本社」、これが日本の組織運営を悪くしています。進出先の実情を分かっている現場に は権限がないから、決められない。権限はあるが、肝心の情報がない本社が悪さをしている。この構造を変えていかなくてはいけません。本社は何をするところなのか。現場は何をするところなのか。その役割分担を明確にすることが求められています。


安原弘展

女性が美しさを追求し、活躍できる平和で文化的な社会であるということは、あらゆる人が輝くことができる社会でもあります。つまり、女性の美は、世の中の活性化のもとと考えてもいいでしょう。


久保華図八

自分で考えて実行した工夫がほめられた。ほんの少しの思いやりがお客様を笑顔にした。そういう小さな体験から、社員のやりがいは生まれてくる。


糸井重里

自分たちが本当にやりたい、面白いと思えることを大真面目に追求したコンテンツや商品、イベントだからこそ、周囲から支持していただいている。


ルイ・パスツール

チャンスは備えあるところに訪れる。


福山誠

社長になりたいと思ったことはこのれまで一度もありません。ただ、自分たちのサービスがどこまでいけるかは見てみたい。


八木龍平

相手に「褒めるところがない」と思ってしまうのは、自分の「褒めるキャパシティ」が狭いということ。キャパシティを広げるためには、自分がどんな価値観の人間なのか知ることが必要。


林田正光

整理のためにメモを別のノートに書き写すという行為は、頭の中の整理にもつながります。時間を置いて少し冷静になって考えると、これは大した情報、アイデアではなかったということもあります。また、いますぐにやるべきことは何なのか、優先順位がつけられます。そしてそれらをみて、自分なりに仮説を立てたことや発想したことを書き加える。するとそこから企画が生まれるなど、気づきや思いつきをより具現化できるんですよ。


前沢孝夫

「こんなことはできないかな?」と誰かが言ったら、自然に部門を越えて人が集まって動き出す。全社が渾然一体となって臨機応変に動くような組織が理想。


泉谷しげる

家族関係は杓子定規のスケジュールでは進まない。子供は「命」。命は思い通りに管理できるわけない。だから、こうあるべきだと、親か観念を押しつけるのは間違いだと思うね。子供自身が経験していけばいい。


蓑宮武夫

30代から40代の時期にどれだけ努力したかが、その後の人生につながってくる。


笠原健治

「0を1にする」ことほど楽しく、ワクワクするチャレンジを、私はほかに知りません。マイクロソフトやアップルに触発され、大学在学中に求人情報サイト「Find Job!」を始めて以来、様々なネットビジネスを立ち上げてきました。やればやるほど、その面白さや奥深さを知り、自分の手で新しい技術やサービスを生み出すことに自分がどれほど魅せられているか、改めて気づかされたのです。その分、正直葛藤もありましたね。会社が大きくなるにつれ、起業家よりも経営者としての役割がウェイトを増していきましたから。


辻村深月

記憶に蓋をして前を向いたほうがいいのかと思うこともあるけれど、どうしても忘れられない、というその子の「許さなくてもいいですか」という問いに「絶対に許さなくていい」と伝えられたことが本当に嬉しかった。


太田和伸

何も知らないところから、一つひとつ手探りで、学びながらやっていく。これは今も変わらない姿勢。


ページの先頭へ