名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

木下喜平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

木下喜平のプロフィール

木下喜平、きのした・きへい。日本の経営者、技術者。「京都製作所」社長。

木下喜平の名言 一覧

全く違うように見える機械でも、どんな要素技術を使っているかという視点で見れば6割は同じ。


当社は自社の会計情報を社員に公開しています。技術者は自分が設計に1時間を費やすと、いくら人件費が利益を圧迫するかを知っている。だから、会社案内を技術者に頼むと、請求書が送られてきます(笑)。


木下喜平の経歴・略歴

木下喜平、きのした・きへい。日本の経営者、技術者。「京都製作所」社長。

他の記事も読んでみる

松居一代

私は人より早く仕込み、値上がりしたら腹7~8分目で売ってしまいます。証券会社の口車に乗って他の大勢の人と同時に買うと高値づかみになって、結果的に逃げられなくなる。売る時も、「まだ上がる、まだ上がる」と欲張って満腹になると、体が重くなって売り損なってしまうから。


亀山千広

監督にとっては映画の公開初日がゴールなんですが、我々にとっては通過点に過ぎません。もし初日の成績が悪ければ、巻き返す策を講じなければなりませんし、逆に初日がよければお客さんを取りこぼさないためにはどうすればいいか考えなければなりません。


山中勧

経営内容を向上させるために様々な施策を講じています。とにかく常に新しいことに挑戦し、たとえわずかずつでも前に進むことが大切です。


三浦雄一郎

新幹線に初めて乗って、三島辺りで富士山が見えた。富士山は何度も滑っているけど、あれを直滑降したらカッコいいだろうと思いました。「待てよ、どうやって止めるかな」と考えて、ノートを取り出して富士山をスキーで滑っている絵を書いていたら、パラシュートを付けたら面白いというアイデアが浮かんだ。大阪で講演があったんですが、終わってすぐに防衛庁(のちの防衛省)の航空装備研究所に相談に行ったら、「面白い」とパラシュートの設計に協力してくれたんです。


津田秀樹

他人に傷つくことを言われたら、相手を「ワクチン友達」と思うこと。弱い菌=ワクチンによって免疫をつけておけば、強い菌に相対した時にも抵抗力があるんです。人間関係も同じことですよ。説得力が増し、反対意見に対する抵抗力がついていくんです。


武野龍

お客様の中には30年前の椅子を何度も修理して使って下さる方もいらっしゃいます。「また次頼むね!」と言って頂けた時はこの仕事をしていて良かったと心から感じます。お客様と向き合い、ご満足頂ける商品を提案することは、仕事をする上で最も大切にしていることです。


大坪勇二

売れている営業マンを見ているうちに、「できる・できない」の差は、ただ単に行動量が多いか、少ないかの差であることに気づいた。


神野元基

今後も残るのは、圧倒的な能動思考を求められる仕事。つまり自分で社会の問題点を見つけて解決しようとしたり、自ら新しいものを生み出そうとしたりする仕事。たとえば、起業家はその一つ。社会の問題点を見つけて、それをビジネスで解決しようと行動するのが起業家ですが、こうした活動は人間だからできること。


小林佳雄

弊社では全従業員に配布しているレシピという冊子に自分物語を書きます。5年後にどんな自分でありたいかを考えるのです。私は「73歳になっているにもかかわらず、書生のようにまっすぐ正直率直で、無邪気な子供のように笑い怒り悲しむエネルギーとそれを開示する力を持っている」と書きました。弊社では毎年、全社員がレシピに書き込みます。言語化することは、頭で思っているだけとは全く異なる。思っていることを言葉にする段階で考えることにも繋がるのです。


山田昇(ヤマダ電機)

現場で何が問題なのかを知るには、やはり経験が必要になる。私や社長は、地域店の時代から混売店(複数メーカーの製品を扱う店)、量販店と変わっていくなかで、商品の管理、サービス、接客と、すべてのことを経験してきている。現場が分かっているから、現場の社員たちの話の中身が分かるし、どうすればいいかという発想も出てくるのである。


高原真由美(髙原真由美)

モノを減らすときには「使うか、使わないか」という基準の他にもう一つ、「持っていたいかどうか」という判断基準を取り入れると良いと思います。他者からは一見不要と思われるアイテムであっても、本人には「これがないと仕事への意欲がわかない」といったモノは、誰しもあるものです。仕事とは直接関係していないかもしれませんが、それがあることによって仕事の効率やモチベーションが上がり、結果パフォーマンスも高くなるようなモノであれば、ムダとして切り捨てるべきではないのです。また、そうした大切なモノだからこそ、ごちゃごちゃと不要なモノの中に埋もれさせずに整理しておこうという気持ちにもなるのではないでしょうか。


小杉俊哉

過去のビジネスモデルやテクノロジーが通用しなくなった今、組織が成長するには、新しい発想やイノベーションが必要。そのためのアイデアは、古い慣習や過去の成功事例に囚われない若い世代のほうが生み出しやすい。だからこそ、上司は「聴く」ことを習慣化してほしい。部下がいつでも上司に提案しやすいような、オープンな雰囲気を作れば、新しいアイデアも出しやすくなる。