朝香聖一の名言

朝香聖一のプロフィール

朝香聖一、あさか・せいいち。日本の経営者。ベアリングメーカー「日本精工」社長・会長。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本精工に入社。取締役、常務、欧州支配人などを経て社長に就任。そのほか、日本ベアリング工業会会長、協豊会会長などを務めた。

朝香聖一の名言 一覧

社内で嫌な顔をされても顧客の評価が上がればいい。


仕事を取れなくて怒られるくらいなら、仕事を取ってきて怒られたほうがマシ。営業マンの仕事とはそういうものです。


経営は最後は人で決まります。従業員一人一人がやる気になり、レベルアップすることです。そういう会社は猛烈な底力を発揮すると思っています。それを地道に、愚直に、徹底的に、粘り強くやっていく。モノづくりは「ここまでやれば100%完成」ということはないんです。どこか視点を変えれば、もっといいアイデアや技術が生まれるかもしれません。


同じようなスタイルで経営をやっていれば制度疲労は必ず生じます。90年間先輩たちが築きあげてきたものは尊重しなければいけません。しかし、時代の潮流に合わない部分は思い切って変えていく必要がある。


営業担当者は「技術連絡書」という書類をつくります。ベアリングにどんな性能を求めているか、お客さんから聞き取って、こちらの開発陣に伝える書類です。本来は私が技術者から聞き取って作成するものですが、私は顧客の技術者に直接書いてもらうことにしたのです。「モーメント荷重」と言われても文系の私にはよくわかりませんが、日立の優秀な技術者は専門用語を駆使して的確な書類をつくってくれます。するとこちらもお客さんの要求を満たしたベアリングがつくれます。後は当社指定で発注が下りてくるのを待つばかりです。


朝香聖一の経歴・略歴

朝香聖一、あさか・せいいち。日本の経営者。ベアリングメーカー「日本精工」社長・会長。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本精工に入社。取締役、常務、欧州支配人などを経て社長に就任。そのほか、日本ベアリング工業会会長、協豊会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

羽生善治

40代は、自分がこれまで蓄積してきたことを、具現化していくのにとてもいい時期だと思います。


立川千紗

ありがたいことにお知り合いの方々からお仕事の紹介をいただくケースが多いです。私のデザインや商品に対する想いや姿勢はなかなか伝わりにくいので、実績としてお付き合いいただいているお客様からの紹介は非常に助かります。


野村克也

努力に即効性はない。コツコツやるしかない。いつの時代にもいる一流選手と自分は何が違うのか。それを考えながらやるしかない。


里田まい

一番の相談相手はお母さん。恋愛も仕事も他の人には基本、相談しません。答えを出してもらうのではなく、モヤモヤを聞いてもらう感じです。そうやって話してしいるうちに整理されて、最終的には自分で決めますね。


安倍晋三

改革に終わりはありません。経済はグローバル化しており、世界で勝ち残らなければ、結局は雇用も維持できません。


澤田道隆

ネット企業はもっとスモールマスの販促やマーケティングをして、消費者情報を集めたビッグデータを使った事業ができる。私は、ネット企業は最後にはメーカーになるのではないかと踏んでいるんです。ただ、購買履歴やSNS(交流サイト)の書き込みは把握できても、作り手のメッセージが心にまで届いているかは分かりません。そういう意味で、ネット企業もリアルで消費者との接点を重視しているのかなと思います。


牛田一雄

なぜ今ニコンが変わらなければならないか。それは、カメラ市場の停滞という難局にあるからです。スマートフォンの台頭で、コンパクトカメラの販売は厳しく、一眼カメラも急激な成長は見込めません。売上の7割以上をカメラという一事業に頼る状態は、会社として非常に危険です。


鈴木敏文

お客様のロイヤリティを得るには、あらゆる努力の積み重ねが必要。しかし、一度でも失望されれば、失われてしまう。


中山悠

「新しい時代が来るよ。すべて変わらないと駄目だね」とただ漠然に言っても、社内はなかなか動きません。そこで、工場のプロジェクトチームに言いました「コスト3分の1の工場を作ろうじゃないか。おまえたち、好きなものを作ってみろよ。明治乳業で俺はこの仕事をしたんだと言えるものを」と。そうして突破口が開けました。新しいものを作る。創造する。その仕事がうねりとなって会社全体を動かしていく。それは喜びだし、生きがいです。末代まで言えます。


吉越浩一郎

トリンプ社長時代、経営を行ううえで、私が意識していたのは、常にスピードを上げていくことでした。多少の拙速は大歓迎。まずは走り出してみて、走りながら考えるくらいでちょうどよい。6割くらいいけそうだと思えば、とにかくやってみることです。


ピーター・ドラッカー

人々を動機付ける能力がなくては、経営者とは言えない。


ひろゆき(西村博之)

2000年問題のときも言われたと思うんですけど、職業が細分化していくと、トラブルが起きたときに、誰も解決できない状態になるじゃないですか。ものごとの仕組みを理解して、どこがトラブルの原因になっているのかを気づかない人が出る。


数土文夫(數土文夫)

文章を書くのは、忍耐を必要とする作業です。しかし、私は、自分の手で実際に文章を書くことがますます重要度を増す時代になってきたと考えています。企業の存在意義は価値の創造です。しかも、時代にあった新しい価値。リーダーはそれを表現する言葉を持ち、人々に伝える必要があるからです。


小西正行

社員にほどよいストレスを与えた方がいい。ストレスがない状態は成長もない。


ジェン・スン・ファン(ジェンスン・フアン)

戦略のひとつは、ディープラーニング向けに作り変えた製品を、AIのプラットフォームにすること。言い換えれば、誰にでも使える環境ということ。そのために、「GeForceTITAN(ジーフォースタイタン)」シリーズという製品を開発しました。比較的安価で、どの企業でも導入できるようにしようと。つまり、世界中でどこでも誰でも使える製品がまず必要だと思ったのです。製品だけではなく、ソフトウエアもそうです。自前でディープラーニング向けのソフトウエアを組み込んだGPUを世界中で展開しました。


ページの先頭へ