名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

朝長哲の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

朝長哲のプロフィール

朝長哲、ともなが・てつ。日本の経営者。イオントップバリュ社長。大学卒業後、ジャスコ(のちのイオン)に入社。JAYA JUSCO STORES SDN. BHD.取締役副社長、上海佳世客有限公司 董事兼総経理、SCM・物流本部長、SCM担当、執行役、常務執行役、グループプライベートブランド担当などを経て、イオントップバリュの社長に就任。

朝長哲の名言 一覧

イオントップバリュは、安全と安心こそブランド価値を高める最大の資産だと考え、品質に並々ならぬ努力と資金を投入してきました。


利益を高めるために品質管理の費用を削るのは、本末転倒です。


商品の安全への取り組みは、すぐに成果が現れるものではありません。地道な取り組みが成果を生むのです。


トップバリュの商品開発の歴史は、品質を保証するための試行錯誤の繰り返しの上に成り立っていると言っても過言ではありません。


お客様に対する説明責任を果たすためには、自分たちで品質の管理、監査を行える体制や技術を持たなければなりません。我々自身が独自のチェック体制を敷き、そのためのノウハウを積み重ねてきたことは、いまになって大きな財産になっています。


イオンでは多額の投資を行って、独自のサプライチェーンを構築しています。流通の途中段階にある商品を含め、回収が必要になるような事態が起きた場合でも、全量を把握することができる仕組みになっているわけです。


取引先に対しては、日常から品質管理セミナーも実施しています。品質管理がなぜ求められているのか。品質管理をする体制をどのように構築すべきなのか。あらゆる現場で品質に対する基本的な姿勢を徹底していくのが目的です。


取引の開始後も取引先をチェックすることに細心の注意を払っています。一例をあげると、品質管理に関する費用はあらかじめ商品原価の中に織り込んで予算化し、コスト削減の名目でチェックが疎かにならない体制を整えています。


安全に対する取り組みを盤石なものにしたうえで、今後目指していくのは、各カテゴリーの中でトップシェアを獲得していくことです。


我々だけの判断で取引先を選ぶことはありません。安く生産してくれる、そんな理由だけで取引を始めることはできない仕組みになっています。取引先を決めるにはイオングループ内で定められている様々な監査をパスすることが条件になっているからです。


契約している畑の状態は1度や2度視察するだけでなく、長年にわたり把握し、農薬の浸透を防ぐために、提携している畑に隣接する畑がどんな状態なのかも調べています。


朝長哲の経歴・略歴

朝長哲、ともなが・てつ。日本の経営者。イオントップバリュ社長。大学卒業後、ジャスコ(のちのイオン)に入社。JAYA JUSCO STORES SDN. BHD.取締役副社長、上海佳世客有限公司 董事兼総経理、SCM・物流本部長、SCM担当、執行役、常務執行役、グループプライベートブランド担当などを経て、イオントップバリュの社長に就任。

他の記事も読んでみる

藤川太(ファイナンシャルプランナー)

モテない男性は、モテたいのに、女性を大切にする態度を取らない人が多いですが、お金がない人もまた同じ。お金を大切にする行動をしないものです。そういう人のもとには、いくら願っても、お金も集まりません。


逢沢明

向こうの弱味を握ったらこちらは強い。弱み握られた時、人間ってゲームの仕方が下手なんですね。多くの人が誤魔化そうとするわけですね。相手は結構いい加減な事を言うから、当然ミスします。そこを突っ込んでいく。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

お金を貯められるか否かは住居費と教育費次第。住まいにどの程度お金をかけるかで家計の余裕度が左右される。


早川徳次

昭和24、5年の苦しさは私の骨身に徹した。こんなことは2度と繰り返したくない。普段からあらゆる場合に対処できるよう、石橋を叩いて渡る経営に踏み切ろうと固く誓った。【覚書き|戦後まもなくの頃、営業不振で銀行取引停止寸前まで経験した時を振り返った時の言葉。なんとか乗り切るも経営危機はつらい経験だったため、以後シャープは健全経営ひとすじで会社を切り盛りする体制が形作られた】


オカダ・カズチカ

プロレスラーに向いているのは、性格が悪い人じゃないですかね。僕はくつに悪くないですけど(笑)。いい人は向いていないと思います。闘いの中で優しさが出ちゃいますから。みんな「俺が一番だ」っていう世界ですからね。じゃないと上にあがれないですよ。


浅野純次

独占は基本的には良いことではない。だから競争が存在する心持ちを忘れず安くて良い商品を提供し続けられるよう、関係の人たちには努力を期待したい。


海堂尊

「キャラクターを描こう」と意識したことはないんです。僕の場合は、物語の終わりというゴールが最初にあって、そのゴールにたどり着くために初期設定をします。なぜかというと、ゴールを設定しておけば安心して書けるからです。そこに行けば物語が終わるというのが明らかですよね。走りながら必然的にいろんなキャラクターを獲得していく。そして走り終えた後で、「このゴールのためには、この場面でこういうセリフを言わせよう」などと付け足していくうちに、出来上がるわけです。最終的に調整すれば、必ず一貫性が生まれます。


日覺昭廣

繊維だけでなく、様々な分野でオープンイノベーションを展開しています。航空機向け炭素繊維では米ボーイングと、自動車向けでは独ダイムラーと、スマートフォン向け電子材料では韓国サムスン電子などと協力関係にあります。いずれも各業界を代表する企業。まさに最強パートナーに技術や事業が磨かれる体制を敷いているのです。


加藤景司

(求人を)シニアに的を絞ったとはいえ、私自身「本当に高齢の方を採用して大丈夫だろうか」という一抹の不安がありました。でも、応募用紙の自由記述欄に、「こういう求人を待っていた!」など、こちらの胸が熱くなるようなコメントがたくさん書いてあったのです。ここまで高い意欲があるなら、きっと何とかなる。そう確信しました。


吉田直人(経営者)

「らくらく連絡網」は、小学校のサッカーチームの監督が、当社に依頼があり作成したメーリングリストを「雨の日などの連絡網に便利だよ」と対戦相手の監督さんに勧めてくれたところから始まり、野球、バスケットボールなど、スポーツチームに広がっていきました。こちらが何もしなくても、クチコミでどんどん会員が伸びていくところが驚異的だなと思いました。最初はたった30人向けに作ったサービスが、気が付いたら38万団体670万人に利用されるサービスになっていました。


菊池昭一(経営者)

現場におけるタイムマネジメントも課題のひとつです。多忙な一日を過ごすことで営業が二の次になってしまいがちです。外での活動をより効率的にするためにモバイル環境を整備しましたが、スマホやタブレットの全社的導入も考えなければなりません。既に導入しているフレックス制と併せて、より営業活動に打ち込める環境を整えていきます。


加藤智治

コンサルタントとして初めて人前に立ってプレゼンをしたとき、緊張もあって上手くできませんでした。その原体験があるからこそ、いまでも人前で話すときは周到に事前の準備をするし、落ち着いて見える立ち姿やマイクの持ち方まで研究を重ねました。