名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

朝原宣治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

朝原宣治のプロフィール

朝原宣治、あさはら・のぶはる。日本の陸上競技選手、陸上競技指導者。兵庫県出身。高校から陸上競技を開始。走り幅跳びでインターハイ優勝。同志社大学商学部在学中、100mで当時の日本記録を樹立。卒業後、大阪ガスに入社。北京五輪4×100mリレーで銀メダルを獲得。引退後、陸上競技クラブ「NOBY TRACK and FIELD CLUB」を設立。また、大阪ガス陸上競技部コーチを務めた。

朝原宣治の名言 一覧

周囲を気にせず、信念を持って突き詰める勇気こそ、世界で結果を出すために必要だと思う。


世界で活躍する日本人アスリートの共通項を探ると、ある種の「変人さ」が必要だと思います。誰が何と言おうと、「これだ!」と思った技術などを徹底的にマスターするといった、「突き抜ける勇気」です。


どんな形であれ、年齢を経ても自分の限界に挑戦し続けることは大事。


指導者と選手の間には相談しやすいパートナーのような距離感も大切。選手と距離感が離れないよう、秘密を作らないようにしている。オープンマインドで歩み寄れば、信頼を寄せてくれます。


自分の走りに集中するため、視界に入るすべてのモノに気をとらわれず、「ただ見えているだけ」と自分に言い聞かせる。簡単ではないですが、意識し続けることで、体や心を少しずつコントロールできるようになります。


ピンチに立たされた時こそ「割り切りの良さ」がピンチをチャンスに変える。


自分に起きることはすべて、無駄にはならない。この時の辛い経験が、後のメダル獲得につながるターニングポイントになった。
【覚え書き|足の手術をした当時を振り返って】


前例となるメソッドがありませんから、自らを実験台にするしかありません。これまでの経験や勘を基に、仮説を立て検証する。この繰り返しでした。


「僕には走ることしかない」「1日も早く世界で戦いたい」という気持ちを再確認できたことで、復活へ挑むモチベーションにもつながった。


コツコツと日々積み上げたものが個人の力となり、それがチームの成果に繋がる。多分みなさんの仕事も同じじゃないでしょうか。喜びは日常と地続きなんですよ。


現役時代から、「トップアスリートとして、社会に、そして所属する企業に何が貢献できるか」と考えていました。引退した今は、3つの軸で活動しています。1つは「子供の運動能力の向上をサポートする」。2つ目は「企業としてのスポーツを通じた社会貢献」。3つ目は「五輪選手の育成」です。


僕たちが大事にしているものって、自分が伸びている感覚。試したことがスピードに結びついているかどうか。楽に走ることができるかどうか。タイムや結果も大事なんですけど、むしろ僕らが求めているのは精神的なことも含めた心身をコントロールする感覚。そのための試行錯誤に面白みがあった。


黒人選手は横に並ぶと骨格の違い、体力差を感じますし、ハンデがあるのは確か。でも、そこに果敢にチャレンジするのはすごくやりがいのあることで、また黒人選手に勝って先にゴールするのはとてもうれしいものでした。正直に言って、スプリントの才能や体の適性は黒人選手のほうが上ですから。


「走り方」のマニュアルはあっても、その動きを行う時の感覚は選手によって違います。マニュアルをカスタマイズしながら、最も自分の感覚に合った「効率のいい動き」を選手自身が模索する必要がある。そうした時間を経て初めて、自分のモノになる。


今思えば、痛みの発生は、トレーニング法などの「努力の方向性に問題がある」というシグナルでした。しかし当時の私は、練習を休むことが怖く、順調に積み上げてきたものを見直したり、リセットしたりする勇気がなかった。
【覚え書き|左足首を疲労骨折してしまった当時を振り返って】


リレーという団体種目は、「チームワーク」「絆」「信頼」といった科学では証明しにくい要素が思わぬ力となり、結果に結びつくことがある。実際、メンバーの気持ちに温度差が生じると、バトンミスなどにつながる恐れもある。


リレーの勝負は、いかに「タイミングよくバトンを受け取り、走れるか」が命運をわける。この時、余計な感情は邪魔になるんです。「日本のため」「チームのため」「やってやるぞ」といった前のめりのモチベーションがあると走ることに集中できない。


本番の決勝レース。僕はスタートラインに立った時、真っ先に自分に向かって言いました。「やるだけのことはやった。ここまできたら勝負は決まっている」、と。それが心を落ち着かせてくれるスイッチになった。

【覚え書き|北京五輪4×100mリレー決勝を振り返って】


短距離走はわずか10秒で終わります。けれど準備の冬期練習10か月前から始まる。裏を返せば、身体づくりも戦術も時間をかけ、じっくり積み上げなくてはなりません。本番直前にジタバタしたところで「勝負は決まっている」んです。


若者のように、高い負荷がかかる練習を長時間こなせませんから、短時間で一気に力を発揮するようなトレーニングを取り入れました。たとえば、ウエートトレーニングでは、100%の力で挙げられる重量に1回だけ挑戦しました。決して簡単ではないですが、集中力も鍛えられるし、自己ベストを超えるとそれが自信につながります。さらにこのハードなトレーニングを続けると、体の回復が早くなりました。成長ホルモンが大量に分泌され、体の代謝が良くなったのかもしれません。


私はほぼ1人で練習していたので、練習は地味で孤独な作業でした。そんな中で質の高い練習を継続できたのは、ワクワクしながら取り組めたからだと思います。つまり「この練習をすると体にどんな変化が起こるか」「この点を意識すると疲れにくくなるのでは」といった、「仮説→実行→結果」のサイクルを楽しむようにしたのです。すると、毎日の単調な練習が充実したものに変わり、モチベーションを自然と維持できました。


筋力も骨格も日本人より優れている外国人選手とどう戦うか。私は「彼らが優れている部分」で競争するのではなく、それ以外の能力を伸ばすことで戦おうと考えました。それは、「楽に走ることができるか」「隣のレーンの速い選手を意識せず、自分の走りに集中できるか」といった、本番で自分のパフォーマンスを最大限に発揮するための能力を磨くこと。そのため、自分で心身をコントロールできるよう感覚を磨きました。


リレーで結果を出すためには、僕の個人的なレベルを上げることももちろん大事ですが、僕だけが強くてもダメだし、僕だけが弱くてもダメ。みんなの力が合わさらないとタイムは伸びないし、ましてやメダルという結果は出ません。レベルの高い個人とチームワークの両方が揃わないと高みにはいけない。


コーチのところを離れ、ひとりで練習するようになってからは自分でアレンジして、常にいいとこ取りをしてきました。自分によさそうだなと思ったら、試してみる。基本的に僕、パクリが多いんですよ(笑)。ほかの選手の練習法を見るのも好きで。特定の日本人のコーチには付いたことがないですけど、そのカラーを学ぶことはできますからね。


必要なのは集中力です。なかには自分の集中を高めるために叫び声を上げる選手もいます。でかい声を上げると気持ちが落ち着き、楽になりますから。でも、隣にいる人はたまったもんじゃない。そんな中で集中を高めるために僕がやっていたのは、目で見えるものをいちいち意識しないという方法です。ニュアンスが難しいんですが、見えてはいるけど、見ないような感じ(笑)。隣にいる選手を含め、すべての景色、目から入る情報をいちいち考えない。ただ見えているだけと受け止めると、集中力が高まっていき、シンプルに走ることに集中できるんです。


僕は体格ではない部分を伸ばすことで、総合的には戦えるんじゃないかという気持ちでやってきました。盗めるところは盗み、骨格上の違いで真似できない部分は自分に置き換えてどう使えるかを考える。1レースごとの勝ち負けに一喜一憂するのではなく、他人と戦いながらも自分の中の成長を感じ、可能性を引き出せているかどうかを確かめる。


自分の感覚が曖昧な人は、恵まれた身体能力があっても安定したタイムが出ない。それは偶然でしかスイッチを押せないから。そのスイッチを押すスキルをセンスとして持っている選手もいるし、練習で身に付けていく選手もいます。僕の場合は、ドイツやアメリカでのトレーニングと試合を続ける中で、自分の感覚を持とうと意識的に積み上げていった。それが、この歳までトップでやれた理由のひとつだと思います。


アスリートに共通しているのは「コレだ!」という自分の感覚を持っていること。何度も代表に選ばれるような選手は、その感覚を自分でコントロールすることができる。スイッチの押し方を掴んでいるから、自信を持って競技に臨める。だから、一発だけじゃなくコンスタントに好タイムが出せる。


参考になったのが、15年以上もの間、マメに記録し続けてきた手帳。練習メニューやタイムだけでなく、「走りの感覚」といった内容も、書き留めていました。身体感覚は曖昧で理論化しにくいものですが、その時感じたことをメモし、自分のデータとして蓄積して見返せば、「調子がいい時の自分」と「悪かった時の自分」の感覚が分かることがある。ベストな状態を再現し、限界を超えるためのヒントや気づきを得られる場合があるのです。


どうしてもメダルが欲しかった私は、リレー合宿のミーティングで自分からメンバーにお願いした。「引退するまでに、どうか僕にメダルを獲らせてくれ」と。後輩を引っ張るベテランが、こんなお願いをするのはかっこよくないかもしれません。でも「どうしてもメダルを獲りたい」どいう素直な気持ちを伝えたことで、私の「本気度」が伝わり、メンバーの心に火をつけました。


ロンドン五輪選手で、大阪ガス所属の江里口匡史を2010年から指導しています。指導し始めた時は、トップレベルの人材を育成することの難しさを痛感しました。その選手にはその選手なりの競技哲学があるからこそ、日本代表になれたわけで、私の価値観や経験を押しつけてもうまくはいかない。手取り足取り教えるレベルではないからです。「私は江里口に何ができるのか」と考えた末、今は彼の不安を軽減させるサポートができればと考えています。たとえば、何かで迷ったらその道の専門家に会わせるなど、彼が解を見つけやすくなるような機会を与えます。


社会の中でスポーツの地位向上を図るには、スポーツ好きな子供を増やし、トップアスリートを育てることが大事です。そこで私は、次世代を担う子供の運動能力を高められればと考え、「NOBY T&F CLUB」を設立しました。発育発達理論を基に、専門家の意見を参考にして作った運動プログラムを、元トップアスリートたちが子供に教えています。このロールモデルが全国に広がり、アスリートのセカンドキャリアの受け皿になればとも考えています。


我々アスリートは通常、順位やタイムといった結果を出すことを日的に練習します。しかし、加齢は体力や競技レベルを低下させ、結果につながりにくくさせる。結果が出なくなると、自分の存在価値まで下がったような気になるんです。それはアスリートにとって非常に辛いことです。そこで私は35歳の時、大阪で開催される世界陸上競技選手権に向け、「自分の価値を上げること」を目的にし、「順位やタイムを上げること」を、目的を達成するための手段だと考えるようにしました。すると気力は高まり、順位やタイムに縛られすぎずに、やるべき練習に集中できました。


一般社団法人「アスリートネットワーク」を設立し、元トップアスリートがスポーツと社会をつなぐ活動をサポートする事業も行っています。最近では、大阪・森ノ宮の大型商業施設の屋上に設立された「無料で利用できる陸上トラック」のプログラム監修も担いました。こうした施設があれば、地域の人にスポーツを身近に感じていただき、健康力の高い町づくりに貢献できます。ひいてはアスリートのスポンサーとなる企業も、活動の舞台が広がるのではないでしょうか。たとえば、その施設のエネルギー選択にあたり、大阪ガスがオーナー様にベストな提案の一助を担うことができます。我々アスリートの活動が、企業にとっての1つの付加価値になれば、アスリートが企業に属する意味が増えるとも思います。


朝原宣治の経歴・略歴

朝原宣治、あさはら・のぶはる。日本の陸上競技選手、陸上競技指導者。兵庫県出身。高校から陸上競技を開始。走り幅跳びでインターハイ優勝。同志社大学商学部在学中、100mで当時の日本記録を樹立。卒業後、大阪ガスに入社。北京五輪4×100mリレーで銀メダルを獲得。引退後、陸上競技クラブ「NOBY TRACK and FIELD CLUB」を設立。また、大阪ガス陸上競技部コーチを務めた。