名言DB

9412 人 / 110637 名言

朝井リョウの名言

twitter Facebook はてブ

朝井リョウのプロフィール

朝井リョウ、あさい・りょう。日本の小説家。岐阜県出身。早稲田大学文化構想学部在学中に『桐島、部活やめるってよ』で小説すばる新人賞を獲得。大学卒業後、会社員をしながら小説を執筆。『何者』で直木賞、『世界地図の下書き』で坪田譲治文学賞を受賞。

朝井リョウの名言 一覧

小説すばる新人賞を受賞しても考えは変わらなかったし、「自分をわきまえろ」と、客観的に見ているもう一人の自分がいた。


スピードとは、推敲を重ね、加速するもの。


大切なのは推敲。小説であれ、会社の業務であれ、ひと呼吸置いて、客観的な視点で俯瞰すべきですよね。推敲によって質は高まり、その繰り返しが、結果的にスピードを加速することにつながる気がします。


集中力の持ち方次第でスピードの質を変えられることも、会社に勤めているからこそわかったこと。学生からそのまま専業作家になっていたら、気づかなかったかもしれません。


スピードの質は何で決まるかというと、集中力。1日の執筆時間が、学生時代は10時間、いまは3時間だとしても、アウトプットの量はそれほど変わらない。いまの3時間のほうが、集中力の密度が濃いから。


(兼業は)大変かどうかと聞かれれば、もちろんしんどいです。でも組織に所属し、様々な価値観を持つ人と接することが、結果として作品の広がりにつながっている気もします。


学生時代は時間がたっぷりあり、自分のペースで書くことができましたが、社会人になるとそうはいきません。会社で過ごす時間が長くなるため、自然に時間配分を考えるようになる。会社勤めが始まってから、執筆は朝のほうが集中できるのだとわかりました。


作家という「もう1人の自分」がいることは、大変なことばかりではなく、精神的な支柱になっている部分もあります。会社の仕事でミスをして凹んでも、「ミスした自分は、会社員としての自分だ」と考えると、自分を全否定することはなくなる。むしろ、大いに救われていると言った方が正しいかもしれません。


半人前社員の今だからこそ、体を使うことでインプットしていけるものがある。いま、自分はそういう時期なのではないかと思う。


今後は、自分の中にたぎるメッセージを伝える作品と、読者や出版社など外部からの様々なニーズに応える作品と、バランスよく両方書いていきたい。


誰しも表現欲は持っているし、実は自分は普通だって自覚している人こそ「表現欲」が強いんじゃないかと思う。僕らの世代は、ブログやSNSといった表現の場を最低1つは持っているもの。皆、プロフィール文やアイコンの写真で自分を表現するために工夫しているんです。それが僕の場合、たまたま「小説」という形だっただけだと思います。


次の本が10冊目になるということもあり、「会社を辞めてそろそろ執筆活動に専念したら?」と言われることもあります。でも、作家専業になってしまったら、意外とダラダラ過ごしてしまい、小説の生産性は今とあまり変わらないような気がして。結局、社会との接点を求めてバイトなどを始めてしまうような気がします。


毎朝5時に起きて、出勤時間まで作品を書き、長く残業をせず会社を出ることを目標に仕事に励む。そして家に帰って作品の続きを書く。これが僕の今の日常です。執筆を中断しても、プロットさえできていればわりと簡単に続きに没頭できるので、集中力の面では不自由は感じていません。


朝井リョウの経歴・略歴

朝井リョウ、あさい・りょう。日本の小説家。岐阜県出身。早稲田大学文化構想学部在学中に『桐島、部活やめるってよ』で小説すばる新人賞を獲得。大学卒業後、会社員をしながら小説を執筆。『何者』で直木賞、『世界地図の下書き』で坪田譲治文学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

武田國男

社長になって食品などの医薬品以外の事業を切り離して、本業の医薬品に集中する体制をつくりあげました。それは高付加価値化を求めたからです。


鈴木貴博(コンサルタント)

固定電話には勧誘の電話が多くかかってくるので時間の無駄の温床。ボイスメールなら伝言をメール添付で転送してくれる。新規客には、ファーストコンタクトは自HPにアクセスしてもらえば済む。会社のロゴを印刷した封筒は業者にオーダーするのではなく、その都度プリンターでプリントアウトすれば安上がり。経費削減を考えることは、経営マインドの訓練そのものです。


柳弘之

しがらみのない若い経営陣だったからこそ、V字回復に向けて思い切った構造改革ができたのだと思います。それまで、ヤマハ発動機では溶接や塗装、組みてなど機能別に工場を分散させていましたが、1つの工場で一貫したものづくりができるように改めました。過去最大規模となる900人超の希望退職も実施しました。また欧州では、4つあった工場を2つに集約しました。


ポール・ヴァレリー

世の中には創造する天才がいるように、探す天才もいる。書く天才がいるように、読む天才もいる。


益子修

お客様視点のものづくりをしなければいけません。いいものをつくったから、買いたい人は買ってくださいという態度ではいけません。


ケン・シーガル

最も大切なことは、物事を最小限にとどめること。


和田秀樹

情報に騙されない方法は2つ。「過去事例をチェックすること」「両論を見てバランスを取ること」。


石倉洋子

新しいことにチャレンジするのは、エネルギーも体力もいります。「まだまだ」と言っていると、あっという間に年齢を重ねてしまいます。また同じ場所にいると、既得権益がだんだん増えてくるものです。失うものが大きくなると、足が抜けなくなってしまいます。


村井知光

自分では画期的なサービスを考えついたと思ってリリースしても、同じようなモデルを考えている人はいるもの。そうでなくてもすぐに真似され、一般化してしまいます。また、課金が難しく広告モデルに頼ることになるので、一層似通ったものが多いという事情もあります。プロモーションするにも「予算がない」となりがち。また、アグリテックなど独自のモデルを考えついても、農家や農業団体に繋がりがないと展開していけません。やはり人脈が肝要です。


徳重徹

アジアは意思決定のスピードが速くて、財閥系の大きな企業でも2回目の会合で出資割合が決まったりします。何度も本社に持ち帰って条件をすり合わせるというやり方では、ついていけない。僕は1か月に1週間はインドにいるので、話は早いと思います。


上田準二

55歳で社長に就任した時、自分の退任時期は10年後と決めていました。年齢にして65歳。その時までにファミリーマートを次世代に託せる会社に立て直そうと決めていました。イメージはありました。最初の5年で社員や加盟店のモチベーションを上げ、クオリティーの高い店作りをして会社の基盤を構築する。自律的に売り上げ・利益が上げられる体制が整ったら、残りの5年でM&A(合併・買収)を進め、セブンの対抗馬になれるくらいの企業規模に育てる。それを10年で達成して、退こうと。


北島素幸

俺自身、自分の言動はこれでいいのかと考えると改善の余地だらけなんです。しかも、言動を変えようとすると苦労にまみれることになる。ただ、俺の場合はそういう苦労が人生を変えてくれました。だから「俺の料理を食わせてやる」なんておごりたかぶる人は、その一点だけでもダメだとは思う。


キース・マクローリン

スケールを手に入れることでコスト削減も進めやすくなり、キャッシュフローはさらに大きくなるだろう。競合と有利に戦っていくために必要な決断だった。


南雲吉則

あれこれ考えるから何もできなくなる。考えすぎるな。見る前に飛べ!


田中雅子(コンサルタント)

人を巻き込むとは、指示を出すことではありません。マネジメントの本来の意味は、会社が掲げる目標に向かって、メンバー一人一人を自走させることです。重要なのは「自走させる」という点です。指示して動かすのではなく、メンバーの強みだけを活用して、モチベーションを刺激しながら、彼らが自発的に動くようにすることがマネージャーの役割です。