名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

朝井リョウの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

朝井リョウのプロフィール

朝井リョウ、あさい・りょう。日本の小説家。岐阜県出身。早稲田大学文化構想学部在学中に『桐島、部活やめるってよ』で小説すばる新人賞を獲得。大学卒業後、会社員をしながら小説を執筆。『何者』で直木賞、『世界地図の下書き』で坪田譲治文学賞を受賞。

朝井リョウの名言 一覧

小説すばる新人賞を受賞しても考えは変わらなかったし、「自分をわきまえろ」と、客観的に見ているもう一人の自分がいた。


スピードとは、推敲を重ね、加速するもの。


大切なのは推敲。小説であれ、会社の業務であれ、ひと呼吸置いて、客観的な視点で俯瞰すべきですよね。推敲によって質は高まり、その繰り返しが、結果的にスピードを加速することにつながる気がします。


集中力の持ち方次第でスピードの質を変えられることも、会社に勤めているからこそわかったこと。学生からそのまま専業作家になっていたら、気づかなかったかもしれません。


スピードの質は何で決まるかというと、集中力。1日の執筆時間が、学生時代は10時間、いまは3時間だとしても、アウトプットの量はそれほど変わらない。いまの3時間のほうが、集中力の密度が濃いから。


(兼業は)大変かどうかと聞かれれば、もちろんしんどいです。でも組織に所属し、様々な価値観を持つ人と接することが、結果として作品の広がりにつながっている気もします。


学生時代は時間がたっぷりあり、自分のペースで書くことができましたが、社会人になるとそうはいきません。会社で過ごす時間が長くなるため、自然に時間配分を考えるようになる。会社勤めが始まってから、執筆は朝のほうが集中できるのだとわかりました。


作家という「もう1人の自分」がいることは、大変なことばかりではなく、精神的な支柱になっている部分もあります。会社の仕事でミスをして凹んでも、「ミスした自分は、会社員としての自分だ」と考えると、自分を全否定することはなくなる。むしろ、大いに救われていると言った方が正しいかもしれません。


半人前社員の今だからこそ、体を使うことでインプットしていけるものがある。いま、自分はそういう時期なのではないかと思う。


今後は、自分の中にたぎるメッセージを伝える作品と、読者や出版社など外部からの様々なニーズに応える作品と、バランスよく両方書いていきたい。


誰しも表現欲は持っているし、実は自分は普通だって自覚している人こそ「表現欲」が強いんじゃないかと思う。僕らの世代は、ブログやSNSといった表現の場を最低1つは持っているもの。皆、プロフィール文やアイコンの写真で自分を表現するために工夫しているんです。それが僕の場合、たまたま「小説」という形だっただけだと思います。


次の本が10冊目になるということもあり、「会社を辞めてそろそろ執筆活動に専念したら?」と言われることもあります。でも、作家専業になってしまったら、意外とダラダラ過ごしてしまい、小説の生産性は今とあまり変わらないような気がして。結局、社会との接点を求めてバイトなどを始めてしまうような気がします。


毎朝5時に起きて、出勤時間まで作品を書き、長く残業をせず会社を出ることを目標に仕事に励む。そして家に帰って作品の続きを書く。これが僕の今の日常です。執筆を中断しても、プロットさえできていればわりと簡単に続きに没頭できるので、集中力の面では不自由は感じていません。


朝井リョウの経歴・略歴

朝井リョウ、あさい・りょう。日本の小説家。岐阜県出身。早稲田大学文化構想学部在学中に『桐島、部活やめるってよ』で小説すばる新人賞を獲得。大学卒業後、会社員をしながら小説を執筆。『何者』で直木賞、『世界地図の下書き』で坪田譲治文学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

蟹瀬誠一

どんな人生を送ることが自分にとって幸せなのか。簡単なようで実はこれがとても難しいものです。経済的な豊かさを得ることで満足感を得ることはできても、人間には欲があるので次第に「まだ足りない、まだ足りない」と拝金的になる可能性もある。周りを見ると、年収5億円でも幸福感を味わえていない人は大勢います。おそらく物欲だけを満たしても、幸福な状態には到達できないでしょう。


速水もこみち

初めのころに比べたら、気持ちの面で余裕は出てきたと思いますが、だからといって慣れてはいけない気がするんです。


澤上篤人

いつの投機も熱狂が過ぎ去ってみれば、一体何を追い回していたのかとなって、残るのは笑い話ばかり。本来の価値とか将来の価値の高まりに向けて資金を投入していく、我々長期投資家にすれば別世界の話だよね。


プルタルコス

人間には、舌は一枚しかないが、耳は2つある。


落合陽一

兼業解禁の流れは止まらないと思います。でもそれより先に、有給の取りやすさのほうが本質的な話だと思います。有給が思うように取れないのは、コーポレートガバナンスがしっかりしてない会社だと思うんです。突然、誰かが明日いなくなっても、チームが成り立つように二重三重のワークスタイルでものをつくるようになっていない。それってリスクマネジメントの点で不健全です。有給を自由に取れるようにすれば、そういうことが分かると思うんですよね。


長谷川雅子(女将)

「おもてなし」と言いますが、その方が何をしたら喜ぶかを常に考えることだと思います。お料理から何から、全てを親切、丁寧に、その方の気持ちになってご提供することを心がけてきました。


松下幸之助

人間あっての経営である。だからまず、人間というもののあり方を考えなければならない。よき経営を実現しようと思えば、まず人間のよきあり方について検討しなければならない。


天坊昭彦

今もこれからも、日本のエネルギー安全保障に貢献することが出光の使命です。日本にとって石油は最も大切なエネルギーであり、国内の石油事業が出光にとって最も大事な柱であることに変わりはありません。


野島廣司

振り返ると、決して平坦な道のりだったとはいえない。失敗や挫折こそが成長の糧。個人にも組織にも当てはまる。


金田一秀穂

敬語で大事なのは、言葉そのものではない。敬語は、文字通り、相手を敬うときに使う言葉です。いわば、敬うための「手段」でしかない。ところが、逆に考えてしまう人がいる。「敬語を使えば、相手を敬っている」と、目的と手段をはき違えてしまっている。だから、いくら正しい敬語を使われていても、冷たく感じてしまうことって、ありませんか? お高くとまった高級レストランとか、やたらおしゃれな洋服屋とかさ。尊敬語も謙譲語も完璧で丁寧に話すけど、なにか鼻持ちならない店員さんっているじゃないですか。「こんな店、二度とくるか」とわざと思わせるような。それって、敬語の意味をなしてない。言葉は正しい。けれど、客を敬っていないんですよ。


野坂英吾

世界でリサイクルショップを運営したいと私は思っています。そのためには多店舗展開を実現する仕組みが必要です。創業当時、他のリサイクルショップは多くても2店舗程度しか運営していませんでした。オーナー一人の知識や裁量でやっていけるのはそれが限界なのです。そこでシステム化やマニュアル化を推進しました。


高岡浩三

ネスレ日本では、売り上げに貢献した優れたアイデアを表彰する「イノベーションアワード」を実施しています。企業が大きくなると、イノベーションが起きにくくなる大企業病に陥ります。それを克服するには、ベンチャー精神が欠かせません。アワードへの参加を人事評価にも反映するようにしたことで、明らかにイノベーションが活性化しました。