名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

朝井リョウの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

朝井リョウのプロフィール

朝井リョウ、あさい・りょう。日本の小説家。岐阜県出身。早稲田大学文化構想学部在学中に『桐島、部活やめるってよ』で小説すばる新人賞を獲得。大学卒業後、会社員をしながら小説を執筆。『何者』で直木賞、『世界地図の下書き』で坪田譲治文学賞を受賞。

朝井リョウの名言 一覧

小説すばる新人賞を受賞しても考えは変わらなかったし、「自分をわきまえろ」と、客観的に見ているもう一人の自分がいた。


スピードとは、推敲を重ね、加速するもの。


大切なのは推敲。小説であれ、会社の業務であれ、ひと呼吸置いて、客観的な視点で俯瞰すべきですよね。推敲によって質は高まり、その繰り返しが、結果的にスピードを加速することにつながる気がします。


集中力の持ち方次第でスピードの質を変えられることも、会社に勤めているからこそわかったこと。学生からそのまま専業作家になっていたら、気づかなかったかもしれません。


スピードの質は何で決まるかというと、集中力。1日の執筆時間が、学生時代は10時間、いまは3時間だとしても、アウトプットの量はそれほど変わらない。いまの3時間のほうが、集中力の密度が濃いから。


(兼業は)大変かどうかと聞かれれば、もちろんしんどいです。でも組織に所属し、様々な価値観を持つ人と接することが、結果として作品の広がりにつながっている気もします。


学生時代は時間がたっぷりあり、自分のペースで書くことができましたが、社会人になるとそうはいきません。会社で過ごす時間が長くなるため、自然に時間配分を考えるようになる。会社勤めが始まってから、執筆は朝のほうが集中できるのだとわかりました。


作家という「もう1人の自分」がいることは、大変なことばかりではなく、精神的な支柱になっている部分もあります。会社の仕事でミスをして凹んでも、「ミスした自分は、会社員としての自分だ」と考えると、自分を全否定することはなくなる。むしろ、大いに救われていると言った方が正しいかもしれません。


半人前社員の今だからこそ、体を使うことでインプットしていけるものがある。いま、自分はそういう時期なのではないかと思う。


今後は、自分の中にたぎるメッセージを伝える作品と、読者や出版社など外部からの様々なニーズに応える作品と、バランスよく両方書いていきたい。


誰しも表現欲は持っているし、実は自分は普通だって自覚している人こそ「表現欲」が強いんじゃないかと思う。僕らの世代は、ブログやSNSといった表現の場を最低1つは持っているもの。皆、プロフィール文やアイコンの写真で自分を表現するために工夫しているんです。それが僕の場合、たまたま「小説」という形だっただけだと思います。


次の本が10冊目になるということもあり、「会社を辞めてそろそろ執筆活動に専念したら?」と言われることもあります。でも、作家専業になってしまったら、意外とダラダラ過ごしてしまい、小説の生産性は今とあまり変わらないような気がして。結局、社会との接点を求めてバイトなどを始めてしまうような気がします。


毎朝5時に起きて、出勤時間まで作品を書き、長く残業をせず会社を出ることを目標に仕事に励む。そして家に帰って作品の続きを書く。これが僕の今の日常です。執筆を中断しても、プロットさえできていればわりと簡単に続きに没頭できるので、集中力の面では不自由は感じていません。


朝井リョウの経歴・略歴

朝井リョウ、あさい・りょう。日本の小説家。岐阜県出身。早稲田大学文化構想学部在学中に『桐島、部活やめるってよ』で小説すばる新人賞を獲得。大学卒業後、会社員をしながら小説を執筆。『何者』で直木賞、『世界地図の下書き』で坪田譲治文学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

稲垣公夫

映画では、最初に主人公が現れて状況説明がなされます。そしてトラブルが起き、主人公が苦しみ左がら乗り越えることで盛り上がるのが普通です。トヨタ式企画書は、背景の説明から始めて実行計画や結果検証で終わるというスタイルで、映画の定番ストーリーと似た構造。だから読み手が感情移入でき、頭に入りやすいのでしょう。


但木敬一

法律で規制しても、ガバナンスコードをつくっても、それを破ろうとする人が居る限りダメです。そこで必要なのは、破ろうとする人を出さないこと、破ろうとする人が出てきたときに、それを即座に発見するにはどういう仕組みが必要か、即座に対応するには何が必要か考えること。


橘玲

誘惑や落とし穴に陥らないためには、経理のチェックは適度に厳しくなければなりません。人は放っておくと不正をしてしまう。残念ながらこれは事実のようです。


斎藤広達

ビジネスは不確定要素に影響される。だから、過剰な期待は禁物。失敗しないことよりも失敗した後の気持ちの切り替えが重要。


山岡勇二

編集部を率いる立場としては自分の仕事の効率を高めるとともに、メンバーの仕事の効率化も意識しなければなりません。


高畑正幸

アイデアを出すときはA4サイズの黄色いコピー用紙を使っています。黄色の用紙は、他の書類と混ざっても見つけやすいし、デジタル化した後もサムネール画像を見れば、すぐに自分が書いたものだと分かります。個人的には、黄色い紙だと課題に向かう時のテンションも上がります。使う時は発想を自由に広げられるように横向きで使います。


アレックス・ハワード

その商品が顧客である投資家のニーズを満たし、かつ期待以上のパフォーマンスを発揮しなければ、真に革新的とは言えません。


有本隆浩

バブルが崩壊して、どん底を経験しました。とはいえ、経済環境が厳しい時期だったからこそ、様々なビジネスチャンスが存在していたのです。その一つとして、当社はいち早く、人材紹介業の認可を取得しました。当時は大企業が倒産するなど、大リストラの時代でした。


小倉広

信頼は、約束を守ることによって高まります。提出物の期日を守る、会社の決めたルールを守る、与えられた数字を達成する。こうして約束を日々守ることでしか、仕事での信頼を蓄積することはできません。


勝間和代

顧客単価は利益の源泉であり、いかに同じ顧客により高い値段のものを買ってもらうか、より多くのものを買ってもらうかどうかということに集中することで、利益が生まれやすくなるのです。安易な値下げがどれだけ利益に悪い影響を与えるか良く考えてみてください。


キャロル・ドゥエック

成功を収めたければ、絶えず新しいことに挑戦し続けなければなりません。そこには失敗はつきものです。その失敗をフルに生かさなければ成長はありえないのです。


ガー・レイノルズ

外資系の某化粧品会社で、新商品のメッセージについてディスカッションが行われました。「この技術が肌をきれいに見せる」「保湿効果が何%アップ」など、アピールしたい点がいろいろあり、まとまりません。ところが誰かが「これは働くお母さんの一日を楽にしてあげる商品だ」というと、みんなが納得してパッと方向性が定まりました。機能を並べるより、「働くお母さんが抱える悩みがこの商品によって解決される」というストーリーのほうがわかりやすく、訴求力があるのです。