名言DB

9425 人 / 110833 名言

望月明美の名言

twitter Facebook はてブ

望月明美のプロフィール

望月明美、もちづき・あけみ。日本のクラブオーナー。銀座の高級クラブ「ル・ジャルダン」の経営者。東京出身。20歳のとき「ジャンティユー」に入店。その後大きなクラブで経験を積んだのち、31歳で「ル・ジャルダン」を購入。政界、財界、芸能界などの顧客を持つクラブへと成長させた。著書に『銀座ママがそっと教える「空気が読める人」の会話術 一流の男はここが違う』『銀座ママの夜のお悩み相談室』『可憐に、そしてしたたかに 銀座のママが教える魅せる女の十二章』『銀座ママはお見通し 愛され美人といい男の秘密』『愛されるための39のエッセンス』ほか。

望月明美の名言 一覧

褒め上手というのも、上へ上がっていく人に共通する特徴です。ただし、決してあからさまな褒め方はしません。たとえば、ふとした会話の合間などに、「この前の報告書、あれはよかった」と、チラリとひと言だけ褒める。あるいは「こいつの息子、今年の春、医学部に合格したんだよ」などと、ホステスに向かって部下の家族のことを軽く褒めたりするのです。


出世し得ない、あるいは取締役にはなれるとわかっている部長など、出世を諦めてしまった人の飲み方にはメリハリがありません。いつも同じ相手と、同じ話をしているイメージが強い。しかも、話題が内向きです。お酒の席で家族の話と趣味の話ばかりするようになってしまったら、サラリーマンとしては終わっていると考えた方がいいでしょう。


私たちは職業柄、このお客様はどこまで上がっていく人かをなんとか嗅ぎ分けようとするわけですが、まず言えるのは、権力に野心を持っている人に共通するのは飲み方が一通りではないということです。子飼いの部下とそうでない部下に見せる顔が明らかに違う。いろいろな顔を持っていて、その場その場に応じて使い分けることができると言ってもいいでしょう。変わり身の早さに、凄みすら感じることもあります。


部下とは常に上司の評価を気にしている存在です。そんな部下の心をわしづかみにするにはどうすればいいでしょうか。褒めすぎれば舐められてしまいます。しかし、まったく褒めなければ部下に関心がない上司ではないかと思われてしまう。だからふとした会話の合間などにチラリと褒めるのです。チラ褒めされた部下は、上司が自分に目をかけてくれていると感じます。しかし、完璧だと褒められたわけではありません。もっと仕事をして、もっと上司に認めてもらわなくてはという心理が働きます。


望月明美の経歴・略歴

望月明美、もちづき・あけみ。日本のクラブオーナー。銀座の高級クラブ「ル・ジャルダン」の経営者。東京出身。20歳のとき「ジャンティユー」に入店。その後大きなクラブで経験を積んだのち、31歳で「ル・ジャルダン」を購入。政界、財界、芸能界などの顧客を持つクラブへと成長させた。著書に『銀座ママがそっと教える「空気が読める人」の会話術 一流の男はここが違う』『銀座ママの夜のお悩み相談室』『可憐に、そしてしたたかに 銀座のママが教える魅せる女の十二章』『銀座ママはお見通し 愛され美人といい男の秘密』『愛されるための39のエッセンス』ほか。

他の記事も読んでみる

夏野剛

僕はね、日本はそんなに捨てたもんじゃないと思っています。日本が駄目なのは、適材・適所をしなかったこと。よく考えたら同じ会社に30年勤めるなんて99%の人は合わない仕事をしてるってことですよ。雇用環境は厳しくなっていますが、昔に戻ることはできないし、戻る必要もない。


隈研吾

触りながら何かをつくるのは、人間という生き物にとって、ものすごい充実感のある仕事。学生がそういうものに興味を持ってくれるのは、すごく良いことだと思う。


田久保善彦

自分たちはいったい何者で、自分たちのコアになるものは何かということを、きちんと理解しているのが強い会社であり、永続する会社。


滝久雄

UCLAのある教授が私にこう言いました。「滝さん、日本はすごいね。とくに東京の都市鉄道はすごい。路線の長さ、輸送量はもちろん、排ガスもなく、クリーンで安全。ロスはいま、排ガス問題が深刻だから、鉄道交通を再評価しているんですよ」と。この一言が私のライフワークを決定づけました。帰国後、すぐに鉄道ビジネスの世界を徹底的にリサーチして、駅広告の分野に大きな可能性を見出しました。都市の鉄道および駅に新しい付加価値を創造することを、自分のライフワークにしようと決めたのです。


橋本雅治

私はトライアスロンを5年間続けていて、もう50歳となりました。トライアスロンは何も考えずに挑んでも完走出来ません。ペース配分やどこでエネルギーを補給するか、戦略的に考える必要があります。そして、諦めないことが肝要です。この競技は諦めなければ必ず到達出来ます。戦略性と不屈の精神を養う競技であり、これらはビジネスにおいて大変重要です。


小林哲也(帝国ホテル)

ある外資系ホテルの関係者にこう言われたことがあります。「小林さん、驚いた。帝国(ホテル)からは一人も来なかったよ」。進出してきた外資系ホテルは、日本のホテル従業員をヘッドハントし、実際に多くの人が外資系に流れました。しかし我々の仲間は動かなかった。当社の強みはなんといっても人間です。


野口克彦

私のスタートはクレーム処理の部署だったんです。当時はカラーテレビが売られ始めたころだったのですが、電源スイッチやテレビの色を合わせるコンバージェンス回路がよく壊れました。もう毎日のようにメーカーさんに謝りに行きました。辛かったですが、鼻っ柱を何度もへし折られているうちにだんだん謙虚になっていきました。


永野毅

「あなたたちの文化について、今日から私たちの文化に合わせてください」ということは一切やりません。むしろ、「あなたたちは何十年間も持続的な成長をしてきて社員からも評価されているのだから、いい所は今まで通りやってくれ」と。だけど、我々の文化と一緒になることによって、ブレンドすることで、よりあなたたちが良くなり、より強くなっていく。そういう要素があるのだったら、積極的にそういうものを交ぜて、さらに会社として前へ進んでいこうよと。


原田泳幸

成長の源泉はお客様の数。すなわち新規顧客の獲得と来店頻度を上げること。それに尽きる。


猪瀬直樹

普段の仕事においても、納期までに仕事を終わらせたり、期日までに物事を決めたりするには集中力が必要です。徹夜してでも、「今晩中にやっておかないとマズイ」という状況もあるでしょう。何事も結果がすべて。それに向けて集中すれば、おのずと心の乱れは消えていく気がします。