名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

望月明美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

望月明美のプロフィール

望月明美、もちづき・あけみ。日本のクラブオーナー。銀座の高級クラブ「ル・ジャルダン」の経営者。東京出身。20歳のとき「ジャンティユー」に入店。その後大きなクラブで経験を積んだのち、31歳で「ル・ジャルダン」を購入。政界、財界、芸能界などの顧客を持つクラブへと成長させた。著書に『銀座ママがそっと教える「空気が読める人」の会話術 一流の男はここが違う』『銀座ママの夜のお悩み相談室』『可憐に、そしてしたたかに 銀座のママが教える魅せる女の十二章』『銀座ママはお見通し 愛され美人といい男の秘密』『愛されるための39のエッセンス』ほか。

望月明美の名言 一覧

褒め上手というのも、上へ上がっていく人に共通する特徴です。ただし、決してあからさまな褒め方はしません。たとえば、ふとした会話の合間などに、「この前の報告書、あれはよかった」と、チラリとひと言だけ褒める。あるいは「こいつの息子、今年の春、医学部に合格したんだよ」などと、ホステスに向かって部下の家族のことを軽く褒めたりするのです。


出世し得ない、あるいは取締役にはなれるとわかっている部長など、出世を諦めてしまった人の飲み方にはメリハリがありません。いつも同じ相手と、同じ話をしているイメージが強い。しかも、話題が内向きです。お酒の席で家族の話と趣味の話ばかりするようになってしまったら、サラリーマンとしては終わっていると考えた方がいいでしょう。


私たちは職業柄、このお客様はどこまで上がっていく人かをなんとか嗅ぎ分けようとするわけですが、まず言えるのは、権力に野心を持っている人に共通するのは飲み方が一通りではないということです。子飼いの部下とそうでない部下に見せる顔が明らかに違う。いろいろな顔を持っていて、その場その場に応じて使い分けることができると言ってもいいでしょう。変わり身の早さに、凄みすら感じることもあります。


部下とは常に上司の評価を気にしている存在です。そんな部下の心をわしづかみにするにはどうすればいいでしょうか。褒めすぎれば舐められてしまいます。しかし、まったく褒めなければ部下に関心がない上司ではないかと思われてしまう。だからふとした会話の合間などにチラリと褒めるのです。チラ褒めされた部下は、上司が自分に目をかけてくれていると感じます。しかし、完璧だと褒められたわけではありません。もっと仕事をして、もっと上司に認めてもらわなくてはという心理が働きます。


望月明美の経歴・略歴

望月明美、もちづき・あけみ。日本のクラブオーナー。銀座の高級クラブ「ル・ジャルダン」の経営者。東京出身。20歳のとき「ジャンティユー」に入店。その後大きなクラブで経験を積んだのち、31歳で「ル・ジャルダン」を購入。政界、財界、芸能界などの顧客を持つクラブへと成長させた。著書に『銀座ママがそっと教える「空気が読める人」の会話術 一流の男はここが違う』『銀座ママの夜のお悩み相談室』『可憐に、そしてしたたかに 銀座のママが教える魅せる女の十二章』『銀座ママはお見通し 愛され美人といい男の秘密』『愛されるための39のエッセンス』ほか。

他の記事も読んでみる

波多野陽子

まず自分が好きなもの、興味があるものを選びましょう。事業を続けていれば、必ず苦しい時がありますが、好きなものなら頑張れますし、知識やノウハウの習得も身につきやすい。


曳野孝

経営学の理論では、市場が完全競争下では経営学上の企業の利潤はゼロに近づきます。ここから抜け出すためには、独占的な要素を持ち込む必要があります。決定的に競争的な現在の市場では、イノベーションによる差別化が大切です。


朝倉千恵子

「お礼は二度言え」ということをご存じでしょうか。たとえばごちそうしてもらったとき、その場で「ごちそうさまでした」と言いますが、次に会ったときに「先日はごちそうさまでした」と言えるかどうか。物をもらったときの「ありがとう」は言えても、それを食べたあと、使ったあとの「ありがとう」を言えるかどうか。


大倉忠司

私はこれまで、「他社がやっているかどうか」を基準に経営判断をしたことはありません。すべては、「お客様の満足につながるか」「事業や従業員のためになるか」で決めてきました。だから、業界では常識でも、烏貴族では「やらないこと」がたくさんあるんです。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

お金で苦労していない人の財布には、共通点があります。それは、財布の中をいつもきれいな状態に保っていることです。なぜお金で苦労していない人は、財布の中を常に整理整頓しているのでしょうか。それは、いくら使って、残りはいくらなのか、お金の出し入れの状況を正確に管理するためです。すると、出費が多い時には、すぐにそれに気づける。「少し飲みに行くのを控えよう」と対策がとれるし、「最近、服を買いすぎたかな」と反省もできます。だから、余計な出費を抑えられるのです。


白潟敏朗

部下のモチベーションを上げるには、「この仕事、やってみたい」と思わせることも大事なポイントです。「やりたい仕事」は興味を持って取り組むので、どんどん面白くなります。生産性も上がります。


井川幸広

夢の一つとして、若い人たちが弊社ネットワークに集まってくる仕掛けを作りたいと考えています。たとえば客船を購入して、世界中の大学生を無料で招待し、研修して帰ってもらうなど面白いでしょう。感受性の高い大学時代に世界中の同年代と3週間缶詰にすれば、一生の思い出になると思います。様々なアイデアも飛び交うことでしょう。それを10年間続ければ、その人脈が世界中に散らばって、あるいは結び付き、何か大きな潮流となるかもしれません。今のところ私に見えている夢はそこまでですが、もっと若い人がその夢の続きを描いてくれれば良いですね。


朝倉祐介

私は馬から多くを学びました。どのタイミングで鞭を打つべきか。ときには負荷をかけて修羅場に突っ込まなければいけないときがあります。そうしなければ成長はありません。ただし、つぶしてはいけない。その手綱捌きの重責を実感しているところです。


青崎済

何もせずに安泰であるより、失敗をしてもいい、失敗を糧に前に進めばいい。


川淵三郎

出向、転勤、あるいは本人にとって嫌だと思われる人事異動のときこそ、必ず一対一でしっかりと伝える。上に立つ者は、絶対にそこから逃げてはいけないと思います。


三木谷浩史

未来は不確定だ。明日何が起きるかは誰にもわからない。それは、この世に存在しているあらゆるものが変化し続けているからだ。昔の人はその真理を、無常という言葉で表現した。人生は一度しかない。だからこそ何かをなし遂げたいと思う。そしてこの世で何かをなし遂げるためには、世界が無常であることをいつも心に刻んでおかなければならない。自分を叱咤するためにも、未来に適応するためにも。


澤上篤人

私は1999年、日本で初めて独立系の投資信託として、さわかみ投信を立ち上げました。個人の資産形成を促して、経済的自立をお手伝いしたい。そのために、まともな投信を立ち上げようという一心でした。金融ビッグバンによって投資信託事業が免許制から認可制へと緩和されました。預かり資産3000億円などの高い障壁も緩和されたため、さっそく大蔵省に認可を求めに行きました。しかし、「何しに来たのか」と相手にされません。販売網もなく、大手企業などの母体も持っていない独立系の投資顧問会社が投信ビジネスの認可を求めて来るとは思っていなかったのでしょう。それでも3か月間、毎日のように通い詰め、熱意が通じてようやく許可してくれました。