望月明美の名言

望月明美のプロフィール

望月明美、もちづき・あけみ。日本のクラブオーナー。銀座の高級クラブ「ル・ジャルダン」の経営者。東京出身。20歳のとき「ジャンティユー」に入店。その後大きなクラブで経験を積んだのち、31歳で「ル・ジャルダン」を購入。政界、財界、芸能界などの顧客を持つクラブへと成長させた。著書に『銀座ママがそっと教える「空気が読める人」の会話術 一流の男はここが違う』『銀座ママの夜のお悩み相談室』『可憐に、そしてしたたかに 銀座のママが教える魅せる女の十二章』『銀座ママはお見通し 愛され美人といい男の秘密』『愛されるための39のエッセンス』ほか。

望月明美の名言 一覧

褒め上手というのも、上へ上がっていく人に共通する特徴です。ただし、決してあからさまな褒め方はしません。たとえば、ふとした会話の合間などに、「この前の報告書、あれはよかった」と、チラリとひと言だけ褒める。あるいは「こいつの息子、今年の春、医学部に合格したんだよ」などと、ホステスに向かって部下の家族のことを軽く褒めたりするのです。


出世し得ない、あるいは取締役にはなれるとわかっている部長など、出世を諦めてしまった人の飲み方にはメリハリがありません。いつも同じ相手と、同じ話をしているイメージが強い。しかも、話題が内向きです。お酒の席で家族の話と趣味の話ばかりするようになってしまったら、サラリーマンとしては終わっていると考えた方がいいでしょう。


私たちは職業柄、このお客様はどこまで上がっていく人かをなんとか嗅ぎ分けようとするわけですが、まず言えるのは、権力に野心を持っている人に共通するのは飲み方が一通りではないということです。子飼いの部下とそうでない部下に見せる顔が明らかに違う。いろいろな顔を持っていて、その場その場に応じて使い分けることができると言ってもいいでしょう。変わり身の早さに、凄みすら感じることもあります。


部下とは常に上司の評価を気にしている存在です。そんな部下の心をわしづかみにするにはどうすればいいでしょうか。褒めすぎれば舐められてしまいます。しかし、まったく褒めなければ部下に関心がない上司ではないかと思われてしまう。だからふとした会話の合間などにチラリと褒めるのです。チラ褒めされた部下は、上司が自分に目をかけてくれていると感じます。しかし、完璧だと褒められたわけではありません。もっと仕事をして、もっと上司に認めてもらわなくてはという心理が働きます。


望月明美の経歴・略歴

望月明美、もちづき・あけみ。日本のクラブオーナー。銀座の高級クラブ「ル・ジャルダン」の経営者。東京出身。20歳のとき「ジャンティユー」に入店。その後大きなクラブで経験を積んだのち、31歳で「ル・ジャルダン」を購入。政界、財界、芸能界などの顧客を持つクラブへと成長させた。著書に『銀座ママがそっと教える「空気が読める人」の会話術 一流の男はここが違う』『銀座ママの夜のお悩み相談室』『可憐に、そしてしたたかに 銀座のママが教える魅せる女の十二章』『銀座ママはお見通し 愛され美人といい男の秘密』『愛されるための39のエッセンス』ほか。

他の記事も読んでみる

古賀良彦

もともと寝苦しい夏は、寝不足になりやすい季節です。今年は節電やサマータイムをきっかけに、不眠のリスクが高まる傾向があります。普段以上に睡眠に対する意識をしっかりもって、スリープマネジメントをこころがけてください。


黒川光博

出来上がった製品は必ず、作った社員たち自身が毎日、順番で試食します。それもお客様が召し上がるシチュエーションを考えて、午後3時に、漆の皿に載せ黒文字(和菓子用爪楊枝)を使って、1つの和菓子を食べます。お客様が和菓子を召し上がることの多い時間帯に、同じように椅子に座り、1つ食べきることこそが試食だという方針からです。時に、朝作った製品は時間がたつとボソボソしてしまうとか、黒文字では食べにくいといったことが分かります。自分たちでは「ちょうどいいサイズ」と思っていたけれど、実際に1個食べてみると「大きすぎる」とか「甘さが強すぎる」と感じることもあります。試食の際の意見をフィードバックし、改良の糧にしています。


黒瀬保男

乾いたぞうきんを絞るような気持ちで合理化を徹底せよ。


マイケル・ポーター

社会と企業との間で価値が共有されるようになるのは、社会だけでなく企業も利益を得られます。長い目で見れば、より持続可能な競争上のポジションを企業はつくりあげることができます。


堀紘一(コンサルタント)

雇用環境が厳しい中では、他人との差別化がものをいう。「これはあの人にしかできない」という印象を刻み付けることができれば、「これはあの人にしかできない」という印象を刻み付けることができれば、条件の良い職場が待っているかもしれないし、リストラの対象にはなりにくい。


松井道夫

あの決定は間違っていた。ごめんなさい。”なし”にする。(覚書き|電話での証券取引事業の拡大を決断後、すぐにその決断を撤回したときの発言。そして松井証券はインターネット取引に全面方向転換する。この発言で多くの社員が辞めてしまったが松井証券の業績向上のターニングポイントとなった)


大橋未歩

女子アナウンサーというと、華やかなイメージばかり先行しますが、実は下調べや人間関係づくりなど、地道な作業が多いんです。でも、そうした地道な仕事こそが、アナウンサーの仕事の醍醐味につながると思っています。


枡野俊明

「春来草自生(はるきたらば くさおのずからしょうず)」という禅語があります。これは、「春になれば自然に草木は芽生えてくる」という意味であり、人間の計らいとは全く関係なく季節は巡ることを指します。春が来ない冬は絶対にありません。


ジェームズ・マックナーニー

産業の空洞化は大きな問題ではありません。大切なのは教育です。教育によって水準の高い労働者を育成できれば、世界で競争力を維持できます。優秀な従業員を育成できて、彼らはさらに他の人を教育できるなら、すべての仕事を日本で抱え込む必要はありません。教育が行き届かなくなれば、空洞化するしないに関わらず、仕事を失います。その方が問題です。


矢野博丈

将来のことはまったくわかりませんから、当社に経営計画や戦略といったものはありません。常に、試行錯誤の繰り返しです。


山中伸弥

企業の研究所では、論文を発表する前に知財を押さえます。私たちもiPS細胞(人工多能性幹細胞)を発見したときは、論文を書きたくありませんでした。論文を書いたら、ライバルの研究者たちがこぞって追いかけてくるのがわかっていたからです。もし、企業の研究所に勤めていたら、iPS細胞の根幹に関わる部分を特許で盤石に固めるまで、何も発表しなかったかもしれません。


高橋智隆

無意味な市場調査なんかしていないで、「誰も思いつかない、面白いことを勝手に始める」ような感覚が大事です。個人のセンスやクリエーティビティが大企業や社会、経済を動かしていく時代になってきている。


ジェイ・エイブラハム

卓越した経営者には、物語、歴史、市場での実績がある。彼らの成功は、それらをいかにうまく伝えるかにかかっている。あなたは、自分がなぜその市場に存在しているのかを知ってもらわなければならない。そして自分の夢や期待、いまの不満、個人的な失敗、これまで成し遂げてきたこと、これからまだ成し遂げようと努力していることを打ち明けねばならない。情熱を持って正直に打ち明ければ、予測をはるかに超える成功が待っている。


鈴木みゆき(経営者)

私にジェットスター・ジャパンの社長就任の声がかかったとき、航空業界とは無縁だった私の経歴では難しいだろうと思い、ジェットスターグループCEOのブルース・ブキャナン氏にダメもとで会いに行きました。ところが彼は、「新しいビジネスを日本に定着させるためには、この業界に染まっていない人の方が斬新なアイデアが期待できる」と。その言葉を聞いて、この仕事をぜひやらせてほしいと思いました。


山本真司

仕事を始める時、最初から一生懸命に努力するほど成果は出にくい。成果を上げるための賢い手抜きを覚えなければならない。「手抜き」というと、悪いイメージがあるかもしれませんが、仕事ができる人は、例外なく何らかの手抜きをしている。そうして、貴重な時間を生み出している。


ページの先頭へ