服部真二の名言

服部真二のプロフィール

服部真二、はっとり・しんじ。日本の経営者。「セイコーホールディングス」社長・会長。東京出身。慶応義塾大学経済学部卒業後、精工舎(のちのセイコークロック・セイコープレシジョン)に入社。セイコープレシジョン社長、セイコーウオッチ社長、セイコー取締役、副社長などを経て社長に就任。

服部真二の名言 一覧

セイコーの創業者・服部金太郎の「常に時代の一歩先を行く」という現在の企業理念ともなっている言葉があります。セイコーの伝統は革新の連続であり、たえず先進技術を追い求めてきた。


あまりに技術革新しすぎて二歩三歩進んでしまったら、お客さまには受け入れられない。


技術の革新性を追い求めることはもちろん重要なのですが、これからはそれに加えて遊び心がなければならないと考えています。そうした技術のあり方を感性の技術、エモーショナル・テクノロジーと呼んでいます。


セイコーの創業者、服部金太郎が日ごろ口にしていたのが「急ぐな、休むな、一歩前進」という言葉です。急ぐなというのは焦らずじっくりと、休むなというのは着実に進めということだと理解しています。一歩前進というのは、つねにお客さま目線で着実に一歩ずつ前進しようということ。


メカニカル、すなわち機械式時計の技術というのは、顕微鏡でしか見えないような細かな作業を職人が手で行います。そうした匠の技術と、もうひとつがエレクトロニクスですね。GPSシグナルを受信するようなハイテク技術。我々は「メカトロニクス」と呼んでいますが、メカニカルの技術とエレクトロニクスの融合。それがセイコーのひとつの武器でもあります。


セイコーは機械式の生産を止めていた時期もあったが、SII(セイコーインスツル)の技術者が技術を伝承してくれたり、図面が散逸しないようにしていてくれたことで、作り続けることが可能になった。


服部真二の経歴・略歴

服部真二、はっとり・しんじ。日本の経営者。「セイコーホールディングス」社長・会長。東京出身。慶応義塾大学経済学部卒業後、精工舎(のちのセイコークロック・セイコープレシジョン)に入社。セイコープレシジョン社長、セイコーウオッチ社長、セイコー取締役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

田中要次

役者って、幸せなことも不幸なことも知らなきゃ、いい演技はできない。だから厄年なんていうことを避けてちゃダメなんじゃないの?


古賀信行

人事異動で未知の分野の仕事を任されることになったとします。もちろん現場レベルは、その分野に精通している人たちでなければ仕事になりません。しかし、その上のレベルでマネジメントする人であれば、その仕事に詳しくなくてもいい。そこで大切なのは、知ったかぶりをするのではなく、わからないことを自覚することです。そうすれば、わかっている人にあるレベルまでは仕事を委ねることができる。


川崎正己

サテラ(国内シェア20年連続ナンバーワンを達成したレーザービームプリンター)の20年の歴史の歩みも、言い換えるなら、「守るべきもの」は守り、「変えるべきもの」は変えるという考えのもと、様々な挑戦を続けてきた進化の歴史でもあるからです。


小笹芳央

仕事をやりながら、やってみて結果を出すというプラン・ドゥ・シーというサイクルがあり、パチンコや競馬と同じような面白さがあるはずです。仕事には遊びの要素も、自らを成長させる材料も詰まっているのです。ですので「遊・学・働の融合」という言葉で、「遊」が「遊ぶ」、「学」が「学ぶ」、「働」が「働く」というこれらの3つの要素が融合しているような状態を作りたい。


西川浩司

ゼロからお互いの知恵と技術を出し合う。これが「すり合わせ」。


宮内義彦

正論を通そうとするだけで大変な抵抗が起きる。


赤羽雄二

単語登録の効果は、文章作成が速くなることだけではありません。1つの単語を登録することで、省略できる入力時間は数秒かもしれません。しかし、スピードアップのために、そこまで徹底すること自体がメンタルの面でも大きな効果を生みます。誰よりも文章を書くのが速いと実感できた時に人は、自分の仕事の処理能力に自信が芽生え、モチベーションが高まるからです。自分の能力に自信が持てれば、何か判断が必要な時にも迷わずに決断ができますから、仕事のスピード全体も速くなります。


松本洋(コンサルタント)

経営が苦境に追い込まれたとき、あるいは破綻したとき、経営の方向性を大胆に転換するときなど、企業には様々な転機があります。その転機を経営陣や株主とともに乗り切り、再生や変革を実現することが我々の使命です。


藤岡頼光

英会話の練習を始めたころは、飛行機の機内でとなりの外国人と会話集を見ながら話してみたり、いろいろと頑張るわけです。でも案の定、文法も知らず、単語の量も圧倒的に不足していたので、会話は続かないんですよね。そこである時、「基礎的な文法を死ぬ気で覚えてみよう」と決意しました。単語も1500ぐらいは必死で覚えたんです。今ふり返ると、英語をマスターするうえで、この「もがき」の期間は非常に重要だったと思いますね。


原田明久

世の中がどう変わろうと、患者さんは新しい医療、革新的な医薬品を望んでいる。ファイザーの充実したパイプラインを一気に進め、日本の患者さんに貢献していく。


大竹のり子

「競争の激しいところに行くとお金がたくさん出ていく」というのは、経済の大原則。その裏を考えてみる必要があるでしょう。たとえば我が子を私立に通わせるぶんのお金で、若いうちから海外経験をさせるなど、別の教育方法があるかもしれません。


篠原菊紀

統計的に見ると計算問題をやらせると若い人は夕方のほうが成績はよく、年寄りは午前中のほうが成績がいい傾向があるので、年寄りの多い会社の役員会は朝がいいかもしれない(笑)。


金井誠太

「Zoom-Zoom」は、現在も使っている我々のブランドコンセプトです。子供がミニカーで遊ぶときに、「ブーン、ブーン」と口にする擬音がありますね。英語だと「Zoom-Zoom」となります。子供のときに感じた「動くこと」への感動、憧れを持ち続ける方に、心ときめくドライビング体験を提供したい、という我々の意思を込めています。


古橋広之進(古橋廣之進)

大きな目標をもって一筋に努力し、工夫し、苦しみにも耐えてこそ、大きく成長していけるものだ。


片岸茂

ノート事業に参入したとき、当社は倒産の危機に瀕しました。最後はなけなしの金でテレビCMを打つしか手がなくなりました。しかし、当社の希望であったテレビアニメ「みなしごハッチ」の枠は既に押さえられており、空いているのは昼のメロドラマ。番組名は「女のうず潮」です。あまりに親和性がなかったのですが、これが大当たり。ドラマを見ていた母親の目に留まり、当社の学習帳の指名買いが一気に広まったのです。私の主観ですが、文具店の方々の気を惹きつけることにも成功したのではないかと思っています。


ページの先頭へ