有田秀穂の名言

有田秀穂のプロフィール

有田秀穂、ありた・ひでほ。日本の脳生理学者、医師。「東邦大学医学部」名誉教授。東京都出身。東京大学医学部卒業。東京女子医科大学助手、東海大学医学部助手、筑波大学基礎医学系講師、東邦大学医学部助教授・教授などを務めた。

有田秀穂の名言 一覧

ストレスの最高の解消法は「週末号泣」です。週末に感動する映画などを見て号泣し、たまった1週間のストレスを流す。泣くことの解消効果は、笑うよりも高い。泣くと、すべてを洗い流してスッキリできます。

有田秀穂の名言|ストレスの最高の解消法

不規則な睡眠やコンピューター漬けの生活はセロトニンを減らす。太陽の光を浴び、ウオーキングなどのリズム運動を行いセロトニンを増やす。最も大切な土台作りを怠ってはいけません。

有田秀穂の名言|最も大切な土台作りを怠ってはいけない

ストレスのない生活なんてありえません。夕方にはストレスホルモンの影響で、疲れて集中力もなくなり、気持ちが萎えたりちょっと怒りっぽくなったりする。でも朝起きて、太陽の光を浴び、活発に活動することでセロトニンがしっかり分泌されていれば、うつになったりキレたりすることはありません。

有田秀穂の名言|朝起きて、太陽の光を浴び、活発に活動すれば、うつになったりキレたりすることはない

バブル世代は消費や目標達成で快楽を得る「ドーパミン的価値観」でやってきたが、今の日本にそれを求めても難しい。ストレスに強いセロトニンは、人の役に立ち、共感することで増えます。バブル世代のドーパミン的価値観は捨て、「セロトニン的な価値観」に移行しましょう。

有田秀穂の名言|「ドーパミン的価値観」から「セロトニン的な価値観」に移行する

ただなんとなく寝ているだけでは、質のいい睡眠を得ることはできません。まず「眠る」ということを生理学的に理解しましょう。私たちの体は暗くなると眠り、明るくなると目覚めるようにできています。それは自然の睡眠薬といわれるメラトニンの働きによるもの。メラトニンはセロトニンを原料として合成されます。セロトニンは朝起きて、太陽の光を浴び、活発に活動することで活性化されます。昼間にセロトニンが十分に作れないと、メラトニンが原料不足となり、暗くなっても眠れなくなってしまうのです。

有田秀穂の名言|質のいい睡眠を得るには

有田秀穂の経歴・略歴

有田秀穂、ありた・ひでほ。日本の脳生理学者、医師。「東邦大学医学部」名誉教授。東京都出身。東京大学医学部卒業。東京女子医科大学助手、東海大学医学部助手、筑波大学基礎医学系講師、東邦大学医学部助教授・教授などを務めた。

ページの先頭へ