名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

有田浩之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

有田浩之のプロフィール

有田浩之、ありた・ひろゆき。日本のポートフォリオマネジャー、経営者。投資運用会社ブラックロック日本法人社長。山口県出身。一橋大学経済学部卒業後、日本興業銀行に入行し、外国為替部、スイス興銀エイジェイ投資銀行部門、国際資金部、ニューヨーク支店などで債券ポートフォリオマネジャーを務める。その後、米国ブラックロック社に入社。野村証券との合弁会社野村ブラックロック・アセットマネジメント社長を経て、ブラックロック日本法人社長に就任。

有田浩之の名言 一覧

事務でも仕事は仕事。ビシッとやれ。


人生で初めて行ったトレードでは10秒で10万ドルの損失を出しました。初トレードではビギナーズラックで儲かる人が多いのですが、私はいきなり顔面蒼白。もうこんな仕事は辞めたいと思ったものです。ですからチャートを見ると、どの局面でどれだけの人が苦労しているかが何となくわかります。


数字に対する感覚を身につけるには、世の中のニュースを自分の興味のもてる数字と関連させて考えてみるのがよいでしょう。たとえば、自社の時価総額や売上などをインプットしておいて、競合他社で損失を出したというニュースがあったら「自社ならこの程度のダメージになるだろう」と置き換えて考えてみる。そういう癖をつければ、数字に対する感覚は自然に磨かれていくでしょう。


数字を理解し、日々の仕事の中で活用していくために大事だと考えているポイントが3点ほどあります。

  1. 定量的な要素だけでなく、定性的な要素もできるだけ数値化する。
  2. 数字は必ず相対的な評価だということを覚えておく。
  3. 数字を時系列で比較する。

中国でマグロが食べられ始めたというニュースを見て、「なるほど」の一言で終わらせるのではなく、中国の消費水準や食料価格への影響など、様々な角度から考えてみる。結論が「自分のポートフォリオには何の影響もない」だったとしても構いません。そうやって普段からいろいろ考えて感覚を磨いておくことが大事なのです。


相場師の心得的なことは、先輩たちがよく教えてくれました。その中でいまでもよく覚えているのが「遠くの事象でも、一度は自分のポジションと関連付けて考えよ」という教えです。一見、自分が担当しているポートフォリオには何の関係なさそうなニュースでも、それが巡り巡ってどうなるかを考えよということです。


結局、売買しているのは生身の人間なので、チャートの裏側には、必ず貪欲さや恐怖感といった人間心理が渦巻いているのです。従って、市場の動きは理解できません。だからマーケットにかかわる者には、人間心理を理解するために小説を読めと勧めています。


私の場合、とくに数字を意識する努力をしていたわけではありません。強いてあげるなら、ポートフォリオマネジャー時代の経験を通じ、感覚が磨かれた部分が大きいでしょう。たとえば、市場で買った商品の価格は必ず覚えています。それは、どれも悩みぬいて決めたからでしょう。


自社にとって最も優先順位の高い顧客は誰か。明確な基準がなければ、個々の社員は自分が担当しているお客様が一番重要だと思うでしょう。これでは意思統一ができず、社員によって判断がバラバラになってしまいます。


数字とは「ものごとを正確に理解するための手段」であると私は考えています。日本人は良くも悪くも、曖昧に物事を理解する傾向があり、あうんの呼吸を大切にします。しかし、バックグラウンドが違う人には通じません。すると、数字で表現することが重要になってきます。


有田浩之の経歴・略歴

有田浩之、ありた・ひろゆき。日本のポートフォリオマネジャー、経営者。投資運用会社ブラックロック日本法人社長。山口県出身。一橋大学経済学部卒業後、日本興業銀行に入行し、外国為替部、スイス興銀エイジェイ投資銀行部門、国際資金部、ニューヨーク支店などで債券ポートフォリオマネジャーを務める。その後、米国ブラックロック社に入社。野村証券との合弁会社野村ブラックロック・アセットマネジメント社長を経て、ブラックロック日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

兼元謙任

デザインで色や形を組み合わせるのも、音を組み合わせて美しい和音を奏でるのも、事業を組み合わせて会社を経営するのも実は同じことではないでしょうか。


青野慶久

何をもって楽しいと思うかは人それぞれです。誰もが自分らしく仕事を楽しめる状態に限りなく近づけていくことこそが、働き方改革のあるべき姿。だから私たちは組織のイズム(あり方)として多様性を最重視し、「100人100通りの働き方」にチャレンジしているのです。


羽鳥兼市

立ちはだかる困難が大きければ大きいほど、それを乗り越えられない他の会社は脱落していきます。だから私にとって逆境は、「外堀」なんです。自分が困難を乗り越えれば、新たな優位性が得られ、ほかの人が近づけない境地に達することができます。ですから、困難がたくさんあった方が嬉しいんです。


富岡賢治

国は地方を一括りにして考えますけど、我々自治体はそれぞれの市民を抱えている。高崎と前橋は違うし、桐生も伊勢崎も中身は違う。だから、それぞれの自治体というのは自分たちで政策を考えて実行していくべきであり、国や県の指示を待っていたのでは、解決しない問題が山ほどある。


田村重信

心というか、目に見えないところが大事。


辻村深月

記憶に蓋をして前を向いたほうがいいのかと思うこともあるけれど、どうしても忘れられない、というその子の「許さなくてもいいですか」という問いに「絶対に許さなくていい」と伝えられたことが本当に嬉しかった。


若林克彦(経営者)

清掃とは心で磨くもの、心の浄化。会社の始業時間は朝8時半ですが、8時には全社員が出勤してきます。そして、本社周辺の清掃を行います。


宇佐美里香

「あのときは上体が浮いていたな」とか、負けたときというのは必ず理由がありますから、負けから学べることは多いと思います。


俣野成敏

上司や会社の考える100点と自分の考える100点は違うことが多いということを忘れないでください。このことを覚えておかないと、「言われたことをやったのに評価してくれない!」とイライラが募ってしまいます。


スティーブ・ソレイシィ

日本はやがて「英語が上手な国の仲間入り」を果たすと考えている。日本語はとても豊かな表現を持つ言語で、そうなる可能性は非常に高い。しかし、現在はネーティブが話す英語を目指すあまり、本来話すべきことが話せず、相手のペースに流されやすくなっている。


冨安徳久

1日は1年の365分の1ではありません。あくまで1分の1なのです。それが365回積み重なって、1年となる。したがって、いちいち落ち込んでなどいないで、今ある時間を大切にすべきです。私は、考え方次第で人生が面白くなると思ってから、一切マイナスのことを言わなくなりました。今では、何があっても学びだと思っています。


小石原昭

映画って結局ね、大衆がついて来ない、勢いのないものはダメですよね。身内だけでいくら褒め合ったってね。