有森裕子の名言

有森裕子のプロフィール

有森裕子、ありもり・ゆうこ。日本のマラソンランナー。バルセロナ五輪で銀、アトランタ五輪で銅メダルを獲得。日本女子陸上界で初めてオリンピック2大会連続でメダル獲得した。

有森裕子の名言 一覧

負のスパイラルに陥った原因が分からない中、前に進むために何かしなければいけない。行動することで原因が見えることがある。


気づけるかどうかが成長において大切。私が気づけたのは、「五輪に出たい」という夢や目標に対する欲が大きかったからだと思います。欲があるからこそ、他人の言動に敏感になって気づくことができた。


相手が諦めるまで、粘り強く我慢することは得意です。元来エリート選手ではなかった私は、技術では勝てないと思い、粘り強さでライバルに勝つようなレースやトレーニングを繰り返してきましたから。「粘り続ければ、相手が諦めることもある」という考えが、困難を乗り越える原動力になりました。


苦しくなったら、苦しみを味わえるだけ生きているんだと感謝した。
嬉しいときは、また喜べるんだと、また感謝した。


2大会連続でメダルを獲得したマラソン選手がいなかったので、アトランタ五輪に挑む方法が分からなかった。その間、心の支えとなったのが、周囲の言葉でした。


思い通りにならない環境で耐えるのは確かに辛い。でも私は耐えることよりも、自分が会社(実業団)を去る方が辛かったし、そんな勇気もなかったのです。


私は高校、大学と大きな実績を残していません。エリート選手ではなく、「追いかけられる」立場になったことはほぼなかったので、比較対象は「対自分」でした。常に挑戦者の立場だったので諦めるという概念があまりなかったのです。


手帳には自分を鼓舞する言葉を書くようにしていました。何か目標を持ったとしても、思っているだけだと忘れることで逃げられますよね。書くことで「目標から逃げるな」と自分に言い聞かせられます。


何もしなければ、なんとかなるなんてことはないし、奇跡も起きるはずがない。自分の目標が明確になっているなら、あとはやるかやらないか。結果を出せるかどうかはその差でしかない。努力は絶対に裏切りませんから。


スタート時点で、本当は結果がほとんどわかるんです。
【覚書き:レースまでの努力の積み重ねと、その日のコンディションによって本番のレース結果があらかた予測できるという趣旨の発言。】


今、振り返れば、1992年のバルセロナ五輪で銀メダルが取れたきっかけも手帳でした。91年夏に東京で開催された世界陸上競技選手権大会で敗れ、その悔しさから「オリンピックでメダルを取る」と決めて、それを書いたのです。だからこそ、目標が現実になったのだと思っています。


本番は何もかもが練習と違うんです。天候、コースのコンディション、相手の動き、自分の体調など、マラソンはすべてが不確定要素だらけの競技です。だからこそ、どんな環境でも最高の状態を出せるように、最悪の状態を想定した練習もしました。


「諦める」という感情は、エリート街道を走ってきたり、「抜かれる」立場になったりした人に表れやすいと思います。トップだからこそ抱く不安や恐怖は、ライバルとなるチームメートを過剰に意識させます。自分を客観視できなくなり、満足する結果が出せなければ、「諦める」「やめたい」という負の感情に支配されるようになる。


アトランタ五輪までの4年間は思い出したくない時間になりました。踵をケガで手術したり、所属していたチームの方向性の違いに苦しんだり……。精神的にもつらかったですね。一時期は、本当に走れなくなってしまって、2年半ぐらいマラソン界から消えました。当時は、銀メダルに「ごめんなさい」と泣きながら謝っていたほどです。それでも、真剣に悩み、考え抜いた結果、やはり、もう1度走ることを選びました。私はレースをリタイヤした経験がありません。苦しいからという理由で、途中で投げ出してしまうと、それはクセになります。まだ競技者として、私はちゃんとゴールしていないと思いました。


「初めて、自分で自分を褒めたいと思います」。アトランタ五輪のレース直後の取材で私はそう言いました。他人からすれば、前回の銀メダルから銅メダルに下がったのに、なぜ褒めるんだと思う人もいるでしょう。「何色でもいいから絶対にメダルを獲る」と自分自身に誓い、極限まで追い込んだ五輪。苦労も努力も全部、自分が知っているからこそ出てきた言葉でした。


「何色でもいい。必ずメダルを獲る」そう言い聞かせながら、天候の悪い日も走りました。雨が降りしきる中、自分がどんな走りができるのかを確認する。あるいは体調が悪い時でさえも、どれだけ粘れるのかを走って確かめる。メダルを獲って自信を取り戻すため、やれることは全てやりましたね。当日が一番ラクに感じるぐらいでした(笑)。


私がマラソンを始めたのは大学に入ってからです。具体的にオリンピックを目標にしたのは、リクルートに入って、初マラソン日本最高記録を出したときです。10代から才能があると注目されてきた選手ではないのです。そんな私には勝ちパターンはありません。事前に理想のレース展開なんて考えず、どんな状況でも走れる準備をするだけです。


手帳は書き続けると、生活や気持ちの流れが見えるようになり、気持ちも落ち着かせられます。選手時代には練習を内容別に色分けして、記録していました。練習メニュー自体は、監督が考えることで私が決めるわけではないのですが、バランスよく手帳に色を塗ることができれば、大会に向けて体が仕上がってきていることが一目で分かります。一方で、故障をしてしまった時には治療ばかりであまり練習ができなくなりますが、そこから回復する過程で徐々に手帳につけられる色が増えていく中で、自信を取り戻せました。長い選手生活では故障はたびたびありますから、以前の手帳を見返すことで、きっと今回も大会までに遅れを取り戻せると、自分を勇気づける際にとても役立ちました。


有森裕子の経歴・略歴

有森裕子、ありもり・ゆうこ。日本のマラソンランナー。バルセロナ五輪で銀、アトランタ五輪で銅メダルを獲得。日本女子陸上界で初めてオリンピック2大会連続でメダル獲得した。

他の記事も読んでみる

荒川詔四

自分の足で現場に行き、「現物・現場・現実」を自分の目で確認します。そうやって初めて、経営方針通りに進んでいるのかどうか、各施策が適切に実施されて、想定した結果が出ているかどうかを把握できます。


藤原和博

キャリアの複線化は、ビジネスパーソンにとっての憧れや夢なんかではなく、安全保障だと僕は思っています。


榊原定征

企業が競争力を失い、同時に生活が豊かになるということはあり得ません。みんな同じ船に乗っているんですよ、ということをしっかりと示したい。


中條高徳

期待をかけることが最大の褒め言葉。


井上陽介

ファクトを押さえるためには、絶えず知識・情報の幅を広げ、深く耕しておかなければなりません。その知識や情報を組み合わせ、そこにはどういう意味合いがあるのか、自分なりの仮説を立てるのです。そしてその仮説を常に検証し、事の展開を時系列で追いながら必要に応じて肉づけしたり、修正したりしてアップデートしていく。そうしないと、骨太の深い解釈にはなかなか至らない。


高崎秀夫(高﨑秀夫)

当行も以前、人件費を抑えるべく大幅に採用を削減したことがありました。そして、その影響が20年近くたってから出てきて苦労した苦い経験があります。ですから、辛抱してでも、ほかを倹約してでも、トップは信念をもって採用も含めた人材育成を続けなければならないのです。これが、トップの重要な役割の一つ。


矢島里佳

急に伸びたせいで経営が危なくなった時期がありました。私たちは職人さんから商品をすべて買い上げています。売れてきたからと発注を増やしたのですが、売り上げが入ってくるタイミングとズレがあって、職人さんたちに代金を支払えなくなったんです。電話で事情をお話ししたら、職人さんは「『和える』は伝統産業界にとって光になっていくはずだから、1か月くらい問題ない」といって逆に励ましてくださいました。本当にありがたい話です。


坂根正弘

課長のときは仕事がうまくいっていたのに、部長にしたとたんに無能だと分かったというケースもあるように、上に上がるほど大きな仕事をする人と、上に上がるほど力を発揮できない人の2種類がいる。それだけに、20代でまだ人を使ったこともない若手の将来の可能性を見抜くことは、非常にむずかしい。若手の将来性を見抜くのには誤りがあるというのが大前提ゆえ、敗者復活を必ず入れている。


黒川光博

経営理念とは社員全員が共有するものです。「うちの会社の経営理念は何だっけ……」と考え込むようなものではなく、すぐに思い出せる言葉であることが重要です。その点、ごくシンプルな虎屋の理念は入社したばかりの新入社員もすぐに覚えてくれます。


襟川陽一(シブサワ・コウ)

夢中になっているときは、経営者と制作者の役割は渾然一体。意識して切り替えはしていません。


脇若英治

本当にやりたいことをやれるよう、あらゆることに興味をもって勉強すべきです。とくに、社会に出てから36歳までは、ビジネスの基礎力をつける期間だと考え、与えられたものは何でも吸収するくらいの気持ちでいたほうがいいでしょう。


平岡昭良

当社は金融機関や官公庁のシステム開発を得意としてきましたが、知名度は高くありません。一般消費者の目にも触れるサービスを増やして、何をやっているのか「分かる」会社にしていきます。社員が自分の子どもに自慢できる会社にしたいですね。


山本崇雄

文法も教えなければいけません。でもそれも教科書を読めば分かるんです。例えば中1ならCanの使い方、あるいはbe動詞の疑問文の作り方などですね。それなのに教師は、文法についてわざわざ板書して教える。僕はそれはやりません。その代わり、生徒たちにcanの使い方を1枚の紙にまとめるように指示します。教師が作るワークシートを生徒に作らせるのです。その中で出来のいいものを選んで生徒に配り、作った生徒に「せっかく作ったのだから、君から説明して」と僕の役割を生徒に移していく。すると教師は少しフォローするくらいで十分になり、生徒は自分たちで授業する時間を楽しむようになってくる。そこに僕はいらないんです。


佐々木かをり

とくに若いときは、あなたのビジョンは何ですか?と言われてさらさら答えられる方が珍しいと思うので、そういう考え方から離れてみるといいと思うんです。そもそも、自分にはビジョンがないとか、ビジョンが見つけられないとか言っていると洗脳に入ってしまうので、その言葉自体が良くないんです。


厚切りジェイソン

自分がコントロールする、毎日達成できる、具体的な目標がいい。たとえば「毎日10分○○をする」といった程度で十分です。毎日連続でやって、その連鎖を壊さなければ、いつの間にかすごいことになっています。


ページの先頭へ