有本均の名言

有本均のプロフィール

有本均、ありもと・ひとし。日本の経営者、経営コンサルタント。愛知県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、日本マクドナルドに入社。店長、スーパーバイザー、統括マネージャーなどを務めたのち、マクドナルドの社員教育機関「ハンバーガー大学」学長を務めた。その後、ユニクロ大学大学部長、バーガーキングジャパン社長などを務めたのち、ホスピタリティ&グローイング・ジャパン社長。

有本均の名言 一覧

店長時代には、QSC(品質・サービス・清潔さ)を高めるための大きな目標を小さく分解し、毎日の目標に落とし込む作業をしていました。「お客様へ商品を提供する時間を短縮する」というのが大きな目標だとしたら、現状では注文を聞くのに何分かかっているか、コーヒーやバーガーを出すのに何秒かかっているか、といったところまでブレイクダウンしていきます。すると、どこで時間がかかっているのかが見えてきます。コーヒー用の砂糖を出すのに時間がかかっているとわかれば、「今日はその時間を短縮しよう」という短期の目標が設定できます。その目標を達成したら、また翌日は別の目標を設定し、それをクリアするために集中する。これを繰り返していれば、高いモチベーションを保てるはずです。


いまでも私が心がけているのは、つねに短期の目標を設定し、それに集中するということ。「10年後や20年後を見据えた長期の目標を持ちなさい」という人もいますが、それだけだと「10年後はこうなりたいが、いまはまだやらなくていいだろう」と思ってしまう。今日の目標や今週の目標といった短期の目標を設定し、それを必ず達成していくという積み重ねによって、モチベーションを高いところで安定させることができるというのが私の考えです。


自分が周囲に比べて遅れをとっているように感じて、モチベーションが下がった時期もあります。80年代のマクドナルドは店舗数が急拡大していて、店長を3~5年経験したらスーパーバイザーに昇格していく人が大半でしたが、私は8年間も店長のままでした。若いころは出世欲もありますから、ほかの店長たちがどんどん昇格していくのをみれば、落ち込むのも仕方がありません。そのとき、自分にしかない強み、それも運・不運に左右されない強みを持つことで、自信を取り戻そうと考えました。


私も長く現場で働いてきましたから、気の合わない上司のもとでやる気を失いかけたこともあります。そこで心がけたのは、その人が嫌いだからといって避けるのではなく、自分から積極的に話しかけること。しかも、表面的な会話ではなく、「私はこうしたほうがいいと思う」といった突っ込んだ話をするようにしました。相手を避け続けたところで状況は何も変わらないし、上司が異動になるのを待っていたら何年かかるかわからない。仕事の悩みは仕事で解決するしかないし、それには自分で行動して突破するしかないのです。


いくら会社や上司のサポート体制が整っていたとしても、それに依存しすぎてはいけません。モチベーションを上げ下げしているのはあくまでも自分自身で、会社や上司はそのきっかけを与えているだけです。


部下を褒める一方で、できなかったことはきちんとダメ出しをしないと、本人も成長しないし、自信を失うことになります。「若い人を怒るとすぐ辞めてしまう」と、何もいわない上司が増えているようですが、それは本人のモチベーションにとって逆効果。「成長したい」という意欲はどんな人にも必ずあるので、その人が仕事でスキルアップできるようにダメ出しをすることは、むしろやる気につながります。


部下のモチベーションにとって大切なのは、上司とのコミュニケーションです。具体的には、上司が「ほめる」「ダメ出しする」の両方をきちんと実践することです。


我々は現場を知っている人間が教えています。例えば、評価制度を作る会社はたくさんありますが、「店長は何を評価されると嬉しいか」「どんな報酬と評価があればモチベーションが上がるのか」、こういうことを感覚としてわかっている。この違いは、実はとても大きい。


サービス産業の満足度は「人」によってしか高められない。サービス業の一番の悩みは人。教育や評価だけでなく、それに付随した新たなサービスも提供できると考えている。サービス業の未来を変えていきたい。


相手が無口な人だと、沈黙を埋めたくなりますよね。でも、ペラペラしゃべるのは避けたほうがいいです。質問をして、できるだけ相手に話してもらいましょう。


好印象を残せる人ほど、個性を消す自己紹介をしています。そもそも、第一印象が悪くなるのは相手と自分とのトーンの高さが違うときなんです。だから、誰に対しても元気に挨拶しなければならないと思っている人は、自己紹介で失敗しやすい。自分のことに精一杯で、相手の様子にまで気を配れない人が多い気がします。


当たり前ですが、嘘をつかないことが大切。つい、相手に気に入られようと思うと人は、調子のいいことを言ってしまいがちです。未経験なのに「自信あります」とかね。あるいは、「知ったかぶり」もマイナスポイントです。相手にはわかりますから。その場を取り繕えても、最初に不誠実な人と思われてしまったら挽回するのは難しいものです。


有本均の経歴・略歴

有本均、ありもと・ひとし。日本の経営者、経営コンサルタント。愛知県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、日本マクドナルドに入社。店長、スーパーバイザー、統括マネージャーなどを務めたのち、マクドナルドの社員教育機関「ハンバーガー大学」学長を務めた。その後、ユニクロ大学大学部長、バーガーキングジャパン社長などを務めたのち、ホスピタリティ&グローイング・ジャパン社長。

他の記事も読んでみる

鎌田和樹

べつに事業をしたかったわけではないんです。僕は一社目が通信系の会社で、とにかく人に頭を下げる毎日でした。それがすごくつらくて、もう誰に謝るでもなく好きなことだけしていたいなという思いがありました。そんなときにヒカキンと出会い、ユーチューバーがつくる動画の存在を知ってハマっていった。もっとよく知りたいと思って彼と話していくうちに、ユーチューバーは一人で活動をしていて、サポートする人がいないと聞きました。それなら僕が手伝おうと会社を立ち上げたという経緯です。


藤巻健史

モルガンで採用担当をしていたとき、「将来おまえが使いたい人間を採れ」とボスに言われました。そのときに私が決めた採用基準は、スポーツなどで勝利した実績がある人でした。そして、ここが大事なのですが、ただ勝っただけでなく、一回挫折して勝ち上がった経験を持っていること。面接ではよく「あなたの実績と挫折の経験を話してください」と質問しました。


永井淳(経営者)

顧客ニーズに応えることが基本ですが、こう言うと、何でも言いなりになって特注の製品ばかりを手がけるようになってしまいがちです。しかし、これでは仕事が属人的になったり、コストがかさんだりして、結果的に顧客と自社の両方のためにならないことが少なくありません。


江上治

相手が求めることにひとつずつ地道に応えればいい。とてつもなく稼ぐ人は地道な努力の延長線上に、圧倒的な独自性や専門性を獲得していっている。


稲葉善治

ファナックでは以前から工作機械全体を1つのグループと捉え、部分最適ではなく全体最適のためにどうしたらいいかという問題意識を持っていました。


大久保尚武(積水化学工業)

経営者の大事な役割は、時代の流れを見誤らないことです。情報収集というと新聞やテレビ、インターネットといった情報源が思い浮かぶかもしれません。しかし、もっと重要なものは顧客の声や職場の雰囲気といった現場で得られる情報です。もちろん、そうした情報収集のためには自ら現場におもむくことが欠かせません。


川野幸夫

商品を選ぶ消費者の目は厳しくなるばかりで、企業は品質のいいモノを少しでも安く売れるよう経営努力が必要だ。それができなければ、市場から退場を迫られてしまう。


今敏

なんでもできると、かえって散漫になっていたり、アイデアの質が大味になっていったりする傾向、これは実写もアニメも問わず、そういう傾向がある気がします。むしろコンパクトに作っていく方がいいんじゃないか。でも、もうちょっと予算が欲しい、ぐらいの感じですね。何かね、せかされて作ってる方が幸せですよ。


芝本裕子

美肌一族を売り出す際、不安がまったくなかった、というわけではありませんでした。でも私には、大勢の女の子が「こんな化粧品、可愛い」と感じたり、「こんな化粧品、使いたい」と思うものがわかっていたので。ある程度、人気を得られるという確信はありました。『JJ』という女性誌で読者モデルをやっていた時代に身につけた感覚なのだと思います。


松永安左エ門

憎まれ役はわしが一切引き受けるから頑張れ。
【覚え書き|部下に対して言った言葉】


大橋禅太郎

言いにくい問題にこそ、本質的な問題が隠されています。また、痛みの伴う会議にこそ、根本的な解決策の糸口があることが多いのです。


大平喜信

いい大学を出た人間は、おおむねプライドが高い。社会に出て、そのプライドの高さを、能力を伸ばす方向に使ってくれればいいのですが、難関大学に入ったことが人生の頂点になっているようでは駄目です。自分はまだまだ向上する存在だと思っていなければなりません。


奥田務

常に市場の変化に対応してビジネスモデルの変革を続け、利益を生む事業を育てていく。これを繰り返していくしかない。


村田昭治

大きな夢、でっかい目標を持てば、少しくらいの障害にぶつかっても、そこでへこたれてしまうことはない。あきらめずに克服して、前進しようとする健全な精神状態が生まれてくる。


横田英毅

私は誰かが相談に来ると、「あなたの考えは? じゃあ、それでいきましょう」と、指示しない、教えない人材育成をずっと実践してきました。


ページの先頭へ