名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

有川真由美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

有川真由美のプロフィール

有川真由美、ありかわ・まゆみ。日本の作家、写真家、フォトジャーナリスト。鹿児島県出身。熊本県立熊本女子大学卒業。様々な職業を経験したのち、作家、写真家となる。世界を回り、女性や子供の問題、少数民族、貧困、移民問題などをテーマに旅エッセイやドキュメンタリーを執筆した。主な著書に『あたりまえだけどなかなかわからない働く女(ひと)のルール』『仕事ができて、なぜか運もいい人の習慣』『フォルモサの真珠』ほか。

有川真由美の名言 一覧

スキマ時間が5分程度ということも多いので、5分でできることリストを用意しておくといいでしょう。しばらく連絡をとっていない人にメールを送信したり、大事なお客さまにお礼のはがきを書いたり、案外、いろいろなことができます。


集中して仕事をしたいときは、「1時間、ほかのことはしない!」と決めて電話とメールは意図的にシャットアウトして、集中できる時間と空間を確保することをお勧めします。早朝の誰もいない時間や、使っていない会議室、近くのカフェなどを利用するといいでしょう。


昼食で満腹になったあとの午後のデスクワークは集中力が途切れる人が多いようです。そこであえて午後イチに面談や外出といったアポを入れるといいかもしれません。間延びした時間を自ら排除するのです。午後3時以降は再び集中力が戻るので、残った仕事を一気に片付けます。


休憩をするときにお茶やコーヒーでほっとひと息つく、という方が多いでしょうが、私のおススメは、自分だけのとっておきのスペシャル・ティーを用意することです。これがあると、プチ贅沢感があっていい休憩を過ごせますよ。あとは地味ですが、歯を磨いたり、デスクまわりを簡単に整理整頓したりして自分の体や座る環境をお清めするとさっぱりした気分で再スタートができます。また、不要なモノを捨て去って周辺が物理的に整理されると不思議と頭の中までクリアになりますね。


ホワイトボードやパソコンの中で、メンバーのスケジュールを共有しておくと、「Aさんが○○方面に外出するなら、ついでにあの用事を頼もう」などとお願いすることもできます。


自分が苦手なことやこれまで取り組んだことのない難しいテーマの仕事は、思い切って他人活用すると作業効率をアップさせることができます。


自分の得意なワーク、簡単なワークなど、プレッシャーのかからない仕事からスタートすると集中度が次第に増してきます。手をつけやすく、いつの間にか夢中になって、大きな仕事にも無理なくとりかかれます。


数日にわたってバラバラにアポを入れると、毎日会う準備が必要になります。できるだけアポを集中させたほうが、効率が高いです。


有川真由美の経歴・略歴

有川真由美、ありかわ・まゆみ。日本の作家、写真家、フォトジャーナリスト。鹿児島県出身。熊本県立熊本女子大学卒業。様々な職業を経験したのち、作家、写真家となる。世界を回り、女性や子供の問題、少数民族、貧困、移民問題などをテーマに旅エッセイやドキュメンタリーを執筆した。主な著書に『あたりまえだけどなかなかわからない働く女(ひと)のルール』『仕事ができて、なぜか運もいい人の習慣』『フォルモサの真珠』ほか。

他の記事も読んでみる

後藤卓也(花王)

リーダーとなる資質がある人を最初から仕込むケースもあります。そういう人がいるのが一番いいですが、日々の仕事を通じて自分の考えをする合わせながら、複数の人に育ってもらうのが普通でしょう。


新川義弘

日常生活で相手のことを察する力を鍛えるとするなら、「自分と一番遠い人」と話してみるのがいいと思います。年齢や職業が自分と近い人は、趣味や思考も似通っているので予想しやすいのですが、自分とほとんど共通点のない人だと難しい。しかし、そういう人と積極的に会話を交わすことで、予知できる人の幅がどんどん広がるのです。そうして自分のアンテナの感度を上げていくことが、会話上手になるポイントだと思います。


老子

足るを知る者は富む。


大嶋友秀

報連相だけでなく、トラブルに対応する時やリーダーシップを発揮する時など、様々なシーンで活用できるのが、論理的な話し方のスキルです。これは筋の通った分かりやすい話し方で、PREP法(プレップ法)をマスターするとできるようになります。PREP法とは、P(結論)、R(理由)、E(根拠)、P(まとめ)の順番で話すテクニックです。


下村節宏

「窮すれば即ち変ず、変ずれば即ち通ず」という「易経」の名言は私の心の中にずっとありました。初めてこの言葉に触れた若い頃、「窮する」は「困り果てる」とか「なすすべがない」という意味だと勘違いしていました。詳しく調べてみると、「考え抜く」や「窮(究)める」という意味で使われていたんですね。それが分かってからは「とことん考え抜けば、対処の方法が見えて、事がなせる」と解釈するようになりました。仕事で壁にぶち当たった社員には、この言葉を使って励ましたものです。「粘り強く考え抜けば、やり方は必ず見つかる」と言い聞かせました。


古森重隆

困難を乗り越えるたびに社員はより一層良い表情になり、会社の質も高まる。


津谷正明

当社は英語を公用語化しました。公用語化と一口に言っても中身はそれぞれ違う。当社の場合、日常業務で英語が義務付けられているのはグローバルでの経営者会議だけ。英語は表現が論理的でストレート。意見を求められた時に曖昧な表現で逃げるのは難しい。担当外の話題でも深く理解する習慣が各役員にできて、チーム経営の一体感は高まった。ただし、誰もが経営陣を目指す必要はない。


原田泳幸

一日に売り上げるハンバーガーに使用するパンを並べたら、東京から兵庫県の姫路市に達する距離に匹敵します。そのたった一個に小さな異物が混入しただけでもビジネスの歯車は一気に狂ってしまいます。高速道路をスポーツカーで走りながら石ころ一個に神経を使う以上の緊張感があります。私はこのスピード感やスケール感を社員に体感してほしくて、東京湾に14億人が泳いだらどうあるかというビデオまで作ったほどです。


伊藤雅俊(味の素)

新しい価値を想像して、開拓者精神で広めていく力。これこそが、味の素の戦略を根底から支えているものです。


小泉文明

「大胆に物事を進めること」は、「博打のようにエイヤでやること」とは違います。いつも意識しているのは不可逆性で、戻せるものについては、どんどん権限も委譲してしまいます。戻せないものについても、臆することは決してしない。入念に「最大限の準備」をして、失敗のリスクを減らすようにしています。


斉藤惇

以前から指摘されてきたことですが、日本の経営者には「会社は株主のもの」という感覚がいまだに希薄です。もちろんステークホルダーには株主だけではなく従業員や顧客なども含まれます。ただ、法律上は、会社は株主のものだということで決着が付いています。それなのに株主総会で社長が「マイカンパニー」と言ってしまう。株主に対しては「ユアカンパニー」と言うべきで、受託責任をきちんと果たさなければなりません。


野間口有

部下の弱点をうるさく指摘するのではなく、強い部分を引き出して伸ばしてやる。部下と接するとき、私はいつもそういう言葉を投げかけるよう心掛けてきたつもりです。