名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

月岡隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

月岡隆のプロフィール

月岡隆、つきおか・たかし。日本の経営者。「出光興産」社長。慶應義塾大学法学部卒業後、出光興産に入社。執行役員需給部長、取締役、常務執行役員経営企画部長、副社長などを経て社長に就任。

月岡隆の名言 一覧

バブル崩壊後、有利子負債が2兆円を超え、大手自動車、流通と共に「2兆円クラブ」と呼ばれながら、出光だけが自力再生したのは、バランスシートに表れない人の力による。


出光はトップが方向を決めると社員一丸で壁を突き破る。方向を示したらブレない。それが舵取りを任きれた私の使命だ。


40代初めプエルトリコのガソリン販売会社に経営者として一人で赴任した。言葉で苦労しながら、出光の考え方を現地社員に説明し、出光ファンになってもらうよう勉めた。目標を達成するには人と人の関係が大切で、それに国境がないことを私自身、実感した。


思い出に残っている仕事は40代初め、出光がプエルトリコで買収したガソリン販売会社の経営者として一人で赴任した3年間だ。中間管理職になり、上と下に挟まれて悩み、ぐらついていた時期で、「行ってからでも辞められる」と赴任したら、一人で何でもやらないといけない。完全に吹っ切れた。


大切なのは信頼関係だ。人と人との信頼に基づけば、国境を越えて理解し合えることを、出光の人間は日章丸事件を通して先達から学んでいる。


国や社会のためにやらなければならないことを先頭に立ってやる。それが出光だ。


労働組合がなくていいですねと周囲からは言われますが、組合がないということは、組合がある会社以上に社員を大切にしないとやっていけない。経営陣も社員も大変ですが、そういう中で信頼関係が生まれてくるんです。


新規事業を始めるためには、大義がなければいけない。出光の考え方として、ひとつは「日本のエネルギーセキュリティーに資する事業」で、海外での資源事業がこれに当たります。もうひとつは「経済と環境の調和ある社会の発展に貢献する事業」で、高機能材料事業に取り組んでいます。


大義には徹底的にこだわります。石油業界はだらしないとか儲からないとか言われますが、利益を上げて何に使うかが問われていると思うんです。やはり一緒に働いている仲間の社員を大切にすることと、次の時代の大義につながる投資に果敢に挑戦することが大事じゃないかと。これからもたとえ経営が厳しい時でも、信念を一本貫いて行く会社としてやっていきたい。


次の日本のマーケットに貢献しようと思ったら、知恵と技術で稼がないと成り立たなくなります。研究開発投資も怠りません。投資すると財務体質がまた悪くなる可能性もありますが、事業の継続性を含めて、日本のマーケットの中でのやるべきことは、そういうことじゃないかと出光は思っています。


社内にはあまりルールがありません。私はプエルトリコで130か所以上あるサービスステーションの経営を任されたことがあり、現地社員に出光の考え方を話しても、最初はなかなか理解されませんでしたが、だんだん分かってもらえるようになりました。彼らが言った言葉で印象的だったのは「ルールがないのが一番厳しいよね」ということです。ルールがなければ遅刻しても会社に来なくてもいい。でも、その時に残りの仲間が一生懸命働くことを考えたら、自分の持っている力を少しでも出そうとします。この辺がウチのすごいところじゃないかと思っています。


販売店さんは出光興産の取引先ですが、今のウチの若い社員よりも出光佐三の経営理念や考え方に共鳴している方が多いんです。社内教育は行っていますが、その他に販売店さんの社長さんや奥様などから、社員が教えていただくんです。それはやはり、信頼関係があるということですし、社内の人間だけでなく、外のパートナーの人たちにも、きちんと出光佐三の理念を納得していただいているということだと思います。


出光佐三が言ったことの中で私が好きなのは、「自分に薄く、人のために尽くすことが、民主主義を唱える国の根本である」という言葉です。日本という国は昔から他人のために、みんなで譲り合い助け合うことで成り立つ社会。社会の基本は家であり、親から躾(しつけ)を受けながら、みんながきちんと仲良くやっていく文化がある。出光興産はこの文化を守ろうとする会社だと私は思っているんです。


いわゆる資本主義や市場主義の原理から企業運営をしていくことは、我々にはなじまない。でも、こんな会社が1つぐらいないと世の中の目が覚めないんじゃないか、そんな思いで先輩たちがやってきたことを私が引き継いでいるわけです。創業者である出光佐三の経営理念が100年間にもわたって実践され、今の若い社員もそれを受け入れて頑張ってくれています。


月岡隆の経歴・略歴

月岡隆、つきおか・たかし。日本の経営者。「出光興産」社長。慶應義塾大学法学部卒業後、出光興産に入社。執行役員需給部長、取締役、常務執行役員経営企画部長、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

真栄田賢

「成功=苦しい」って思うと避けちゃうと思うんですよ。これをやると給料がこれだけ増えるとか、楽しいイメージを持つようにしています。


吉田松陰

今日死を決する安心は、四時の順環において得るところあり。
【覚え書き|四時(しじ)=四季】


高橋理子

在学中もファッションデザイナーを目指していたので、日本のファッションデザイナーとして世界に出ていきたいのならば、自分の国の衣服のことを知らないのは恥ずかしいことだと考え、着物を学び始めました。


中山泰男

当社は、最初は警備業として創業しましたが、社会に安全・安心を届けたいという強い想いから、根幹としてのセキュリティ事業、人の命を守るということで医療や健康分野、そして情報通信にもウイングを広げ、今では7つの事業セグメントがあります。これら複数事業分野の強みとかけあわせることで安全・安心で、快適・便利なサービスを、新たな社会システムとしてお届けしています。


松下正幸

(松下)幸之助も「商売は真剣勝負だ」と言っています。武士は真剣で勝負するから斬られたら死んだ。我々は死にはしないが、そのくらいの気持ちでやらないと駄目だと。


東原敏昭

成長を実現するためにはチャレンジも多数あるだろうが、私自身の強みである現場力を大いに発揮し、失敗を恐れずにグループのCOO(最高執行責任者)として事業を推進する。


名越康文

上から与えられた目標をこなすだけの人は、モチベーションというより、「評価されなかったらどうしよう」という不安で動いています。これは会社に依存した関係なので、いずれ行き詰まる恐れがあります。ただ、行き詰まったときこそ会社依存から脱却するチャンス。自分が何に価値を感じているのか、見つめ直すといいでしょう。


小室淑恵

所要時間を決めずに業務に取り組んでいる人は、仕事の見切りどころがわからないため、本来なら2時間で切り上げていい内容の仕事に、3時間も4時間もかけてしまう。必要以上にクオリティーを追求してしまうわけです。だから仕事が山積みになって、いつも時間に追われている気分になってしまう。この差は歴然としていますよね。


井上雄彦

体を動かすとか、散歩しているだけでも、絶対にいろいろなことに気づくと思うんです。歩くのは意外に大事なことですよ。歩いているとやっぱり見えてくるものが違ってきます。自分も歩きながらアイデアとか、ネームとか、よく考えています。


中村俊輔

試合に出られない状況は、苦しく、地獄のような時間でもあったけれど、「このままでは終われない」という気持ちが湧いてきたし、そのために何をすべきかと、前向きな考えで日々を過ごしていた。


熊本浩志

東芝という会社にとっては失敗だったというのはもちろん理解しています。でもアテハカが世に出たことで、明らかに何かが変わった。僕らは言ってみれば荒波に浮かぶ船なんです。みんなが止めたのも聞かずに漕ぎ出してしまった。でも、止めた人たちも決して僕らのやろうとしたことに否定的ではなかった。だから失敗したまま船を戻すわけにはいかないんです。
【覚書き|東芝時代、デザイン家電のアテハカシリーズを企画し、脱量販店を目指したが見込んだほど売れなかった。熊本氏は諦めず東芝を飛び出しデザイン家電ベンチャーを立ち上げた】


山海嘉之

クリエイターというのは生まれにくくて、育ちにくくて、壊れやすい。彼らを育てるにはいじらず、かき回さず、じっくりと見守ることですね。