名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

曳野孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

曳野孝のプロフィール

曳野孝、ひきの・たかし。京都大学経営管理大学院准教授。大阪出身。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。ハーバード・ビジネススクール上級研究員、マサチューセッツ工科大学国際関係研究所研究員などを経て、京都大学経営管理大学院准教授。そのほか、東京大学社会科学研究所併任助教授、ロンドン大学東洋アフリカ研究所研究員、スタンフォード大学京都研究センター併任助教授、コロンビア大学京都日本研究センター併任准教授等を歴任なども務めた。専門は、国際経営、経営戦略、企業統治、経営史。

曳野孝の名言 一覧

他社と差別化が難しい状況の中で、ブランドをいかに確立するか。それが利益を確保し続けるカギです。ユニクロのブランドコンセプトは、「手ごろな価格でファッショナブルな商品を提供する」です。ユニクロは価格競争を促す側で成長しましたが、ブランド確立後は低価格に依存しない体制を築き、事業を展開しています。


ブランドは独占的で他社は使えません。競争的な市場でもブランドが確立できれば差別化して価格を上げることができます。アメリカでは、ブランド戦略で成功した養鶏農家が実際にいます。1970年代フランク・パーデューという農夫が鶏肉に「フランク・パーデューズ・チキン」と名付けて、他より少しだけ高い価格で売り出しました。同時に本人自らが出演するテレビCMも流し、味は他のチキンとほとんど変わりませんが大当たりしました。ブランド名を冠し、プロモーションすることで競争力をつけ、売上を伸ばすことができたのです。


価格から原価を差し引いたものが利益ですが、価格競争が始まって価格が下がれば、原価を下げて利益を出すしかありません。競争的な市場でも、1社または複数社だけ大規模な設備投資を行えば、コストダウンは可能です。しかし、規模の経済が有利に働く産業ばかりではありません。たとえば養鶏農家では鶏舎を大規模化しても生産コストの削減には限界があります。もちろん価格を上げれば利益が増えますが、養鶏業ではイノベーションも難しく、実質的な値上げは不可能です。いやおうなく価格競争に巻き込まれ、利益を削れるだけ削って対応している農家が多いはずです。


経営学の理論では、市場が完全競争下では経営学上の企業の利潤はゼロに近づきます。ここから抜け出すためには、独占的な要素を持ち込む必要があります。決定的に競争的な現在の市場では、イノベーションによる差別化が大切です。


ある産業に投資(企業買収)などで参入する場合、大切なのはその企業が利益を出せるかどうかにあります。市場全体が儲かるか、あるいはひとつの製品が利益を出しているかどうかに固執する必要はありません。成長が頭打ちになっている成熟市場の成長は、競争相手が参入してこないところにあります。競争相手が少ない市場ならば、ひとつひとつの企業の価値をじっくりと見極められる余裕も出てくるでしょう。


私は、リーマンショック後の「モノづくりこそ日本経済の生命線」論に違和感を覚えます。むしろいまこそカネづくりとモノづくりを連携させ、頭打ちの現状を打破する道を探るべきでしょう。モノづくりの枠内だけで戦略を立てても、市場の縮小は乗り切れません。カネづくりによるサポートを得ることで戦略はグンと広がるはずです。


成熟期にある日本企業が学ぶべきなのは、中国ではありません。日本より早く成熟したアメリカにこそ、ヒントがあるのです。アメリカ経済をけん引してきたのは、ウォール・ストリートを舞台にしたカネづくりかもしれません。しかし、その一方でメイン・ストリートともいうべきモノづくりが脈々と受け継がれているのも事実です。アメリカの製造業は、早い時期に成熟しただけに頭打ちになるのも早かったですが、それでも構造的不況を乗り越え、いまも経済を支えています。


曳野孝の経歴・略歴

曳野孝、ひきの・たかし。京都大学経営管理大学院准教授。大阪出身。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。ハーバード・ビジネススクール上級研究員、マサチューセッツ工科大学国際関係研究所研究員などを経て、京都大学経営管理大学院准教授。そのほか、東京大学社会科学研究所併任助教授、ロンドン大学東洋アフリカ研究所研究員、スタンフォード大学京都研究センター併任助教授、コロンビア大学京都日本研究センター併任准教授等を歴任なども務めた。専門は、国際経営、経営戦略、企業統治、経営史。

他の記事も読んでみる

松井忠三

我々の最大の強さは、全社員が「これは無印らしい」「らしくない」という感覚を共有していることでしょう。これを全社員がDNAとして持っています。


西多昌規

10年先の将来をイメージしても、脳はそれを現実味のあるモノとして認識してくれない。ちょうどいいのは3年後。「新しいものに挑戦した結果、自分は3年後にこうなっている」というイメージが、自分の背中を押してくれる。


檜谷芳彦

飲み会の席で有効なのが、ゴルフなり釣りなりの趣味の話を興味深く聞くこと。趣味人は、話を面白がって聞いてくれる人には心を開くものです。興味深く関心を示せば、気持ち良く話をしてくれます。


和田一浩

同じ世代の人、上の世代の方たちが「1試合でも長く、1年でも長くプレーしてください」と声をかけてくださる。僕自身、以前に比べてファンの皆さんを身近に感じるようになりました。じつはこれ、僕にとっては大きな変化で、これまでは自分のプレーがチームの勝利に貢献して初めてファンの皆さんが喜んでくれると思っていたんです。ところが、自分がプレーし続けることそのものを喜んでくださる人たちがこんなにいるんだ、と。この歳でようやく気づくことができた。これはすごいやりがいです。


槙野智章

プロサッカー選手はサッカーが上手いのは当たり前。プレー以外にプラスアルファが求められる。


澤上篤人

ほとんどの投資家が「儲かりそうな銘柄」を追い求めるのに対し、我々長期投資家は「儲かってしまう銘柄」を厳選しようとする。我々長期投資家の銘柄選別の基準は5年、10年応援し続けたいと思える企業かどうかだ。長期的に見て投資価値を高めていってくれる企業で、「このままずっと頑張ってよ」と熱く応援したい銘柄を選ぶわけだ。企業を応援するという意識さえ高めれば、株安時にどんどん買えるじゃないか。投資なんて安い時に仕込んでおけば楽なもの。ちょっと高くなるだけで、どこで売っても利益が出る。これが、「儲かってしまう」ということだ。


大東隆行

「自分一人では何もできない。すべては従業員のおかげ」という感謝の気持ちが大切です。それは経営者じゃなくとも、人の上に立つ人間は誰しもが持ってないといけないでしょう。


細谷英二

社員から「非常識の改善は進んだでしょうか?」とたまに聞かれますが、「じゃあ、百貨店やホテルが土日に休んでいますか」とアドバイスしています。銀行はお役所と同様に、週末休むのが当然という企業風土で、まだまだ顧客の期待に応えていません。新たな挑戦として、大手行で初めて年中無休店舗を出しました。


村上憲郎

私は部下に対して「会社を踏み台にしなさい」とよく言っていました。それはなにも会社を軽視せよということではなく、「職務履歴書を飾る材料を遠慮なく会社からもらいなさい」という意味です。「お給料だけもらっているんじゃ損だよ」というのも同じ意味なのですが、せっかく働いているのですから、報酬と福利厚生を与えられているだけで満足してはいけません。自分の履歴書にしっかり書けるような仕事を同時に獲得していった方がいいに決まっています。


岡田祥吾

僕たちがやろうとしているのは、既存のサービスと競合するんじゃなくて、今あるサービスをいかに使うかを教えることなんですね。例えばオンライン英会話に登録してもらって、それをどううまく活用するか我々が教えるということも実際にします。なので既存のサービスは僕らからするとパートナーみたいなものですね。彼らが英語を教える一方で、僕らは英語をどうやって勉強するのかを教えています。


児玉光雄

目標を設定する最大の意味は、その目標を達成することではありません。むしろ、適正水準の目標設定をすることにより、モチベーションを最大にすることの方が重要なのです。適正水準の目標設定が強固なモチベーションを発生させます。


石田淳(コンサルタント)

上司がイライラしがちな職場では、上司と部下のコミュニケーション量が少ない傾向にあります。コミュニケーションが少ないと、部下は「自分は上司に嫌われている」「ダメな部下だと思われている」と感じ、仕事に対して後ろ向きになります。それを見て、上司はまたイライラする。そんな悪循環に陥っている職場は非常に多いのです。