名言DB

9425 人 / 110833 名言

晝馬輝夫の名言

twitter Facebook はてブ

晝馬輝夫のプロフィール

晝馬輝夫、ひるま・てるお。日本の経営者。静岡県出身。光技術を核とした研究開発を行う電子メーカー浜松ホトニクス会長。浜松工業専門学校(のちの静岡大学工学部)機械科卒業後、浜松テレビ(のちの浜松ホトニクス)に入社。専務などを経て社長に就任。そのほか光科学技術研究振興財団理事などを務めた。同社は小柴昌俊氏にノーベル賞を受賞させたカミオカンデの光電子増倍管を作った企業として有名。

晝馬輝夫の名言 一覧

日本の企業には暗黙知(言語化できない身体を基盤とする知識)が詰まっている。その宝の山を利用することが大切です。


単純作業を繰り返す中で、高い問題意識を持ち、それをとことん究明する。それができるかどうかが仕事をするうえで大切なのだと思います。


我々は「ああでもない」「こうでもない」と、日々試行錯誤を繰り返しているんです。私は50年この会社にいて、いまだに「チクショウ、チクショウ」と思っている。まだまだわからないことが多いんです。


企業の技術力を高めるためには、質の高い人材を育成することが避けては通れない課題です。日本の大学は海外のものを日本に伝えることしかやってこなかった。だから、形式知しか伝わらず、自分で見つけるというサイエンスの心を育ててこなかった。日本の基礎化学が育たなかったのはそのためです。


一流大学を卒業した新入社員に、光電管に使うガラス管を洗う仕事をさせたことがあります。毎日ごしごしと洗う単純な仕事をさせて、一か月くらいたったころ会社の門の前で、この社員が私を待っていました。彼は「いったいいつまでガラス管を洗えばいいんでしょうか?」と不満をぶつけてきた。私は「それなら聞くが、いったい何のためにガラス管を洗っているかわかるか?」と言うと、「きれいにするためです」という答えが返ってきました。「ガラス管がすり減るまで洗うなよ。きれいになるということはどういうことかよく考えろよ」と言いました。それで気が付いたようで、彼はガラス管の表面はどうなっているのかについて強い関心を持ち、きれいになるとはどういうことかを研究するようになったのです。


浜松ホトニクスは創業以来、光と物質の相互作用に関する研究を続けています。未知未踏は大学院を出て高等教育を受けたらわかると思ったら大間違いです。たとえば、光がどうして電子をはじき出すのか。それは光が当たり、電子が飛び出るからだ。では、光のどの部分が電子のどの部分にあたるのか?突き詰めていくと、いくら学校で勉強したからと言っても我々は「光とはなんであるのか」「電子とはなんであるのか」ということがわかっていない。


晝馬輝夫の経歴・略歴

晝馬輝夫、ひるま・てるお。日本の経営者。静岡県出身。光技術を核とした研究開発を行う電子メーカー浜松ホトニクス会長。浜松工業専門学校(のちの静岡大学工学部)機械科卒業後、浜松テレビ(のちの浜松ホトニクス)に入社。専務などを経て社長に就任。そのほか光科学技術研究振興財団理事などを務めた。同社は小柴昌俊氏にノーベル賞を受賞させたカミオカンデの光電子増倍管を作った企業として有名。

他の記事も読んでみる

吉越浩一郎

残業をしないといっても、もちろん、上司から指示を受けた仕事を無理やり拒否しろとか、仕事を他人に押し付けろとか、そういう対症療法のようなことを言っているのではありません。根本的に仕事を効率化して、それまで残業してやっていた分も、就業時間内に片づけてしまえと言っているのです。


石渡美奈

会社全体であろうと、その中の小さなチームであろうと、トップに立つ人がいい「気」を流すことが組織の活性化につながり、お客様の満足にもつながります。


土岐大介

人はわかりやすい説明には興味を持ちやすく、簡潔な答えには反応を示しやすい。


樋口泰行

企業で何かを実行するには組織力が重要です。その基になるのは一人ひとりの社員。彼ら彼女らが自ら考え、「腹落ち」したうえで仕事に取り組める環境を作るのが、社長時代のテーマでした。


森谷弘史

中堅の技術者への権限委譲を進めていきます。また、国内外の技術者で合同のプロジェクトチームをつくるなど、組織を活性化させる仕掛けを考えます。


高橋英樹(俳優)

私自身、勘違いをしていた時期がありました。10代の終わりから20代の半ばまで。若いときにデビューをし、役も主役をやらせてもらってましたから、若造の意気がりがありました。幸運だったのは叱ってくれる人がいたこと。昔の女優さんで浪花千栄子さんという方がいらっしゃいました。ロケバスの何席か前にじっと座ってらっしゃった浪花さんがふと振り返って、「あんた、変わらはったなぁ」と仰った。このひと言が僕の人生を助けたというか、変えてくれた瞬間でした。僕は冷や水を浴びせられたように、自分の行いを反省する機会をもらったわけです。この前ご一緒した時はロケに参考書を持ち込み、勉強しながら仕事をしていた、と。もし、浪花さんのひと言がなかったら私は売れてないですよ。もっとくだらねぇ役者のまんま、20代、30代で潰れてます。


山内隆司

社長になって中東のある国に代金回収に行ったとき、私が本社で聞いている報告と現地での見聞は違うということを痛感しました。報告がまったく嘘だったわけではなく、報告されていたことに関しては嘘ではなかったのですが、上司に言いたくないことは報告されていなかった。現地に行って自分の目と耳で直接確かめたら、これがはっきりとわかったのです。以来私は、年に数回は必ず現場へ出かけていって、自分の目で現場を見るようにしているのです。


大美賀直子

イライラから離れるために最も手軽な方法は、足に意識を向けること。カッとなって頭に上った血を足の下まで落としていくイメージです。余計なことを考えないのがコツ。「落ち着こう」と考えれば考えるほど落ち着かず、かえってイライラします。シンプルに足に意識を向けてみましょう。足の裏の感触を確かめるような感じでやってみてください。


山下泰裕

人は誰でも自分の頑張りを評価してもらいたいと思っている。短所よりも長所を見ることを大事にすると、まわりの人との関係はかなりいい方向に変わる。


小林栄三

いかなる相手とのコミュニケーションであれ、私が一番大事に考えているのは、相手が何を言いたいのかを正確に把握することです。