名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

晝馬輝夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

晝馬輝夫のプロフィール

晝馬輝夫、ひるま・てるお。日本の経営者。静岡県出身。光技術を核とした研究開発を行う電子メーカー浜松ホトニクス会長。浜松工業専門学校(のちの静岡大学工学部)機械科卒業後、浜松テレビ(のちの浜松ホトニクス)に入社。専務などを経て社長に就任。そのほか光科学技術研究振興財団理事などを務めた。同社は小柴昌俊氏にノーベル賞を受賞させたカミオカンデの光電子増倍管を作った企業として有名。

晝馬輝夫の名言 一覧

日本の企業には暗黙知(言語化できない身体を基盤とする知識)が詰まっている。その宝の山を利用することが大切です。


単純作業を繰り返す中で、高い問題意識を持ち、それをとことん究明する。それができるかどうかが仕事をするうえで大切なのだと思います。


我々は「ああでもない」「こうでもない」と、日々試行錯誤を繰り返しているんです。私は50年この会社にいて、いまだに「チクショウ、チクショウ」と思っている。まだまだわからないことが多いんです。


企業の技術力を高めるためには、質の高い人材を育成することが避けては通れない課題です。日本の大学は海外のものを日本に伝えることしかやってこなかった。だから、形式知しか伝わらず、自分で見つけるというサイエンスの心を育ててこなかった。日本の基礎化学が育たなかったのはそのためです。


一流大学を卒業した新入社員に、光電管に使うガラス管を洗う仕事をさせたことがあります。毎日ごしごしと洗う単純な仕事をさせて、一か月くらいたったころ会社の門の前で、この社員が私を待っていました。彼は「いったいいつまでガラス管を洗えばいいんでしょうか?」と不満をぶつけてきた。私は「それなら聞くが、いったい何のためにガラス管を洗っているかわかるか?」と言うと、「きれいにするためです」という答えが返ってきました。「ガラス管がすり減るまで洗うなよ。きれいになるということはどういうことかよく考えろよ」と言いました。それで気が付いたようで、彼はガラス管の表面はどうなっているのかについて強い関心を持ち、きれいになるとはどういうことかを研究するようになったのです。


浜松ホトニクスは創業以来、光と物質の相互作用に関する研究を続けています。未知未踏は大学院を出て高等教育を受けたらわかると思ったら大間違いです。たとえば、光がどうして電子をはじき出すのか。それは光が当たり、電子が飛び出るからだ。では、光のどの部分が電子のどの部分にあたるのか?突き詰めていくと、いくら学校で勉強したからと言っても我々は「光とはなんであるのか」「電子とはなんであるのか」ということがわかっていない。


晝馬輝夫の経歴・略歴

晝馬輝夫、ひるま・てるお。日本の経営者。静岡県出身。光技術を核とした研究開発を行う電子メーカー浜松ホトニクス会長。浜松工業専門学校(のちの静岡大学工学部)機械科卒業後、浜松テレビ(のちの浜松ホトニクス)に入社。専務などを経て社長に就任。そのほか光科学技術研究振興財団理事などを務めた。同社は小柴昌俊氏にノーベル賞を受賞させたカミオカンデの光電子増倍管を作った企業として有名。

他の記事も読んでみる

ホメロス

生命は黄金を積むも、これを買うことができない。


小山龍介

勉強そのものがつらいわけではありません。環境を整えれば楽しくなるんです。また、部屋は暗めにして、手元だけ明るくすると、集中力が上がります。


近藤淳也

相手が言うことを単に肯定するだけでなく、それに対して違う意見を表明することで、初めて議論の拡がりが出て、次の次元に議論が進めるということだと思う。


朝倉千恵子

私は弊社の今年の新入社員に、「うちは厳しいよ。だけどここで勉強したことは、あなたの人生に必ず役に立つ。一緒に会社の歴史をつくっていこう」と言いました。ですから、覚悟して来ているんです。甘い言葉に釣られて入ってくる人と厳しさを覚悟して入ってくる人では、心がまえがまったく違います。


山田昌弘

余計な嫉妬心や競争心などは脇に置き、まず他人を承認することです。他者を承認しない人は、絶対に他者からも承認されません。当たり前のことですが、人を幸せにすることが、すなわち自分自身を幸せにする近道なのです。


三谷幸喜

映画監督は仕事を依頼されてやらせていただいているものですから、プロデューサーやいろんな人の意見を聞きながら、それを総合しつつ、「いいですね、そうしましょう」と。そう思っていなくても言ったりもします(笑)。だけど、その中で本当に自分のやりたいことは曲げないように。曲げられるところは曲げて。社会人としての人間関係も大事ですから。そういうところを探り探りやりながら作っていくのは、どんな現場、どんな仕事でも同じだと思います。


須磨久善

自分ができたこととできなかったこと、そして、自分の力ではどうにもならなかったことを整理して、それを引き出しに入れていく。いたずらに患者さんを死なせてしまったと嘆くのではなく、次にどう反映させるかを考えることが、亡くなった方への最大の供養だと思います。


新浪剛史

僕の持論で、改革というのは長くやってはいけない。長くて2年です。そして、人員削減をしていいのは1回きり。2回目以降はその経営者の責任です。だから、社長に就任してすぐに早期退職制度を用意しました。新しい体制は嫌だという1割強の社員が去っていきました。


中野信子

女性は男性より、心を平穏にするセロトニンの量が少なく、損害回避傾向が高めです。損害回避傾向がよい方向に働くと、「後で困らないように前もって片づけよう」という計画性につながりますが、悪い方向に働くと、「もし失敗したらどうしよう」といった不安から逃れるために別のことを始めたりします。そのときは自分を納得させるため、何か意味ありげなタスクに取りかかることが多い。切羽詰まると急に部屋の掃除をしたりするのも、そのせいです。


野口実(ABCマート)

輸入も素人でしたが、全部自分たちでやるんだと、取り組んできました。手間だからって何か他の会社にやってもらうとか、どこかに委託することは一切やりません。全部自分たちでやる。非効率なことにチャンスありだと心から思っています。


山本真司

中堅のビジネスマンは「自分が頑張る」だけでは駄目です。チームで仕事を回す仕組みをつくらなければ潰れます。


村山甲三郎

趣味で小学生の頃から水泳を続けている。泳ぐ場所は通勤途中にあるスポーツクラブ。仕事帰りに立ち寄ったり、空いている時間を見つけて行っている。疲れていて今日は泳ごうかどうかと迷っているときも、泳いだ後はとてもスッキリした感じになる。これはやはり、水泳が有酸素運動だからだろう。