名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

晝馬輝夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

晝馬輝夫のプロフィール

晝馬輝夫、ひるま・てるお。日本の経営者。静岡県出身。光技術を核とした研究開発を行う電子メーカー浜松ホトニクス会長。浜松工業専門学校(のちの静岡大学工学部)機械科卒業後、浜松テレビ(のちの浜松ホトニクス)に入社。専務などを経て社長に就任。そのほか光科学技術研究振興財団理事などを務めた。同社は小柴昌俊氏にノーベル賞を受賞させたカミオカンデの光電子増倍管を作った企業として有名。

晝馬輝夫の名言 一覧

日本の企業には暗黙知(言語化できない身体を基盤とする知識)が詰まっている。その宝の山を利用することが大切です。


単純作業を繰り返す中で、高い問題意識を持ち、それをとことん究明する。それができるかどうかが仕事をするうえで大切なのだと思います。


我々は「ああでもない」「こうでもない」と、日々試行錯誤を繰り返しているんです。私は50年この会社にいて、いまだに「チクショウ、チクショウ」と思っている。まだまだわからないことが多いんです。


企業の技術力を高めるためには、質の高い人材を育成することが避けては通れない課題です。日本の大学は海外のものを日本に伝えることしかやってこなかった。だから、形式知しか伝わらず、自分で見つけるというサイエンスの心を育ててこなかった。日本の基礎化学が育たなかったのはそのためです。


一流大学を卒業した新入社員に、光電管に使うガラス管を洗う仕事をさせたことがあります。毎日ごしごしと洗う単純な仕事をさせて、一か月くらいたったころ会社の門の前で、この社員が私を待っていました。彼は「いったいいつまでガラス管を洗えばいいんでしょうか?」と不満をぶつけてきた。私は「それなら聞くが、いったい何のためにガラス管を洗っているかわかるか?」と言うと、「きれいにするためです」という答えが返ってきました。「ガラス管がすり減るまで洗うなよ。きれいになるということはどういうことかよく考えろよ」と言いました。それで気が付いたようで、彼はガラス管の表面はどうなっているのかについて強い関心を持ち、きれいになるとはどういうことかを研究するようになったのです。


浜松ホトニクスは創業以来、光と物質の相互作用に関する研究を続けています。未知未踏は大学院を出て高等教育を受けたらわかると思ったら大間違いです。たとえば、光がどうして電子をはじき出すのか。それは光が当たり、電子が飛び出るからだ。では、光のどの部分が電子のどの部分にあたるのか?突き詰めていくと、いくら学校で勉強したからと言っても我々は「光とはなんであるのか」「電子とはなんであるのか」ということがわかっていない。


晝馬輝夫の経歴・略歴

晝馬輝夫、ひるま・てるお。日本の経営者。静岡県出身。光技術を核とした研究開発を行う電子メーカー浜松ホトニクス会長。浜松工業専門学校(のちの静岡大学工学部)機械科卒業後、浜松テレビ(のちの浜松ホトニクス)に入社。専務などを経て社長に就任。そのほか光科学技術研究振興財団理事などを務めた。同社は小柴昌俊氏にノーベル賞を受賞させたカミオカンデの光電子増倍管を作った企業として有名。

他の記事も読んでみる

岩田松雄

部下に資料の作成を頼むとき、優秀な上司は「役員会で使いたい」「私の備忘録として」というように、資料作成の目的を一緒に話します。目的が共有できていれば、あとは部下が自分なりに工夫して資料をつくってくれるからです。一方、ダメな上司は「このデータをグラフで入れて」と細かく指示を出す。このような指示は創造性を発揮する余地がないため、部下は前向きに取り組みにくいでしょう。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

適材を確保すると同時に、適材を核となる席に座らせることも肝心です。戦略上、最重要なポストに適材を配置するということです。厳しい環境下で、全席に適材を配置するほどの余裕はないはずです。つまり、適材をよりすぐる一方、核となる席を見極めることが重要です。


布施孝之

「47都道府県一番搾り」ではコンセプトづくりから各支社に任せたため、社内も活性化しています。社員にとっても「自分たちのビール」であり、地域に寄り添う気持ちが高まり、仕事へのやる気が生まれています。


後藤芳光

うちのチームの選手には時々、みんなぜひFA権を取って、取ったら値踏みをしろ、と言っています。FAは企業の株式公開のようなもので、自分の価値が第三者に評価される唯一のタイミングです。そういうステータスになる選手を、多く育てることが目標でもあります。活躍の場が仮にホークスでなかったとしても、ホークスがさらに認知されていく上では重要なステップだと思います。


雲川俊夫

ケチの省エネ経営に徹したのは、社員数を水ぶくれさせたあげくに、リストラを余儀なくされる事態だけは避けようと考えたからです。社員は会社の宝なのだから、定年まで働き続けてもらいたい。会社の都合で、一人でも社員に辞めてもらわざるを得ない事態になったら、まず自分自身をクビにする。社長になった当時の社員向け経営方針説明会で、私はそう宣言しました。社員のクビに手を伸ばす前に、自分の退路を断っておいたのです。


小泉光臣

JTの経営を語るとき、私はリスクヘッジとリスクテーキングのふたつの概念を重要視します。ポートフォリオとは経営資源を分散させるリスクヘッジの概念です。一方で、選択と集中というリスクテーキングの概念も必要になります。ただしこのふたつは相反する概念ですから、両者をどれだけマネジメントできるかが、経営陣の役目だと考えています。


鳥羽博道

信頼というものは一夜にしてできるものではない。しかしながら、長年にわたって築き上げてきた信頼、信用を一夜どころか、ほんの一瞬の不注意で失ってしまうことになる。商売をするものにとってこれほど情けないことはない。


高原豪久

働き方改革の本質的な目的は仕事を通じて理想の自分に近づいていくこと。従業員がどんな人生を選んでも「自己実現」に向かえるように多様な働き方をサポートするのは企業の役割でもあるはず。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

つらい時は、引退して海外で勉強したいということばかり考えていた。でも、最後には踏み留まることになりました。コンビニやスーパーの店頭で10年以上生き残った商品に対する責任を感じたと言うか、デザインしたものが企業と自分の子どものようで見捨てられなかったんですね。


サンキュータツオ

専門的な研究を面白おかしく伝えるのが芸人としての役目だと思っているので、とっかかりとして「どうでもいいよ!」と突っ込ませてもらっています。でも馬鹿にする感じにはしたくない。こちら側に身を置いて、向こう側にいる人を笑いものにするのではなく、読者と一緒に向こう側を覗いてみよう、そこには思いもよらない景色があるかもしれないよ、というのが本書(『ヘンな論文』)のスタンスです。


佐藤航陽

経済システムの研究を重ねてわかったのが「よくできた企業やサービスの共通点は、個人に依存せず仕組みで動く」ということ。会社組織にしても仮想通貨と同じで、管理者がいなくても、そこで働く社員が勝手に考えて勝手に動いている状態が理想です。だから私が社員に指示したり、注意したりするのであれば、それはシステムが甘い証拠。システムの設計者はその一部に組み込まれることなく、システムを俯瞰してチューニングするべきです。


セネカ

困難だからやろうとしないのではない。
やろうとしないから困難なのだ。