名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

晝馬明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

晝馬明のプロフィール

晝馬明、ひるま・あきら。日本の経営者。「浜松ホトニクス」社長。米国ニュージャージー州立ラトガース大学卒業後、浜松ホトニクス入社。米国ホトニクス・マネジメント・コーポ副社長、浜松ホトニクス理事、米国ハママツ・コーポレーション社長などを経て浜松ホトニクス社長に就任。

晝馬明の名言 一覧

競争力の源泉は性能へのこだわり。中央研究所から現場まで、製品の性能向上に取り組んでいる。


社内には製品開発から製造、販売までの責任を持つ独立採算のビジネスユニットが43あり、おのおのが切磋琢磨して開発に取り組んでいる。


我々の製品そのものが社会貢献。研究機関や医療機器などに使ってもらい、科学技術の発展そのものに貢献している。それが社員のプライドでもある。


普通の会社の研究開発がヒットを狙うライフルなら、当社は散弾銃。そちらの方向を向いて弾を撃つと、予想外のところで応用品が生まれる。


全部門が黒字化するように計画を立て、進捗を随時チェックしている。


学術分野向けの仕事は、一般産業向けに比べて利が薄いという時もある。だが、そこで培った技術を使った製品が後に大きな収益を生んだというケースが少なからずある。


光電子増倍管の製造は手作業の工程も多い職人技の世界。感度を上げるため、日々工夫し、トライアンドエラーを繰り返している。そういった現場の暗黙知の蓄積が高性能な製品を生み出す源になっている。


広範な業界に製品を供給しているので当社の業績は比較的景気の波を受けにくいが、それでもリーマン・ショックの時には大きく落ち込んだ。だが、景気が回復すれば顧客は必ず戻ると信じていた。それは製品に絶対の自信があるからだ。実際にV字回復を果たせた今、継続的な研究開発の重要性を改めて感じている。


コストより性能を優先する分野向けの仕事が多いので、高性能な製品は高い利益に結びつく。加えて当社の根底には「世界一の製品を作ればお金は後から付いてくる」という考えがある。


開発は顧客からの要望を受けて取り組むだけでなく、社内で新しい応用分野を考えて製品作りに取り込むことも重視している。逆ピラミッドの上辺の幅を広げるのは当社の使命でもあると考えている。


晝馬明の経歴・略歴

晝馬明、ひるま・あきら。日本の経営者。「浜松ホトニクス」社長。米国ニュージャージー州立ラトガース大学卒業後、浜松ホトニクス入社。米国ホトニクス・マネジメント・コーポ副社長、浜松ホトニクス理事、米国ハママツ・コーポレーション社長などを経て浜松ホトニクス社長に就任。

他の記事も読んでみる

酒井将

最初はイチからのスタートでしたが、ここにきて急速に育ってきました。弁護士の教育にはいろいろなやり方がありますが、一番はなんといっても事件を通した経験です。それによってノウハウを取得できます。


下田進

大学で自転車部だった者など、自転車が好きな人材があさひには入社してきますので、そういった点からもいい商品が生まれています。


西岡喬

技術の先進性と信頼性こそ、三菱重工のブランドと言えるものです。世界に持っていっても、太刀打ちできる技術があります。単なる生産技術ではなく、先進技術です。


堀義人

企業家精神は伝播していくものです。企業家精神を持った人と接する機会を多く設けていくと、「ああいうふうになりたい」と人間は感化されていくのです。憧れの人や目標になる人が近くにいると、活性化されていきます。


満尾正

つきあいで飲むお酒もほどほどにすべきです。酒は百薬の長と言いますが、本当は飲めないくらいがちょうどいい。ワインは心臓血管病予防にいいと言われていますが、かわりに肝臓がんが増えることも指摘されています。適量ならば問題ないというのも鵜呑みにしてはダメ。国際基準として1日に男性2合、女性1合と言われていますが、日本民族のアルコール分解能力は世界最下位。国際基準の量では、飲みすぎになっているかもしれません。


深澤真紀

人に教えることは、実は習うことよりもずっと面白いし楽しいのです。教えるためには習ったこと以上の勉強が必要ですし、教える相手によって反応が違うことも面白い。奥の深い世界です。ずっと教わってばかりでは上達しないだけでなく、その楽しみも知らないままになってしまうのですから、本当にもったいないのです。


早川幸治

英語のライティングは、「使う可能性のある文章」を想定し、実際に書いてみましょう。ビジネスシーンで使う英語は、難しい単語や独特の表現が多い一方で、「型が決まっている」という利点もあります。いくつかのパターンを覚えさえすれば、すぐに使える・通じる英語として活用できるのです。


小澤竹俊

人の本当の強さとは、「レジリエンス(復元力)」だと思います。強い人は自分の弱さを知った上でなお心が折れない。なぜなら誰かに支えられていると実感し、自らを委ねることができるから、自分ではどうにもならない問題を前にしても穏やかでいられるのです。


西多昌規

まずは肉体の疲労をとろう。体が疲れていると「どうせ自分は駄目だ」と、自虐的になりがちで、人の評価に依存しやすくなる。睡眠時間を確保し、まずは元気を取り戻そう。蓄積した体の疲労がとれると、心に自信がわいてくる。


麻生哲朗

初期の段階で浮かんだアイデアの多くは、「カチッとはまらないな」と違和感を覚える。そういう時は大抵、シナリオに抜け漏れがあるので考え直します。


矢島純一

闘争心も若い頃のままです。勝ったらうれしい、予選に落ちたら悔しくて眠れない。


加谷珪一

これから収入を増やしたいと思っているなら、コストが高くても通勤時間のかからない所に住み、その時間を勉強に充てたほうがいい。