名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

晝馬明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

晝馬明のプロフィール

晝馬明、ひるま・あきら。日本の経営者。「浜松ホトニクス」社長。米国ニュージャージー州立ラトガース大学卒業後、浜松ホトニクス入社。米国ホトニクス・マネジメント・コーポ副社長、浜松ホトニクス理事、米国ハママツ・コーポレーション社長などを経て浜松ホトニクス社長に就任。

晝馬明の名言 一覧

競争力の源泉は性能へのこだわり。中央研究所から現場まで、製品の性能向上に取り組んでいる。


社内には製品開発から製造、販売までの責任を持つ独立採算のビジネスユニットが43あり、おのおのが切磋琢磨して開発に取り組んでいる。


我々の製品そのものが社会貢献。研究機関や医療機器などに使ってもらい、科学技術の発展そのものに貢献している。それが社員のプライドでもある。


普通の会社の研究開発がヒットを狙うライフルなら、当社は散弾銃。そちらの方向を向いて弾を撃つと、予想外のところで応用品が生まれる。


全部門が黒字化するように計画を立て、進捗を随時チェックしている。


学術分野向けの仕事は、一般産業向けに比べて利が薄いという時もある。だが、そこで培った技術を使った製品が後に大きな収益を生んだというケースが少なからずある。


光電子増倍管の製造は手作業の工程も多い職人技の世界。感度を上げるため、日々工夫し、トライアンドエラーを繰り返している。そういった現場の暗黙知の蓄積が高性能な製品を生み出す源になっている。


広範な業界に製品を供給しているので当社の業績は比較的景気の波を受けにくいが、それでもリーマン・ショックの時には大きく落ち込んだ。だが、景気が回復すれば顧客は必ず戻ると信じていた。それは製品に絶対の自信があるからだ。実際にV字回復を果たせた今、継続的な研究開発の重要性を改めて感じている。


コストより性能を優先する分野向けの仕事が多いので、高性能な製品は高い利益に結びつく。加えて当社の根底には「世界一の製品を作ればお金は後から付いてくる」という考えがある。


開発は顧客からの要望を受けて取り組むだけでなく、社内で新しい応用分野を考えて製品作りに取り込むことも重視している。逆ピラミッドの上辺の幅を広げるのは当社の使命でもあると考えている。


晝馬明の経歴・略歴

晝馬明、ひるま・あきら。日本の経営者。「浜松ホトニクス」社長。米国ニュージャージー州立ラトガース大学卒業後、浜松ホトニクス入社。米国ホトニクス・マネジメント・コーポ副社長、浜松ホトニクス理事、米国ハママツ・コーポレーション社長などを経て浜松ホトニクス社長に就任。

他の記事も読んでみる

井植歳男

自由にものを創造し、改善することの好きな私の性格では、軍隊は窮屈すぎる。自分の実力通りに働けるところが一番幸福であり、世のためにもなると考えていた。
【覚書き|兵役中に模範兵だったため除隊時に軍の幹部に軍人にならないかという誘いを断ったことについて語った言葉】


渡辺元智

横浜高校にはプロ志望の生徒が集まってきます。そうした彼らには入学直後、「君たちの中でプロになれるのはせいぜい1人」と話します。4人がプロ入りした学年もありますが、ならすと1学年1人という実績なんです。だからといって諦めてはいけない。甲子園やプロを目指して努力を重ねる。その結果、最後までベンチに入れなくても、「あの横浜で3年間頑張った」という経験は必ず自信になる。その自信をもって人生の勝利者を目指しなさいと。


江見朗

人はみな平等であり、人生の目的は幸せになることで、そのために仕事をする。


金子英樹(経営者)

採用では金融知識や業界経験を解いません。それよりも論理的な思考力や柔軟性が重要です。当社には、それらの人材を短期間で鍛えるノウハウがあります。また、全社員に年俸制を導入し、大きな成果をあげています。


堀之内九一郎

どんなことでも一度信用を失うと、それを取り戻すのは、本人が思っている以上に大変です。10回は疑われることを覚悟した方がいいのです。逆に言えば、10回まじめにやれば、人は信用してくれるのです


田島弓子

1週間のタスクは前週の金曜日の退社前に、1日のスケジュールは前日の退社前に書いていました。前の晩のうちに「明日はこれをする」と翌日のことを把握しておけば、仕事のことを一時安心して忘れることができます。また翌朝の立ち上がりも早いですし、決められたタスクを塗りつぶしていくことに集中できるので、気分的にものすごく楽でした。


金井昭雄

当社の経営、営業を支える基盤といえるのが「富士メガネ総合情報システム」(FTIS)というオンライン顧客管理システム。同システムのよい点は、全社あるいは各営業店で、いま何がどのくらい売れていて、何が売れていないのか、誰が売っていて、誰がどんな仕事をしているのかということが、全部分かるようになっていることです。また社員それぞれ得意・不得意分野も違い、取扱商品の単価や数量ベース、作業スピードも異なりますが、同システムでは、それらを含むありとあらゆる情報が数字に表れるようになっているので、スタッフの指導についても非常に有効に機能しています。


渡邉美樹

(東日本大震災で被災した陸前高田市の)瓦礫の中に立つと、国政の重要さを改めて感じますね。この3か月間、被災地の復興はほとんど一歩も前に進むことができないでいます。現地には今、大きく二つの問題があります。ひとつは住居です。確かに仮設住宅は数が揃いつつあります。しかし、夏は暑く、冬は寒い建物です。仮設にさえ入れば大丈夫とはとても言えません。先日、陸前高田市の仮設住宅入居者からこんな話を聞きました。有名な政治家が、仮設住宅までやってきて、玄関先で2、3分話をして、握手をして、それで帰ってしまった。入居者の方は怒っていました。部屋の狭さ、温度管理の難しさ、そういったものを全く見ずに帰ったと。


本多均

高まったモチベーションを維持する工夫もしています。役職はローテーション制で、多くの社員にチャンスを与える仕組みです。また、そのために机の並びは役職に関係なく全員同列です。同時に、社員のモチベーションを下げる要因を知ることも大切です。社員が不安視している要因を一つずつ取り除き、下地を作ることで初めて、モチベーションは上がるからです。


畑村洋太郎

いまの企業の中では、真面目ということの質が変わっていないだろうか。最近、頻発する工場の火災や爆発事故を見てそう感じています。私は組織や人の犯した様々な失敗を研究し、その中から新たな知恵を学ぶ失敗学というものに取り組んでいます。この視点で見ると、いまのビジネスマンたちは自分で考えるということを忘れかけていないかと思えるのです。「もし問題が起きるとしたら何か」と考える真面目さが必要だと思うのです。


ジミー大西

マルタでは友達とルームシェアしてました。みんな安く済ませたいから3人で住むといいながら最高6人で暮らしたりとか。仲間は日本人や韓国人の留学生、いろんなことを目指している子ばっかり。絵描きで40代なのは僕だけでした。でも、僕とおったら周りは歳を気にしないみたいで、年上なのにみんなから「ジミー」「ジミー」と呼ばれているし。僕も歳の差を気にしないし。「外国やから、ええわ」ってなもんで。もうずっと青春しっぱなしですわ(笑)。


成毛眞

私はマイクロソフト日本社長時代、新入社員に「入社して3年は365日、24時間働け」と言っていました。私自身、最初に入ったメーカーでがむしゃらに働いた経験が30代で活きました。たとえば、毎日英文テレックスを1時間くらいかけて打つのですが、これが英語の契約書を読む能力につながった。だからこそ30代で「手を抜くところは抜く」ことができたし、同じことを若手にも伝えたかったのです。