晝馬明の名言

晝馬明のプロフィール

晝馬明、ひるま・あきら。日本の経営者。「浜松ホトニクス」社長。米国ニュージャージー州立ラトガース大学卒業後、浜松ホトニクス入社。米国ホトニクス・マネジメント・コーポ副社長、浜松ホトニクス理事、米国ハママツ・コーポレーション社長などを経て浜松ホトニクス社長に就任。

晝馬明の名言 一覧

競争力の源泉は性能へのこだわり。中央研究所から現場まで、製品の性能向上に取り組んでいる。


社内には製品開発から製造、販売までの責任を持つ独立採算のビジネスユニットが43あり、おのおのが切磋琢磨して開発に取り組んでいる。


我々の製品そのものが社会貢献。研究機関や医療機器などに使ってもらい、科学技術の発展そのものに貢献している。それが社員のプライドでもある。


普通の会社の研究開発がヒットを狙うライフルなら、当社は散弾銃。そちらの方向を向いて弾を撃つと、予想外のところで応用品が生まれる。


全部門が黒字化するように計画を立て、進捗を随時チェックしている。


学術分野向けの仕事は、一般産業向けに比べて利が薄いという時もある。だが、そこで培った技術を使った製品が後に大きな収益を生んだというケースが少なからずある。


光電子増倍管の製造は手作業の工程も多い職人技の世界。感度を上げるため、日々工夫し、トライアンドエラーを繰り返している。そういった現場の暗黙知の蓄積が高性能な製品を生み出す源になっている。


広範な業界に製品を供給しているので当社の業績は比較的景気の波を受けにくいが、それでもリーマン・ショックの時には大きく落ち込んだ。だが、景気が回復すれば顧客は必ず戻ると信じていた。それは製品に絶対の自信があるからだ。実際にV字回復を果たせた今、継続的な研究開発の重要性を改めて感じている。


コストより性能を優先する分野向けの仕事が多いので、高性能な製品は高い利益に結びつく。加えて当社の根底には「世界一の製品を作ればお金は後から付いてくる」という考えがある。


開発は顧客からの要望を受けて取り組むだけでなく、社内で新しい応用分野を考えて製品作りに取り込むことも重視している。逆ピラミッドの上辺の幅を広げるのは当社の使命でもあると考えている。


晝馬明の経歴・略歴

晝馬明、ひるま・あきら。日本の経営者。「浜松ホトニクス」社長。米国ニュージャージー州立ラトガース大学卒業後、浜松ホトニクス入社。米国ホトニクス・マネジメント・コーポ副社長、浜松ホトニクス理事、米国ハママツ・コーポレーション社長などを経て浜松ホトニクス社長に就任。

他の記事も読んでみる

森崎博之

表現というものを、上辺だけではなくて、心底から伝えていきたいですよね。憑依っていうのかな。実際に彼らを演じる瞬間、自分がどういう気持ちになるのか、毎回怖いですよね。でもそれが演技っていうものなのかなと今は思います。


阿部智里

書きたいことは私の本能が目指していることで、この職につきたいと思った根源的な部分。


熊谷眞一

私も先日、71歳になりましたが、新会社を設立し「もう一度、ベンチャー」です。まだまだ負けないぞというのが、若い人たちに対する私からのメッセージです。


ムーギー・キム(金武貴)

今の若い世代の仕事に対する考え方も昔とは異なり、仕事を通じて自己実現したいという気持ちがとても強くなっています。天職の基本は、興味もあって、なおかつ市場価値が高いことです。また、成長実感を得られる仕事に対しては前向きに取り組みますし、意欲も長続きします。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

「人材」という言葉を辞書で引いてみると「才能があり、役に立つ人」と書いてあります。また、「人材育成」とは「将来のために、有用な人物、専門的な知識を持った人物を育てること」。つまり、人材育成には、「将来のため」という視点が必要だというわけです。


大橋洋治

社員との直接対話を始めた頃は、私が一方的に喋っていました。でもそれでは駄目だなと。私の話すことに賛同する人も、反対の人もいる。そこで双方向で話さないと駄目だなと感じるようになりました。


野坂英吾

タイに進出しました。日本で培ってきたノウハウを現地に適用し、調整を重ねているところです。顧客のニーズは地域によって全く異なりますからね。日本人のコミュニティが近くにあれば、転勤時期などに応じて集中してモノが動きます。今後はより現地に溶け込み、地域に即した店舗に仕上げることが目標です。店舗のマネジメントも、現時点では日本人に任せていますが、いずれタイ人のスタッフにも関わってもらいたいと考えています。


木川眞

社員へのメッセージはわかりやすさこそ重要なんです。どんなに優れた経営戦略を立てても、それが現場に伝わらないと意味がありません。伝える努力をせず、現場ができていないと怒っても仕方がないでしょう。まず経営者がメッセージを伝える努力をすることが重要です。


遠藤結蔵

スピード経営を実践していく上で問題になるのは、企業の成長のスピードに人材育成のスピードが追いつくかということです。そこで、当社では既存の直営店に人員を厚めに配置し、OJTを中心にして店長候補や店舗運営スタッフを短期間で育て、新規店舗に送り出しています。まず法令知識や業務関連のマニュアルについて座学で学んだあと、店長のもとで実際に業務を見て覚え、自分で動きながら「さじ加減」を覚えていくのです。


矢作芳人

調教師試験に落ち続けていた時期、僕は焦りを感じたことがなかった。子供の頃から歴史小説を読んでいたことが、時間を捉え直す力を育んでくれたからです。例えば戦国時代、人々は100年以上も戦火の下で暮らさなければならなかった。それに比べたら、十数年の「浪人」なんて、一瞬の出来事に過ぎないと思っていました。


松本洋(コンサルタント)

管理職は、自分の部署の数値目標を全員に知らしめて、その目標について、説得力のある理由を部下に説明し、納得してもらうことが必要。また数値目標に対して現在の達成値がどれくらいか資料を見ずに答えられ、そのギャップを埋めることができなければなりません。


植木理恵

「明日できることは、明日しなさい」が、心を楽にするルール。


古川雅一

私がよく使う比喩ですが、富士山は、東京から眺めると小さく見えます。一方、目の前の高層ビルは、富士山よりも実際には遙かに小さいのに、とても大きく見える。目先の利益に目が行ってしまうのはそれと似ています。


前田新造

社長に再就任した際、海外の有力メーカーなどと戦うためにはどうしていくべきかと考え、「資生堂らしさ」という強みを磨くことが必要と考えた。


野口孝広

自分で考えてもらうことも重要なのですが、やはりその前に身につけるべき「型」がある。


ページの先頭へ