時国益夫の名言

時国益夫のプロフィール

時国益夫、ときくに・ますお。キリンビール社長・会長。東京大学卒業後、麒麟麦酒(キリンビール)に入社。社長・会長を務めた。

時国益夫の名言 一覧

一工場の生産量に見合うだけ売れるようになった時点で、初めてその地域に工場を建設する。すると、完成すると同時にフル操業が行われるのであって、設備が遊ぶことはない。【覚書き:工場建設に関する持論を語った言葉。一般の企業の場合、商品が売れる前に大きな工場を作って生産を増やし大量に売ろうとするが、それではリスクが大きく、商品が売れなかった場合に大きな損害が出るので避けろという戒めの言葉】


時国益夫の経歴・略歴

時国益夫、ときくに・ますお。キリンビール社長・会長。東京大学卒業後、麒麟麦酒(キリンビール)に入社。社長・会長を務めた。

他の記事も読んでみる

メンタリストDaiGo

皆がそれぞれに得意な部分に集中し、強みを出しあうことが、最強のチーム、最強の会社を作ることにつながります。誰でもほとんどのことは苦手なはず。苦手なことは諦めて他人に任せるべきなのです。その代わり、他人の苦手を補ってあげればいい。


理央周

結果や成果を意識して仕事をする人は、スピードも速い。何を最優先に進めなくてはいけないかを把握し、自分の能力なら達成するのにどれくらい時間がかかるかを理解しています。やりたいことはたくさんあるでしょうが、多くの人には何でもやれるほどの能力も時間もありません。結局、何かを諦め、何を人に任せるかを取捨選択して、大事なことを前に進められるかどうかなんです。


永守重信

下の人間が動くかどうかは、上の人間次第。


安田善次郎

易きを好み、難きを避けるは人の常である。勤倹は美徳であるが、その実行はすこぶる至難の業である。意志の強さ、すなわち克己心の養成を最も肝要とする。


勝谷誠彦

「イメチェン」は今回(兵庫県知事選)の戦略の最大の失敗。訳が分からないうちに髪を切られ、スーツを着させられ、写真も撮られて。結果、誰だか分からない。だけど陣営は大まじめにそうさせた。僕も選挙って全く知らない世界だからさ、そういうものなのかなと思うじゃない。でも大間違いだと思うよ。このままでさ、普通にやればよかったんだよ。


蒲島郁夫

リーダーは逆境の中で夢を語ることが大切。暗いトンネルを進んでいくわけですから、その先に夢がなければいけない。


藤田晋

本にビジネスの答えが載っていることはありません。本とは、適度な距離を取りながらつき合うことが大切。


玉塚元一

上司を変えないと駄目だとかいう人がいますが、上司を変える前に自分ができることはたくさんあります。上司のやり方が間違っていたり、課や部内に課題があると思うなら、真っ向から指摘して改善を提案すべきです。一人で起こせる波は小さいかもしれませんが、問題には逃げずに立ち向かっていけばいつか現状が変化します。


南壮一郎

話をするときに緊張してしまうのは、大きく分けて2つ原因があると思っています。ひとつは準備不足。もうひとつの原因は、場数が足りないことです。


長島徹

従業員を大切にする、雇用を維持し、増やすというのは経営者として非常に大事なことです。しかし、状況によって雇用を減らさなければならないときが出てきてしまう。本当はそんな状況に陥る前に、手を打って、雇用を維持する必要があるのです。それこそ経営者の役割で、既存路線にあぐらをかいている経営者と、次の時代を見すえて動いている経営者には如実に差が出ます。


飯野謙次

「忘れ物」を防ぐなら、まずは持ちもの自体を減らすことが必要。品数が少ないほど管理が簡単で、注意力も行き届くからです。「ないと絶対に困るもの」だけに絞り込んで持ち歩くのがコツです。それでも忘れてしまう場合は、「持っていかざるを得ない」状況を作ること。たとえば私は、その日絶対に忘れてはならないものを「靴の上」に置く、ときには「靴の中」に入れておくようにしています。


長沼睦雄

心の病を防ぐためには、少しずつ自己主張をしてみましょう。たとえば、急ぎの仕事を頼まれたとき、思い切って断ってみる。その場では勇気がいるかもしれませんが、心の病を患うよりはよほど良いはずです。


細川信義

貧すれば鈍する。第一印象だけでは、分からない。時系列に経営者をみることが重要です。


土井隆義

いまの新入社員は、懇切丁寧に教えてくれる上司や先輩を期待しています。遠くから見守るだけではかえって不安になります。このギャップを踏まえて付き合うべきでしょう。


大川隆法

感動を与える方法は、相手の気持ちや考えていることを察し、「相手にとって、今、必要なものは何か」ということを読むことです。そこにかけるエネルギーや智慧、あるいは言葉を惜しんではいけないのです。


ページの先頭へ