名言DB

9490 人 / 112001 名言

是川銀蔵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

是川銀蔵のプロフィール

是川銀蔵、これかわ・ぎんぞう。昭和の経営者、株式投資家・相場師。兵庫県出身。尋常小学校卒業後、14歳で貿易商に丁稚奉公に出る。貿易会社、貝ボタン工場、亜鉛メッキ工場などを経営したのち株式投資の世界に入る。最後の相場師と呼ばれた。

是川銀蔵の名言 一覧

男がいったんとりかわした約束は例え口約束でも反故に出来ん。約束は守って当然や。わしは二枚舌を使った経験など一度もない。


株式投資カメ三則

  1. 銘柄は水面下にある優良なものを選んでじっと待つ。
  2. 経済、相場の動きからは常に目を離さず自分で勉強する。
  3. 過大な思惑はせず、手持ちの資金で行動する。

投資五箇条

  1. 銘柄は人が奨めるものではなく、自分で勉強して選ぶ。
  2. 二年後の経済の変化を自分で予測し大局観を持つ。
  3. 株価には妥当な水準がある。値上がり株の深追いは禁物。
  4. 株価は最終的に業績で決まる。腕力相場は敬遠する。
  5. 不測の事態などリスクはつきものと心得る。

一度でも大勢を誤っていたら、私は消えていたはずだ。


人間には一生のうち二度や三度のチャンスはある。それを生かすか殺すかの決断のために、日常の努力と精進、そして真面目といった理論と実践とを通 じて日夜思考の訓練を重ねることが成功への確率を増進する。そのために数多くの真剣勝負を経験し、勝負勘を養うことだ。「勘」とは、経験の集積から湧き出 る真実的総合判断なのである。


相場は天井において最も強く見え、底において最も弱く見えるもの。


株式投資ならば相手は不特定多数だし、一人で勝負ができる。思惑が成功しても失敗しても自分の責任の範囲だ。それにいくら儲けようと誰にも恨まれることはない。


人が気付かぬところにいかに目を配り、人が気付く前にどれだけ早く行動しているか。買って、売って、休む。これが商売で成功する三筋道なのだ。これはまさに株で相場を張ると同じ呼吸なのである。腹八分目に医者要らず。勝つことのみを知りて負けることを知れざれば、害その身に至る。


分からんことがあったらお父さんに聞きなさい、あとは自分でやりなさい。若い者に政治をやらせなければ先は開けない。


経済には永遠の繁栄もなければ、永遠の衰退もない、これこそ資本主義の本質なのだ。大暴落の翌日は買って買って買いまくる。人生、のるかそるかの勝負の時があったら僕はやります。しかし、外れるような危なっかしいことはやりません。安心しとってください。


1980年代の株価暴落の原因は、機関投資家と称され、余剰資金を持つ生命保険会社や信託銀行などの、大口の投資家がその有り余るカネで株を買 い、相場をつり上げ操作していた結果。苦労して稼いだ自分のカネなら大事に使うのだろうが、他人のカネということでその扱い方がズサンなのだ。自分の実力 以上の思惑に走ってしまうのである。


日本の税制は株で儲けても巨万の富が築けるような仕組みにはなっていない。


これまで証券界百年を越える歴史の中で大相場師、大勝負師と言われる人はたくさん出てきた。ところが一人の例外もなく、せいぜい続いて4 年か5年、株の世界をパッと賑わしただけで消え去ってしまっている。これが株式投資の世界における勝負師といわれる人間の運命なのである。


株を利用し利益を得る。たしかにまじめに取り扱い着実な方法で勉強し、利殖の材料にできるかもしれない。しかし、株にはまり巨万の富を得、大金持ちになりたいとの目的では失敗する。


私にとって経済の研究は、最高の芸術なんや。芸術というものは、作者の純粋な気持ちを注ぎ込んで、情熱を持って作りあげられた作品が芸術として認められるわけですね。だから、例えば画家が全身全霊を打ち込み、一心不乱になってキャンパスに向かっているときの心境と、私が株式投資をやってるときの心境とは相通ずるものがあるのや。


たとえ失敗しても、誰にも非難されないような正々堂々たる失敗をしたいと思っている。これは株式投資だけではない。いかなる場合であろうとも、天下の正道を歩む。それを貫く信念のもとに生き抜くべきであろう。人間は金の奴隷ではないのだから・・・。


相手が破産寸前だからと、十億も二十億円もの価値のあるものを買い叩こうなど、そんな残酷なことはおやめなさい。これから大事業をやろうとしている時に、そんな精神では成功しませんぞ。相手が弱っておれば、それだけ高い値段で買ってあげなさい。私はつねづね、人の不幸に乗じてカネを儲けたくない、そう思ってきた。それが私の人生観であり、モットーである。


私は1日1日、それこそ真剣勝負をやっておるんです。失敗しても誰も助けてはくれんし、自分の努力で運命を開拓していく以外、生き残る道はない。だから私は1秒、1分間に全力を傾けて真剣勝負を続けました。だからどんな状況の時でも正確な判断が要求され、それを下してきた。


是川銀蔵の経歴・略歴

是川銀蔵、これかわ・ぎんぞう。昭和の経営者、株式投資家・相場師。兵庫県出身。尋常小学校卒業後、14歳で貿易商に丁稚奉公に出る。貿易会社、貝ボタン工場、亜鉛メッキ工場などを経営したのち株式投資の世界に入る。最後の相場師と呼ばれた。

他の記事も読んでみる

石川康晴

過去の成功が物事に対する思考や姿勢に偏りを生むのだと思います。過去の成功は褒められるべきことですが、その一方で、企業は新しいことに次々と挑戦しなければ収益源を生み出せない。過去の成功は通用しなくなる前提でいるという必要があるのです。そうすると、頼れるものは自分にはない知恵や経験。つまり、人とのつながりが「稼ぐ力」の土台になるのです。つながる手段はSNSだって、趣味だって何でもいいと思います。


守屋淳

権力を持つと、他人を自分の意のままに動かせるようになります。その状態に慣れて当たり前だと思うようになると、傲慢になっていく。


広瀬道明

東京ガスは社外から「公家」と呼ばれることがあるが、そんなに上品な会社だと思っていない。ガス事業は電力よりも現場仕事が多い泥臭い仕事。社員は庶民的。あえて表現するなら、むしろ「武家」だろう。


新谷学

これからの時代にメディアが生き残っていくには、ブランドの力が極めて重要。今はあらゆるメディアの情報がスマホ上ではフラット化されて混在しています。その中で「週刊文春」という看板への信頼をいかに高めていくか。「週刊文春」が発信している情報なら、お金を払ってでも読む価値があると信頼していただくことが何より大事。


佐藤優

組織の内側にいると見えないが、辞めてみると気づけることがあります。いまじゃ笑い話だけど、外務省の役人ってよく泣くんです。政治家に対して「先生、浮くも沈むも一緒です」って、局長以上がよく泣いていた。あと、政治家を怒らせたりしたら土下座。そんな光景を当たり前のように見ていたので、他の省も世間の一般企業もみんな同じと思っていたら全然そんなことはなかった(笑)。


泉谷直木

いろいろな仕事をする機会をいただきましたが、常にそれは自分にとってチャンスだと考えていましたし、もしそれを断っていたら、今日の私はないと思っています。


越智仁

新たな価値を生み出すには、「自分たちだけでできる」というような思い込みを捨て、別の知見を融合させる必要がある。


児玉光雄

多くのビジネスパーソンは、仕事の「結果」を重視しています。しかしそれにとらわれていると、望む結果が出ない場合には著しくモチベーションがダウンします。結果よりもプロセスに目を向けることができれば、たとえ望むような結果が出なくても、高いモチベーションを維持できるはずです。


中村獅童(二代目)

父親は既に役者を廃業していたから、僕には大きな役を演じる望みはないに等しかった。それなら「自分で自分の名前を大きくしよう」と、積極的にオーディションを受け始めました。その中でも相当の気迫で臨んだのが映画「ピンポン」。これに合格し、「正統派異端系歌舞伎役者」として、様々な方面からお声をかけていただけるようになりました。


浅野忠信

以前は、自分らしいとか、カッコイイとかの基準で役を選んでいたかもしれません。でも、最近はなくなりましたね。いまは、自分へのオファーを受ける基準は設けません。たとえば、僕にパンダの役でオファーがあったとする。ありえないだろうと思う部分はある。でも、きっと誰かの中では浅野忠信がパンダをやることが成立して、話が来たわけです。それなら、実際にパンダを演じてみたら、僕の想像以上の作品になる可能性を秘めている。トライしてみようと考えればステップアップになります。


石原まき子(北原三枝)

裕さん(夫の石原裕次郎)が亡くなって27年たちますが、自宅にいると2階からよく裕さんが顔をのぞかせていたあの頃のままな気がするの。今も仕事でいないだけ、って感じね。それはやっぱり、互いに限られた時間を大切に、絆というものをしつかり結びつけたからだと思うんです。


荻田伍

不況や経済環境が悪いときは、競争優位性を発揮できれば、逆に企業間格差がつくチャンスでもある。知恵と汗を絞って努力していくとき。