春名和雄の名言

春名和雄のプロフィール

春名和雄、はるな・かずお。丸紅社長。旧制東亜同文書院(現:愛知大学)を卒業後、丸紅の前身である大同貿易入社。その後社長・会長

春名和雄の名言 一覧

社員教育には社内に一つ、怖い存在がいなければならない。社員に直言する悪役だ。【覚書き:丸紅の会長就任時の言葉。日々の業務に忙しい社長に代わり、社員に敢えて厳しい意見を投げかける憎まれ役をかって出た時の言葉。】


経営は、上り坂のときには、下の者が上を持ち上げていくボトムズ・アップのやり方がよいが。いったん環境が悪くなってみんなが迷うときには、トップが主導権を発揮するトップ・ダウンのやり方が良いと思う。


善良なだけで何もしない社員が一番困る。


春名和雄の経歴・略歴

春名和雄、はるな・かずお。丸紅社長。旧制東亜同文書院(現:愛知大学)を卒業後、丸紅の前身である大同貿易入社。その後社長・会長

他の記事も読んでみる

飯田亮

「失速感」「閉塞感」。その言葉が若い経営者の口から出る度に私は怒っていました。それは自分で閉塞感を勝手に感じてるだけのことで、他の人はそんなこと構わず頑張っているぞと。


北山節子

教えたことができなくても、頭ごなしには叱らないようにしましょう。「ポジティブ(褒めるなど)、ネガティブ(注意など)、ポジティブ」の順に話すと、スタッフは聞く耳を持つようになります。


榊原健太郎

悩みを解決できるということはニーズに直結しているということにほかならない。逆に言えば、何の悩みも解決できないベンチャーは、いずれ消えていく運命にあります。


金井誠太

「俺も足回りの設計が分かってきたな」と思っていた30歳の頃、アウトバーンでドイツ車を試乗して、心底打ちのめされました。あの悔しさは忘れません。「技術者としていつかは勝ちたい」という思いが、製品開発を支え、世界一への原動力になる。


飯田新七(初代)

高島屋四つの綱領

  1. 確実なる品を廉価にて販売し、自他の利益を図るべし。
  2. 正札掛け値なし(値切られる前提で価格を高く設定しない)。
  3. 商品の良否は、明らかにこれを顧客に告げ、一点の虚偽あるべからず。
  4. 顧客の待遇を平等にし、いやしくも貧富貴賎によりて、差等を付すべからず。

菊間千乃

一番精神的にきつかったのは、1回目に不合格だった直後の時期です。次もダメかもしれない、と思うと手が震えて、涙が出てくるんです。そのプレッシャーを乗り越えて頑張ることができたのは、一緒に勉強していた仲間がいたからです。互いにアドバイスし合い、助け合ったおかげで乗り越えられた局面は多々あります。その結果、2回目で合格できました。
【覚え書き:司法試験受験当時を振り返っての発言】


羽鳥兼市

今の社名は、お察しの通り童話の『ガリバー旅行記』が由来になっています。実は、あの童話に出てくるガリバーというのは、別に巨人ではなく普通の人なんですよ。標準サイズの、どこにでもいそうなサイズの人間でした。ただ、たまたま小さな人たちの国にたどり着いてしまったから巨人扱いされてしまっただけであって、彼が巨人の国に行くと、今度は小さな人になってしまう。私たちの会社もそうだな、と感じたのです。地方で一番になって巨人のように見せかけても、その本質は変わらない。そうではなくて、目標は大きく掲げるけれど、達成したからといって驕ることなく謙虚な気持ちを忘れないようにしよう、そう思って社名を直前に変えたのです。


鈴木敏文

鍛冶屋さんなら年季が入った方がいいが、消費者のライフスタイルが変わってきている時代、小売商を取り巻く環境には、過去の商売の経験がマイナスに作用することがある。


新浪剛史

競争のパラダイムを一変させるような新たな技術の目を見出し、戦略に組み込むのは、経営トップのリーダーシップだと思っています。新しいテクノロジーは、ゲームのルールを変えるからです。


新井直之(執事)

きちんとした時間の区分けがなく、プライベート、ビジネス、ボランティアなどが渾然一体となって進んでいくのが大富豪の時間術なのです。


田中良和(GREE)

イノベーションには「連続的なもの」と「非連続的なもの」があります。連続的なものであればユーザーの声を直接的に反映させることで生み出されたのかもしれません。しかし、まったく新しい非連続的なものを生み出すためには、ユーザーの声を咀嚼し、未来に起こることを想像することが必要です。


ロバート・キヨサキ

フィードバックというものは、肯定的なものであろうと否定的なものであろうと、あなたが人間として成長したり、人格を形成したり、ビジネスをやり抜く体力をつけたりするのに欠かせないもの。


畑中好彦

新薬開発には9年から17年という長い年月がかかります。この時間軸の長さは、ともすれば、研究、開発、生産、営業活動などの各部門で、価値観のズレを生じさせる恐れもある。だからこそ我々は「先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献する」との理念のもと、常に1万8000人の想いが一つになった会社「Oneアステラス」であることを目指しているのです。


澤田秀雄

単なる価格訴求や中途半端なイベントでは、集客に結び付かない。やるのだったら日本一、東洋一のものをやらなければいけない。


関根眞一

合意に達するには、時間がかかるものです。交渉は短時間でしようとせず、時間をかけてください。


ページの先頭へ