名言DB

9419 人 / 110788 名言

星野仙一の名言

twitter Facebook はてブ

星野仙一のプロフィール

星野仙一、ほしの・せんいち。日本のプロ野球選手(投手)、監督。岡山県出身。倉敷商業高等学校を経て明治大学政治経済学部経済学科に進学。野球部の選手として活躍。大学卒業後、ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。数多くのタイトルを獲得し、20年ぶりのドラゴンズ優勝に大きく貢献した。現役引退後は中日ドラゴンズ、阪神タイガース、北京五輪野球日本代表監督、楽天イーグルス監督などを務めた。

星野仙一の名言 一覧

思いが強ければ強いほど、勝利に近づいていく。


いま、子供を叱れない、生徒を叱れない、部下を叱れない人がいる。何やってんの。叱ることが愛情だよ。


選手との年齢ギャップ? 全然考えたことがない。自然体です。


軽口もコミュニケーションなんです。選手に「常に見られているゾ」という意識を持たせないと駄目なんです。


自分だけでは何もできないというのは自覚しています。


勇気を奮い立たせて、毎日闘っていく。弱みは絶対、見せちゃいかん。選手はいつも背中を見てますから。丸まった背中になったら駄目なんです。


監督は孤独を愛さないといけないし、ストレスも愛さないといけない。そんなネガティブなものに対してお友達にならないと駄目なんです。


ひとつの夢をつかんだと思ったら、次の夢が出てくる。夢にチャレンジしているから、俺はすごく若いわけです。


差を埋めるのは技術や戦術じゃない。気持ちなんだ。うちのチームは育ちのいいやつが多いんだな。悪く言えば、のんきなんだよ。だからもうちょっとやんちゃでいてほしい。やんちゃ坊主でなきゃ、最後まで強気で、相手を見下ろして戦うことはできないのだから。


我々にとって野球というのは仕事ですから仕事に対して闘争心がないというのは生活権を放棄していると僕は受け取ります。人生を放棄していると言っても過言じゃないと思います。ですから、逃げる人間。それは自分でレギュラーなりチャンスなりを放棄していると僕は見ます。もう泥まみれでがむしゃらで苦しめばいい。僕は苦しんでいるうちはチャンスをあげます。逃げるやつにはチャンスをあげません。


星野仙一の経歴・略歴

星野仙一、ほしの・せんいち。日本のプロ野球選手(投手)、監督。岡山県出身。倉敷商業高等学校を経て明治大学政治経済学部経済学科に進学。野球部の選手として活躍。大学卒業後、ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。数多くのタイトルを獲得し、20年ぶりのドラゴンズ優勝に大きく貢献した。現役引退後は中日ドラゴンズ、阪神タイガース、北京五輪野球日本代表監督、楽天イーグルス監督などを務めた。

他の記事も読んでみる

玉塚元一

実際に見聞きして、確認した意見こそ重要。空想や机上の空論には耳を貸さないような企業カルチャーが求められる。


樫尾和雄

人は仕事をすることで成長するんです。私も常に新たなものに挑戦しています。


遠藤功

逆境を経験するから、人は強くなる。そして、謙虚になれる。真の力をつけるとはそういうことなのだと今は思っている。


細谷功

私が意識しているのは、「失敗の反意語は成功である」とは考えないこと。普通は道が分かれた先に成功と失敗があり、成功に進めば○、失敗に進めば×と考えます。しかし、考え方を少し変えると、実は「成功・失敗」の分岐の前に、「チャレンジする・しない」という分岐があることに気づきます。今の自分がプレッシャーを感じる状況にいるということは、その時点で「チャレンジする」という道を選んだということです。そして失敗も成功も、チャレンジした先にしか存在しない。つまり、本当に×がつけられるべきは、「チャレンジしない」という選択をした場合であり、失敗の反意語は「何もしないこと」なのです。


稲盛和夫

私は、「自分だけがよければいいという判断基準で経営をするな」と常々言っている。再建で資金がいっぱいできたから、今こそ相手を潰そうなんて、そんなケチな人間ではありません。


柴田励司

私は一日に150通ほどのメールを受け取るので、移動中などのスキマ時間にスマートフォンでこまめにチェックします。この際、すべてメールで返そうとしないのがコツ。電話を一本かけ、「これはどういうこと?」と聞いたほうが早い場合が多いのです。また、電話だと一回で済むものも、メールだと何度もやり取りをしなければならない場合も多いものです。


マイケル・ウィリアムソン(ホテル経営者)

予定をあまり詰め込みすぎると、自ら直接現場を見る時間がなくなり、すべてが机上論に終始することになってしまいます。そこで、スケジュールに必ず「フリータイムを設ける」ことを常に心がけています。


山本梁介

リーマンショックなどがありましたが、我が社は20年間増収増益を続けています。売上規模は20年前から約15倍になりました。しかし、私たちは売上げの拡大よりも「エクセレント」を目指しています。第一に考えているのは、社員が立派に成長して幸せになることです。それが出来て初めて顧客満足や地域貢献に繋がると考えています。


清宮克幸

サントリー時代、担当している店では、自社のビールの売上をその店のNo.1にするのが、僕が「営業マン清宮」に課した目標でした。でも、僕にはラグビーの練習があるので、ほかの営業マンほど仕事に時間は割けません。だから、必然的に要領よくやるよりほかなかったのです。


松井道夫

性急に答えを出そうとしないのが鉄則。考え続けていると、ふとした拍子に閃きが訪れる。その瞬間を忍耐強く待つようにしています。