名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

星野仙一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

星野仙一のプロフィール

星野仙一、ほしの・せんいち。日本のプロ野球選手(投手)、監督。岡山県出身。倉敷商業高等学校を経て明治大学政治経済学部経済学科に進学。野球部の選手として活躍。大学卒業後、ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。数多くのタイトルを獲得し、20年ぶりのドラゴンズ優勝に大きく貢献した。現役引退後は中日ドラゴンズ、阪神タイガース、北京五輪野球日本代表監督、楽天イーグルス監督などを務めた。

星野仙一の名言 一覧

思いが強ければ強いほど、勝利に近づいていく。


いま、子供を叱れない、生徒を叱れない、部下を叱れない人がいる。何やってんの。叱ることが愛情だよ。


選手との年齢ギャップ? 全然考えたことがない。自然体です。


軽口もコミュニケーションなんです。選手に「常に見られているゾ」という意識を持たせないと駄目なんです。


自分だけでは何もできないというのは自覚しています。


勇気を奮い立たせて、毎日闘っていく。弱みは絶対、見せちゃいかん。選手はいつも背中を見てますから。丸まった背中になったら駄目なんです。


監督は孤独を愛さないといけないし、ストレスも愛さないといけない。そんなネガティブなものに対してお友達にならないと駄目なんです。


ひとつの夢をつかんだと思ったら、次の夢が出てくる。夢にチャレンジしているから、俺はすごく若いわけです。


差を埋めるのは技術や戦術じゃない。気持ちなんだ。うちのチームは育ちのいいやつが多いんだな。悪く言えば、のんきなんだよ。だからもうちょっとやんちゃでいてほしい。やんちゃ坊主でなきゃ、最後まで強気で、相手を見下ろして戦うことはできないのだから。


我々にとって野球というのは仕事ですから仕事に対して闘争心がないというのは生活権を放棄していると僕は受け取ります。人生を放棄していると言っても過言じゃないと思います。ですから、逃げる人間。それは自分でレギュラーなりチャンスなりを放棄していると僕は見ます。もう泥まみれでがむしゃらで苦しめばいい。僕は苦しんでいるうちはチャンスをあげます。逃げるやつにはチャンスをあげません。


星野仙一の経歴・略歴

星野仙一、ほしの・せんいち。日本のプロ野球選手(投手)、監督。岡山県出身。倉敷商業高等学校を経て明治大学政治経済学部経済学科に進学。野球部の選手として活躍。大学卒業後、ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。数多くのタイトルを獲得し、20年ぶりのドラゴンズ優勝に大きく貢献した。現役引退後は中日ドラゴンズ、阪神タイガース、北京五輪野球日本代表監督、楽天イーグルス監督などを務めた。

他の記事も読んでみる

西村晃(経済評論家)

お金を貯める習慣を身に着けるには、自分自身でお金の仕組みを作ってしまうこと。私は家に帰ったらすぐに、財布の中にある「5」のつくお金、つまり5円、50円、500円、5000円を全部、強制的に貯金箱に入れていきました。その結果、1年間で40万円貯めることができました。そういうルールを自分に課していなかったら、おそらくなし崩し的に使っていたかもしれませんね。


真田茂人

間違ったことを正してくれる。苦しいときに助けてくれる。そういう存在がいる人ほど、成功していることが多い。


鳥羽博道

あるとき気がついた「倒産する、倒産すると思っているから、心が委縮する。心が委縮するから思い切って働けない。明日倒産してもいい。今日一日を必死でやろう」と。それからは開き直り、毎日朝から晩まで身体の続く限り働いた。コーヒー豆と一緒に、ひたすら自分の人間性と商売に対する真剣さを売り込み続けた。すると、ドトールの豆を扱ってくれる取引先が徐々に増えていった。


伊井哲朗

自分がよく知らない商品を、運用の「コア(中核)資産」にすべきではない。大事なのは、コア資産は自分の知っている、手触り感のある投資対象にすべきだということです。周りに勧められるがまま、よく分からない企業の株式に投資してはいけません。


むらかみかずこ

文書を見せる・送るときに相手に好印象を与えるには、「手書きのひと言」を添えるのが効果的。今の時代、資料はパソコンで作るものですし、コミュニケーションツールも電話やメール、社内チャットなどがほとんど。だからこそ、手書きのメッセージによって、相手に強く印象づけることができるのです。すべての文書に手書きを添える必要はありませんが、目にとめて欲しいとき、より大事な資料として相手に認識して欲しいときなどは、手書きメッセージがあるとプラスアルファになります。


新将命

座学とは読書をするとか講演会やセミナーに出席して知識や見識を養うことです。そのメリットはものごとの原理原則や本質を体系的に学べることです。私はよく「1日4度の飯を食え。1度は活字の飯を食え」と言いますが、将来会社の経営陣入りを目指すなら、経営学も勉強しておくべきでしょう。


岡村隆史

僕、コンプレックスの塊で卑屈な人間なんですよ。こんなんですから、時々「何のために仕事、頑張ってんの?」と言われます。考えると、モテないとか、背が小さいとか、そういうハングリー精神を仕事にぶつけてますね。


チャールズ・シュワブ(金融)

現在の状況において危険性は感じられない。投資家が市場に興味を持ち、熱心であり続ければ、市場は上がり続ける。


齋藤孝(教育学者)

自分のアイデアを通したいという情熱はもちろんだが、イメージ喚起にはデータによる裏づけも必要だ。統計的な数字に限らず、新聞・雑誌の記事や顧客の声などを提示すれば説得力も高まる。これは、プレゼン等での常套手段だろう。もう一段上を狙うなら、自ら動いてデータを作る手がある。


竹之内幸子

手作り料理を振る舞うことで、ビジネス相手とも打ち解けて、場が和みます。食べながら、仕事の話はほとんどしません。飲みニケーションならぬ、手料理コミュニケーション。これで午後のミーティングがぐっと活発になります。


赤羽雄二

社長がその気になれば、新事業のチームリーダーに、熱意、向上心、柔軟性のある責任者を任命することができるはずです。強力な推進、支援体制を構築して、アクセルを一気に踏むこともできるでしょう。


蛭子能収

見栄を捨てれば、生きる方法はいくらでもある。少し見方を変えれば、人生で思い悩むことは少なくなる。