名言DB

9412 人 / 110637 名言

明間輝行の名言

twitter Facebook はてブ

明間輝行のプロフィール

明間輝行、あけま・てるゆき。日本の経営者。東北電力社長・会長。そのほか、東北経済連合会会長などを務めた。

明間輝行の名言 一覧

一口にリーダーといっても、社長となると物事を見ていく視点が全然違います。副社長まではゴルフでいえばフロントティでプレイしているようなものですが、社長はバックティ、もうあとがないんです。相談できる人間がいるのは副社長まで。社長は全部自分で判断する。真剣勝負の連続です


明間輝行の経歴・略歴

明間輝行、あけま・てるゆき。日本の経営者。東北電力社長・会長。そのほか、東北経済連合会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

テリー伊藤

世間というのは面白いものである。最初は、面白おかしく「天才ディレクターのテリー伊藤」と自分で言いふらしていたら、ある日から世の中の人たちが「天才ディレクターのテリー伊藤」と言い始め、「テリー伊藤って天才ディレクターなんだ」というふうに定着していったのだ。これは、まぎれもなく自己演出である。自分で勝手に「天才」を名乗って、勝手に自分のポジションを上げてしまったのだ。


冨安徳久

私は日々、死というものを見ていますが、死をしっかりととらえている人ほど生を充実させられる人だと感じています。


鍜治真起

規模が大きくなると、どうしても商品やサービスが、自分の手の届かない読者やお客さんに向けたものになってしまいます。でも、手の届かないお客さんに向けた仕事って、どうなんでしょう。どうも僕にはピンときません。


高橋政史

大半の人は、必要な行動を導き出す思考プロセスを知らないか、知っていたとしても、頭の中でなんとなく考えているだけなのでしょう。低いレベルの問題を解決するだけなら、それでも十分に対応できるかもしれませんが、「新規商品の開発」や「不振事業の立て直し」のような難易度の高い課題を解決するとなると、そうはいきません。ノートを使って思考を整理しないと、効果的な行動を導き出せなくなります。


唐池恒二

九州には山手線や東海道新幹線といったドル箱路線はありません。何もない中での、逆境からのスタートだった。だからこそ、新しいことに挑戦するしかなかった。


津久井将信

デザイン会社に勤務していたときに、ある企業のロゴマークに3億円の制作費がかかっていると聞き、ロゴにはすごい価値があると知ったんです。だから、ロゴの仕事は安く請けないという暗黙のルールがありました。格安でデザインすれば勝負できると思ったのが起業のきっかけです。


ベンジャミン・グレアム

銘柄選択に関してわれわれが強調してきたアドバイスは「除外すること」だ。つまり、そうとわかるほど質の劣った銘柄を「除外」し、また優良銘柄であっても株価が高く投機色が強いものは「除外」せよということである。


川島永嗣

英語の基礎力を身につけるには、単語や英文を繰り返しノートに書いて覚えることが大事です。でも、知識は使いこなさなければ自分のものにならない。話せなければ意味がないんです。だから今でも、口に出すトレーニングは欠かさず取り組んでいます。単に1回音読するのではなく、「こう聞かれたらこう返す」と自分が実際にその英文を使っているシーンをイメージしながら、10回口に出します。繰り返し口に出さないと、瞬時に英語で返す反射神経は鍛えられません。


中嶋成博

どんな製品も10年から15年のスパンで衰退期を迎える。だから、常に次を考え続けないといけない。


中原圭介

哲学書を読んでいれば、合理的な考え方ができるようになり、思考力や洞察力がぐんと高まります。初心者にはハードルが高いので、哲学の入門書や漫画からスタートしてもいいでしょう。


井原裕(精神科医)

「決まった時刻に起床・就寝する」「7時間睡眠を取る」「日中に十分な活動(運動)をする」。これらをまずは実践してください。そうすれば、質の良い睡眠が得られるようになり、メンタルを安定させることにつながります。


田村次朗

グローバル社会で大事なのは、「BATNA(バトナ。交渉相手から提示されたオプション以外で、最も望ましい代替案)」。これを用意しておかないと、グローバル社会では勝負にならない。「私はあなたと信頼関係を築いて仕事をしたいけれども、あなたがもし裏切ったら私は他の相手と取引します」と相手に言えるスタンスを持たなくてはならない。BATNAを用意して、必要があれば交渉でちらつかせる。これを実践するだけで、日本人の交渉力は格段に上がる。


樋口武男

日本で初めてとなるプレハブ住宅をつくったのも、住宅ローン制度を日本で初めてつくったのもわが社です。当時、住宅とは退職金で購入するものでしたが、この制度のおかげで30代でも家を持てるようになりました。事業とは人マネではなく、パイオニア精神で大きくなるものなのです。


福園一成

情報判断の決め手はインテリジェンス(知力、知性)にあります。これが私の基本的な考え方です。知力を磨くには訓練と経験が欠かせません。その知力を磨くうえで二人の恩師に出会えたことが証券マンとしての最大の収穫でした。一人は経済評論家の高橋亀吉先生。高橋先生は百数十冊の著作がある経済史家でもありましたが、高橋理論の真骨頂は「経済は常に変化している。変化を知れ、変化に気づけ」と理解しています。もう一人は、高橋先生の愛弟子だった立花証券創業者石井久です。


一圓克彦

やりたいことが明確でない人は、ブログで独立への思いをつづるといいですね。人は、一生懸命な起業家を応援したくなるもの。起業前に悪戦苦闘したしるしであるブログ記事は、将来のあなたにとって、強力な営業ツールになります。