名言DB

9412 人 / 110637 名言

早野忠昭の名言

twitter Facebook はてブ

早野忠昭のプロフィール

早野忠昭、はやの・ただあき。日本のマラソンレースディレクター。「東京マラソン財団」事業担当局長。長崎県出身。全国高校総体男子800m走で優勝。筑波大学体育専門学群卒業。高校教師、スポーツ用品メーカー勤務を経て東京マラソン立ち上げに参画。東京マラソン事務局広報部部長、東京マラソン財団事業担当局長、東京マラソンレースディレクターなどを務めた。

早野忠昭の名言 一覧

ネガティブな気持ちになっても行動を続ければ、やり遂げたという感動が必ず待っている。


分からなくなったら、原点に戻るのが鉄則。


大きな失敗をすることなく、これまで順調にやってこられた最大の要因は、冷静に計算して人間の本能に刺さるマーケティングを行ったことでしょう。


これまでのマラソン大会は、学生時代から走ってきたいわばエリート選手のものでした。だからスポンサー企業は、おのずとスポーツ関連に限られる。その考えの延長で東京マラソンを開いたら、当然、2万、3万人なんて集まらない。でも学生時代の体育の成績が必ずしも5段階評価で満点ではない人たちも集めれば話は変わりますよね。そこでマーケティングの登場です。「タイムが早い、遅い」とは違う様々な価値観を持ち込んだんですよ。例えば、「かっこよく走りたい」なんて好例。「健康」という価値観をぶら下げたところで、私より上の年齢の人しか寄ってこない(笑)。でも、「ファッション」をぶら下げたら、状況は変わる。美を意識する女性が集まってくるだろうし、若い男の子、いや、ちょいワルおやじだって後ろからついてきますよ。「ミュージック」「ボランティア」「チャリティー」といろいろなバリューをつけたからこそ、参加者の層が広がり、ここまでの人気を得られた。


早野忠昭の経歴・略歴

早野忠昭、はやの・ただあき。日本のマラソンレースディレクター。「東京マラソン財団」事業担当局長。長崎県出身。全国高校総体男子800m走で優勝。筑波大学体育専門学群卒業。高校教師、スポーツ用品メーカー勤務を経て東京マラソン立ち上げに参画。東京マラソン事務局広報部部長、東京マラソン財団事業担当局長、東京マラソンレースディレクターなどを務めた。

他の記事も読んでみる

猪瀬直樹

諦めたらそこで終わり。たとえ周りから認められなくても、誰にも負けないものを何か一つ持っていれば、いつか必ず日の当たるときが来る。そのときこそチャンス。そのときを信じて、自分の強みを磨き続けることが大切。


藤沢武夫

我々は、能力の高い人を常に掘り出す仕組みを、考えておかねばならないんです。それに最も詳しいエキスパートが直ちに集まり、知恵を出す仕組みをつくることです。


三谷宏治

仕事にとりかかる前には、何のためにやるのか、それが全体のプロジェクトとどうつながっているのかを考える必要があります。目的を明確に理解しないまま仕事を始めても、作業はできるかもしれませんが、決して成果にはつながりません。


中川淳一郎

10年以上ウェブ編集者として活動してきましたが、「会心のタイトルをつければ記事へのアクセス数は30~50%ほど伸びる」と感じています。それほどタイトルの影響は大きいわけです。


芦沢央

人ってどうしても見えるところだけで考えたり、自分の意図が通ったかどうかで判断しがちですよね。通らなければ、失敗したとか、意味がなかったとか思ってしまう。でも自分からは見えないバック・ステージでは実を結んでいるかもしれない。自分のしたことが、知らない誰かに影響を与えているかもって想像すると、素敵だなって。世界はけっこう捨てたもんじゃないなと思えてくるんです。


矢矧晴一郎

新しいものを考えなければならない時、白い紙の前でウンウンうなっているだけでは、いつまでも答えは出ません。切り口を持つことが必要なんです。アイデアマンと言われる人は、「大・小」「深・浅」など反対の意味を持つ言葉を200個ぐらい用意し、当てはめていきます。「従来の商品をもっと小さくできないか。軽くできないか。高く売れないか……」といった風に思考をめぐらすんです。こうすれば、あっというまに新しい案が浮かんできます。切り口に沿って考えることで、ムダに悩む時間を減らすことができ、考えるスピードも速くなります。


吉沢康弘(吉澤康弘)

できる、ビジネスマンは使える飲食店を押さえているものですが、高年収層は様々なバイアスがかかっている既存のクチコミサイトを信用しなくなってきています。それよりも、信頼のおける知り合いのクチコミのほうが確実です。


木南陽介

政策が整ってから参入したのでは遅かった。今ある計画の半分も実現していなかっただろう。


ピーター・ドラッカー

全力を注がなければ、単に約束と希望があるだけで、計画はない。


梶山弘志

私は若い頃サラリーマンでしたし、その後は会社経営も経験しました。当時を思い出すと、初対面の印象が良く、もう一度会いたいと思わせてくれたのは、決まって挨拶のときからしっかり声が出ていて、なおかつ自分の思いをちゃんと言葉にしてこちらに伝えてきた人でした。そこで事務所のスタッフには、朝の挨拶や人に会ったときの挨拶は、黙って頭を下げるだけでなく、必ず声も出すよう指導しています。


原田隆史

小さなことでもうまくいったら、大げさに喜びましょう。脳が「自分はできる人間だ」と認識し、自信が高まり、前向きになれます。


稲垣浩之

すべてを自分一人でこなすことはできませんから、不動産会社、管理会社、金融機関、コンサルタントなどとの良好な関係は、当然ながら大きな力になります。特にこれからは、賃貸経営においても情報の持つ意味がいっそう大きくなっていくはず。経済情勢にしても、顧客のニーズにしても、変化が激しい時代にあって、正しい判断を下していくためには、多面的な情報が必要になります。それを収集するにあたっても、パートナーとなる事業者の存在は重要です。


原田隆史

何かを始めたとき、三日坊主を防ぐには「敗者復活OK」という思考を持つといいでしょう。挫折してしまう人は、一度の失敗で「やっぱり自分は駄目だ」と考えます。だから、継続を諦めてしまう。でも実は、一度も挫折せずに続けている人なんてほとんどいないんです。続けられる人は何が違うかといえば、「また始めればいいや」と、もう一度始めるんです。そうして敗者復活を繰り返すうちに習慣になって、継続できるようになるのです。


前田晃伸

小さい時には、クラスメートの親父は授業参観に来ているのに、自分の親父だけが来ないというのでずいぶん寂しい思いをしました。でもいまは感謝しているんです。というのは、自発的に取り組む癖がついたからです。誰かに言われなければできない人もいるかもしれません。でも、何事も自分から進んでやる方が僕はいいと思う。教育の本質からいって、勉強する環境を整えるのが教育者の仕事であって、無理やり詰め込むのは教育とは違うと思います。


スコット・オーバーソン

電気が発見された時、人々は電気を単なる「電球」や「照明」として捉えた。しかし、実際には、電気はモーターを動かし、交通手段を変えた。通信が普及し、様々な電化製品が生まれた。同じことが今データの波で起きている。