名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

早河洋の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

早河洋のプロフィール

早河洋、はやかわ・ひろし。日本の経営者。「テレビ朝日」社長・会長。山梨県出身。中央大学法学部卒業後、日本教育テレビ(のちのテレビ朝日)に入社。広報局長、編成局長、報道局長、情報本部副本部長、編成・制作本部長、常務、制作局長、副社長などを経て社長に就任。

早河洋の名言 一覧

当社には「フリキリスト賞」という社内表彰制度があります。フリキリストというのは「振り切る」ということで、普通の発想ではなく、思い切って飛び跳ねるというか、挑戦した人を表彰しています。


テレビが過渡期だとか、曲がり角を迎えていると言われるが、そうではない。曲がり角はもうとっくに曲がっていて、過渡期もとっくに通り過ぎている。テレビもインターネットワールドの中にあるという意識を持たないといけない。


何か確たるものを持っていないと生き残れない。


成功と失敗は紙一重。ギリギリの状況で、上司や部下、様々な人に支えられたことが成功につながり、今の自分があるのだと実感する。


テレビとは、キラーコンテンツをどうやって生み出すかという競争の世界です。ヒットコンテンツをどれだけ並べられるかということ。


希望が叶うまで諦めず、粘ったことがテレビ局への入社につながった。


35年やってきて、テレビ局もいろいろな意味で成長したり、わかってきたりしてはいるが、視ているほうも35年たっている。なめてはいけない。


キラーコンテンツを生み出すという意味で言うと、私が関わった『ニュースステーション』はスタート時の視聴率が8~9%で、「社運をかけたプロジェクトとしては失敗だ」と言われていました。ところが、3年目くらいから年間平均視聴率が16~17%になっていました。開始当初から当たるまでの「戦いの苦しさ」というのが、ものすごくあるんです。


AbemaTVはスタートのアイデアからしても、インターネットの世界だと思っていたので、テレビ朝日のAbemaTV関係のスタッフには「すべて藤田(晋)社長の指示に従うように」徹底させました。ですので、私はAbemaTVの支援会議のようなものを組成してサポートに徹しています。


最近は、ヒットを生む馬力というか、エネルギーが弱まっている、若者のテレビ離れが進んでいるとも言われていますが、そういうタイミングでインターネットテレビ(AbemaTV)という、全く新しいことに関われたというのは、一企業としても、一メディアとしても、大変、幸運だと思っています。その意味でも、何としても成功させたい事業です。


報道部に所属していた30代前半は、海外特派員を希望していた。直属の上司は応援してくれたものの、重役の許可が下りず、特派員になることはできなかった。だが「それならば」と、番組制作にこだわろうと心を決めた。


AbemaTVにお客さんがたくさん来ている要因の一つは、ワンタッチでスワイプすれば、チャンネルを切り替えられるという、ある種の心地良さにあります。これは、サイバーエージェントの技術力がなければ実現できなかったことです。藤田(晋)社長がよくおっしゃっていますが、インターネットのサービスはコンテンツと技術の両輪が重要なので、AbemaTVもその形で運営されています。


これまで、テレビの世界はモノクロからカラーへ、フィルムからVTRへ、あるいはENG(電子的ニュース取材)、SNG(人工衛星を使った放送番組素材収集システム)の導入、デジタル化など、技術革新を克服してきました。ところが、インターネットというものは社会構造のようなものなので、克服できるようなものではない。住んでいる世界が変わっていく、というように捉えなければいけない。それにともなって、経営も、企業も、コンテンツもすべて変わっていく。自分たちだけで解決できるものではないので、パートナーをどう探して提携していくかが重要になっています。そのことをずっと考えていたので、藤田(晋)社長から提案があったことはすごくありがたいことで、ほぼ打ち合わせもないまま決裁してしまいました(笑)。


早河洋の経歴・略歴

早河洋、はやかわ・ひろし。日本の経営者。「テレビ朝日」社長・会長。山梨県出身。中央大学法学部卒業後、日本教育テレビ(のちのテレビ朝日)に入社。広報局長、編成局長、報道局長、情報本部副本部長、編成・制作本部長、常務、制作局長、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

青木仁志

ずっと勝ち続けるセールスマンの方程式は「マーケット×行動量×技術」です。


ケリー・マクゴニガル

費やした時間やお金に見合った対価、結果がすぐに出るとは限りません。「思うような結果が得られていない」という現状は、ゴールに近づくための途上、プロセスです。


本田宗一郎

経営から退くと決めた後、重役会に出ないようにした。出なかったら、自分たちで決めるより、しょうがないでしょう。辞めることにしたって、邪魔になるより、いなくなってもいいんですよ。


千本倖生

起業は一種の麻薬ですね(笑)。大変だけれども、それ以上の見返りというか、精神的充足感が大きい。


鈴木みゆき(経営者)

機能しないやり方は即座に切り捨てることがポイントですが、日本企業には成功しないものを捨てることに躊躇する傾向があるように感じます。せっかく計画したのだからもう少し試してみたいという気持ちがあるのかもしれません。しかし、こうした躊躇が企業にとっては命とりです。


宗次直美

世の中の男は全体にだらしないと思います。何かにつけて一緒にお酒を飲んだり、食事に行ったり。団らん気分では仕事はできませんよ。部下を叱るには、まず自分の身辺から見直すことが大切だと思います。


鈴木久仁

よい成績を残した営業社員に「すごいね、きみ、どうやって頑張ったの」と聞いたときに「いやぁ、たまたまです」と答える人間がいる。そのときは「こいつダメだな、まぐれだな。同じことは二度とできんわ」と思うわけです。たまたまで終わったらそこで想像が停止してしまい、次に繋がりません。


西川きよし

71歳になった今でも、できるだけ多く公演に出させていただいています。休みすぎると、うまく喋れなくなってしまう。私の仕事は定年がないものですからね。喋れなくなるまでずっと舞台に立ち続けたいと思っています。


藤井孝一

やらなくてもいいことまで抱え込んで、時間がないと嘆いている人は少なくありません。そうならないためにはタスクリストをつくったら、中身をやらなければならないことと、やらなくてもいいことに分類する必要があります。そうやって確かめてみると、やらなくてもいいことが意外にたくさんあることに気づくはずです。


田原総一朗

雑談がうまくなりたければ、相手に興味を抱くことです。事前に相手のことを知り尽くすのはなかなか難しいとしても、知りたいという気持ちは持っておかなくてはいけない。すると話題に迷うこともないし、自ずと会話も弾むと思います。それと相手から馬鹿にされるのを恐れないこと。


塚本隆史

銀行の人事評価と言えば「減点主義」とのイメージを持つ方が多いかもしれません。しかし、いまの時代となっては、それは全くの誤解なのです。現在の人事評価については相当程度、加点主義の評価軸に変わってきています。私どもは商業銀行として安定した信頼される経営が求められる一方で、グローバル化の波のもと世界の列強と伍して戦い、新規分野に出ていかなければいけません。減点主義では競争に勝てるわけがないのです。


上野和典

成功の見込みがないと判断したら、速く見切りをつけるのも重要です。私自身、現場を担当していたころは、とにかく速く切り替えるようにしていました。撤退しながら次のプランを考えるんです。失敗を瞬時に返せる人は、代替のアイデアを豊富に持っています。