名言DB

9412 人 / 110637 名言

早川種三の名言

twitter Facebook はてブ

早川種三のプロフィール

早川種三、はやかわ・たねぞう。日本の企業再建家。慶應義塾大学卒業後、東京建鉄(のちの日本建鉄)に入社。その後、「日本特殊鋼」「佐藤造機(のちの三菱農機)」「興人」などの管財人を受け持ち、企業再建を行った。再建の神様と称えられた。

早川種三の名言 一覧

再建の極意に特別の決め手はない。日本人は勤勉だ。障害さえなくなれば、みんなよく働き、企業も立ち直る。


交渉事は理屈ではない。相撲の立ち合いに似ている。呼吸であり気合いだ。となると先手必勝だ。


従業員の団結と協力なきところに再建はない。
【覚書き:上記は興人の再建成功後に語った企業再建の哲学】


企業、会社というものは、他人がいかに潰してやろうとしても、そう簡単に潰れるものではありません。必ず内部から崩壊していくものです。私は倒産の責任はすべて経営者にあると思っています。


倒産するような会社は、一般的に儲かっているときには、まるで王侯貴族のようなことをする。それでいて、いったん落ち目になるとからっきし弱気になる。経営者が統率力を失うと、従業員の士気は急激に衰え、やる気をなくしてしまう。こうなったら会社はもう終わりです。


私はこれまで十数社余りの再建を手掛けてきましたが、いずれの場合もたくさんの人たちの協力によって成しえたものです。再建という地味な仕事に、自我を捨てて協力してくれた方たちばかりです。また、外部からの応援だけでなく、倒産した企業の中に踏みとどまって頑張ってくれた社員たちの努力も再建のための大きな力でした。


再建という仕事でいうなら、会社を立て直すには、まず自分が苦渋を飲み、苦境を耐え忍ぶ覚悟がなければなりません。銀行や取引先などの債権者に債権の一部をカットしてもらう、あるいは猶予してもらうのが再建業務の第一歩ですが、債権者にそうした負担をかけるからには、こちらも彼らに十分納得のいく厳しい再建策を打ち出さなくてはなりません。


私が再建する企業へ単身乗り込んでいった当初は、「首切り屋」「整理の鬼」と敵視していた社員たちも「再建は私のためにやるのではない。みんなのためにやるのだ。とにかく一緒に働いて、この苦境を乗り切ろう」と繰り返す私の話に耳を貸すようになり、やがてやる気を出してくれるようになりました。


私はこれまで、日本建鐵、佐藤造機、興人などいくつかの企業を再建してきましたが、再建の成るならぬを最終的に決めたのは人と人との交流でした。人との付き合い方いかんで物事の帰趨が決まるといっても過言ではありません。その付き合い方の要諦は「自分を殺す」ということです。つまり自分の自由のみを主張しないことです。


今の世の中、自由の意味をはき違えているような言動が目立つ。本来自由とは自分だけのものではなく、相手や他人様の自由を認めることによって成り立っているわけで、一人だけの完全な自由というものはあり得ません。自分自身の自由とは、他との関係によって制約されるものなのです。「自由は不自由の間にあって存す」自由というものの本質を突いた福沢諭吉先生の言葉です。


企業の倒産を招く原因の多くは、経営者の怠慢です。利己的な経営や放漫経営が会社のタガを緩め、社員の勤労意欲をなくさせているケースが多いのです。上から下まで自己主張にばかり明け暮れているから倒産するのです。みんなが自我を捨て、滅私の努力をすることによって会社あるいは社会が成り立っているのであり、ひいてはそれが自分のためになるのです。


不自由をいとわず努力する者のみが、自由を得られるのです。だからこそ真の自由は尊いのです。自由の意味を取り違えてはなりません。私は五十有余年の企業再建人生の中で、人の交流のありがたさと、自由とは何かを身を持って知ったのだと思います。


自我を張っていたのでは、他人の意見が耳に入るはずはありません。また、自分も立て、相手も立てるというような都合の良いことはあり得ないのが世の常です。どんな仕事でも、自分を捨てることから始まります。この自分を捨てる、自分を殺すということがわかってきたのは、70歳ぐらいからでした。


早川種三の経歴・略歴

早川種三、はやかわ・たねぞう。日本の企業再建家。慶應義塾大学卒業後、東京建鉄(のちの日本建鉄)に入社。その後、「日本特殊鋼」「佐藤造機(のちの三菱農機)」「興人」などの管財人を受け持ち、企業再建を行った。再建の神様と称えられた。

他の記事も読んでみる

平岩外四

人間、逃げちゃいけないと思うんです。大事な時にふわっと逃げる人がいる。これ落第です。ボールは正面でつかむものです。


鈴木敏文

実力以上の目標を無理して設定すべきではありません。マラソンでも実力が伴わないのにスピードを上げると、一時的には先頭に立てても必ず失速します。ただ、安全圏内に目標を設定しているかぎり成長はあり得ません。無理ではないが、これまでの限界を超えるレベルに目標を置いてみることが大切です。


日下隆史

私のマインドリセットの方法は、新しいところに行って知らない方々と出会うこと。ですから自分が全く知らない世界に身を置いている方々とお話しをさせていただく機会、そういう機会を提供していただける場が好き、ということになります。したがいまして好きな場所というよりも、そういう場、雰囲気が好き、ということになるかも知れません。


東英弥

事業の理想の計画があれば、現実の中では資金が足りない、人材が足りないといった厳しい課題に直面しても、前を向き、目標を持つことができます。そうすれば、その理想に人も付いてくる。


野村文吾

私はこれまでの取り組みを通じて、会社を立て直すためのステップを学びました。まずは社内で危機感を共有すること。次に、売り上げの増加につながるアイデアをお客様から集めて、積極的に採用すること。


下嶋政幸

当社では企業内起業家育成に力を入れています。今年7回目を迎えた「ビジネスプラン策定研修」には職場推薦などで選ばれた20~30代の24名程度が参加。まず論理的思考や経営戦略、マーケティングの基礎知識を学び、その後6名程度のグループに分かれて一つの新規事業の立ち上け、までをプランニングします。市場調査、取引先選定、収益フロー、予算取りなどを本物の事業計画と同レベルまで詰めて、最後は全役員の前でプレゼンテーションするのですが、具体性の高い内容のため役員側との質疑応答は毎回非常に白熱します。研修で上がったプランが実際のプロジェクトとして動き出す事例も出始めました。社外講師や受講生同士でつながりが生まれるなど、人脈の形成にも役立っているようです。


プルタルコス

人間には、舌は一枚しかないが、耳は2つある。


杉山知之

学生8~10人でグループワークをするときに、各人のアイデア、写真だったりキーワードだったり、そういうものをプリントアウトして、デスク上に並べて全員で見ながら共有するのです。物理的に、近くにいる人の体温を感じながらディスカッションを重ねていくことで、ひとつのアイデアがよりよい方向に発展したり、あるいは組み合わさって思いもしなかったカタチに変化していきます。また、実際に手にとって触れるというアクションがあると、学生の参加意識も高まるし、学習効果も効率も上がる。プリントしたものを共有することにはそんなメリットがあるのです。


奥島孝康

生徒と教師の間に「こころの共鳴・共振」がなければ、知識は血の通った活きた知識とはならない。


田中角栄

駕籠(かご)に乗る人、担ぐ人、そのまた草鞋(わらじ)をつくる人。
【覚え書き|田中氏の口癖。偉い人も下で支える人がいないと成り立たないという意味】


クリストフ・ウェバー

武田の社員は優秀だが、勝利への強い意欲やオペレーションの機敏さがやや不十分な面もある。これを強化する。グローバル市場で戦う人材が必ず育つはずだ。


岡田武史

僕は自分で経営をやってみて、初めは夜中にガバッと目が覚めるくらい危機感がありました。だから全部自分でやらないと気が済まなかった。でも、あるときスポンサーから「最近の岡田さん面白くない」と言われて、そうか、自分がすべきことはビジョンや夢を語ることだと気づいたんです。それで最近は社員に任せるようにしています。


吉田晴乃

29歳の時、親の反対を押し切ってカナダ人と結婚し、娘が1歳になる前に夫の都合でカナダに渡りました。私は異国で職を探し、現地の通信会社で営業職として働き始めます。日本人向けのお土産用としてカナダの風景をプリントしたテレホンカードの販売を提案し、街中の店に置いてもらえるように営業しました。また、日本との割安な国際電話プランを提案したところ、これが大当たり。売り上げという数字で結果を出すことで、女性だから、日本人だからといった差別はなくなりました。


野田一夫

「若い頃の失敗こそ、将来の成功への貴重な糧」というくらいの太い神経を持っていないと、大きな成功は到底望めない。


永持孝之進

教育無用論とは言いません。ただ経営者が本当にいい会社を作るためにやるべきことは、向上心を持って、放っておいても勉強する人が何人も出てくる社内雰囲気づくりです。