名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

早乙女貢の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

早乙女貢のプロフィール

早乙女貢、さおとめ・みつぐ。日本の歴史小説家。「会津士魂」で吉川栄治文学賞、「僑人の檻」で直木賞受賞。山本周五郎の弟子。司馬遼太郎、池波正太郎とともに時代物御三家と讃えられている人物。曽祖父が会津藩士

早乙女貢の名言 一覧

家康の敗北の生かし方とは、次の機会までの力の蓄積の期間に転じることであった。ここに、負けて勝つ秘法がある。柔よく剛を制するのである。


雌伏もまた静かなる戦いなのである。【雌伏(しふく)=絶好の機会が訪れたときのために、力を蓄えながら、忍耐強く待つこと。】


早乙女貢の経歴・略歴

早乙女貢、さおとめ・みつぐ。日本の歴史小説家。「会津士魂」で吉川栄治文学賞、「僑人の檻」で直木賞受賞。山本周五郎の弟子。司馬遼太郎、池波正太郎とともに時代物御三家と讃えられている人物。曽祖父が会津藩士

他の記事も読んでみる

山本大介(経営者)

それまでの有田焼の営業といえば、いわゆる「御用聞き営業」でした。九州の片田舎で「有田焼でございます。11代続く窯元です」といくら声を張り上げても、今の時代、誰も見向きもしてくれません。こちらから出向き、頭を下げ、とにかく自分の足で稼ぐ営業に徹しました。


豊田昌洋

雪印食品の牛肉産地偽装事件が起きた時、青木(弘・会長)が入院をしていてお見舞いに行ったら、ベッドの上で新聞を読んでいました。そこで「雪印食品は困っているじゃないか。何か考えたのか?」と言うんです。私は考えていなかったわけですが、青木は「こういう会社をきちんと引き受けるのが我々の役割だ」と。この分野の経験はありませんでしたが、調べてみるとマーケットが壊れたわけではありませんでしたし、技術力もある。こうした工場が手に入るならばいいのではないかと考えました。破綻前の北海道工場には約300人が働いていましたが、地元との話の中で半分でもいいから雇用して欲しいとおっしゃるので半分の人員を雇用しました。


廣瀬禎彦

「ああしろ」「こうしろ」といちいち部下に指示することが、上司の仕事ではありません。上司に求められるのは「段取り力」です。段取り力というのは、部下に仕事の目的を明確に示して、それを具体的なタスクにブレイクダウンしていき、段取りをつける能力のことです。つまり、上司には目的と現状をつなぐ論理を構築できることが必須なのです。


井村雅代

もちろん長所を伸ばすことは大切です。でも、短所や苦手なことに目をつぶるのは絶対に駄目です。短所を克服することを避けていると、それが引け目になって精神的な弱さにつながるんです。そして「いざ」というときに、その弱さが出て致命傷につながってしまいます。


門田道也

社長就任後は縦割り意識の強さが気になっています。当社には水処理の装置と薬品という2本の柱があります。一度の受注額が大きい前者と、顧客先で長期にわたり問題解決に当たる後者では文化が異なります。目先の利益を追った部門最適を避け、企業としての総合力を引き出していく考えです。


和田秀樹

お金持ちの強みは、トラブルに強いだけでなく、そこから学べることです。トラブルや失敗の経験をプラスにしていく。


アンドリュー・カーネギー

自らを助けないものを救おうとしても、無駄だ。ハシゴを自分で登る意思のないものを他人が押し上げることできない。


最上悠

甘く見られているうちは、人からいろいろなことを教えてもらえます。若いうちは甘く見られていることを最大限利用するのもいいと思います。ただし、利用されそうになったときは「すみません、ちょっとそれは……」と無制限に「いいひと」ではないことを意思表示しましょう。


安東邦彦

いまは買いたいものがあれば、客は自分でいろいろなことが調べられる時代です。知識や話術だけでは、客の購買意欲を刺激することはできません。商談の場面で、営業マンの武器になるのは、「自分のミッション」と「客の満足感」とが一体化するような情報提供力なのです。


枝野幸男

やはりブレてはいけないということ、その一点です。筋を通すことが大事である一方で、政治は妥協でもある。みんなが自分の主張を押し通し続けていたら、何もまとまらないので、基本的には妥協の芸術なんですね。だが、許される妥協の範囲と、越えてはいけない線があって、越えてはいけない一線を越えたら、筋を曲げた、ブレたということになる。そのラインを見極めるというのは、政治家にとってものすごく難しいが、ラインを越えることになると思ったときには、ブレないでやってきたつもりです。


尾崎健一(尾﨑健一・臨床心理士)

傾聴とは、「自分の知りたいこと」を聴くのではなく、「相手の話したいこと」を引き出して聴くこと。


福井威夫

私は失敗を気にせず好きなことをどんどんやれと言っています。本来ならば失敗はあってはいけないことです。しかし、新しい技術に挑戦していくうえで、失敗は当たり前なんです。