早乙女貢の名言

早乙女貢のプロフィール

早乙女貢、さおとめ・みつぐ。日本の歴史小説家。「会津士魂」で吉川栄治文学賞、「僑人の檻」で直木賞受賞。山本周五郎の弟子。司馬遼太郎、池波正太郎とともに時代物御三家と讃えられている人物。曽祖父が会津藩士

早乙女貢の名言 一覧

家康の敗北の生かし方とは、次の機会までの力の蓄積の期間に転じることであった。ここに、負けて勝つ秘法がある。柔よく剛を制するのである。


雌伏もまた静かなる戦いなのである。【雌伏(しふく)=絶好の機会が訪れたときのために、力を蓄えながら、忍耐強く待つこと。】


早乙女貢の経歴・略歴

早乙女貢、さおとめ・みつぐ。日本の歴史小説家。「会津士魂」で吉川栄治文学賞、「僑人の檻」で直木賞受賞。山本周五郎の弟子。司馬遼太郎、池波正太郎とともに時代物御三家と讃えられている人物。曽祖父が会津藩士

他の記事も読んでみる

スガシカオ

なんの保証もなかったけど、根拠のない自信だけはあった。
【覚え書き|ミュージシャンの道を選んだ当時を振り返っての発言】


関家一馬

社長が一度言ったからといって全員が理解するわけではない。今でも年間70回以上は様々な拠点を回って、現場と話し込んでいる。


酒巻久

交渉後の持ち帰りはムダ。せっかく交渉に行ったのにその場で結論が出せず、「社に持ち帰って検討します」というケースが、とくに日本企業にはあまりに多い。海外の企業から見ると「何しに来たのだ」という話です。権限を持たない部下を派遣することは、まったくの時間のムダです。


出口治明

自分の評価と周囲の評価がズレている人は、結局、自分のことしか見ていないことが多い。僕はこれほど一所懸命にやっている、私はすごいというように。目に自尊心の膜がかかっていて、外の世界が見えていない。自分を見れば見るほど、自分を誤解してしまう。


石見浩一

人は「同じ場所で安定した給料をもらい続けるのがラク」とも考えてしまうもの。だから、会社が変化し続ける姿勢を社員に見せることが必要です。その具体的なムーブメントが組織変更です。変化するお客様のご要望に対して、先を読み、新事業を立ち上げ、部門間異動も活発にする。それによって、変化することによって得られるものを教える。「うちは変わり続ける会社なんだ」「自分たちが変化を起こすんだ」「変化を起こすことは正しいんだ」というDNAが確実に培われています。それが当社の強みを生み出している最大のポイントでしょうね。


守屋淳

不思議なことにビジネスの世界では、往々にして「有名な経済誌が特集していた」「一流の先生がお墨付きを与えていた」「他社や他人はこれで成功を収めたらしい」といった情報に流され、戦略を決めてしまう場合がある。自分の状況に合った戦略とは何かを、徹底的に考えることが、成功するための第一歩となる。


畑正憲(ムツゴロウ)

先日、アブダビ行きの飛行機に乗ったときのことです。隣に座った乗客が、ノートパソコンの画面を見ながらしきりと手を動かしている。画面がチラッと眼に入ったのですが、どうやら手術の様子を収録した映像のようでした。その人はおそらく外科医で、10時間以上のフライト中ずっと、手術のシミュレーションをしていたのです。圧倒されましたね。こうした向上心があれば、人間はいくつになっても成長し続けることができるのではないでしょうか。


アルボムッレ・スマナサーラ

必要なことであれば楽しくなるような工夫をしてやり抜きましょう。本当に必要なら、それほど無理しなくても集中力は生まれてくるもの。


森川博之

まず「現場を知る」こと。成功事例の共通項は、現場や顧客との対話を繰り返しつつ、自社の価値を再定義したことにあります。


三島和夫

必要な睡眠時間は個人ごとに大きな差があります。6時間睡眠でばっちりだという人もいれば、8時間でも足りない人もいる。この個人差は相当大きく、必要睡眠量の平均値、中央値すらわかっていません。


山本ケイイチ

これまで自分は、成功した多くの経営者やビジネスマンと関わってきました。彼らに共通することは、何か新しいこと、モデルケースのないこと、自分でリスクを背負うことに対して、恐れることなく果敢に立ち向かっていることです。当然、結果が見えるまで心は痛みっぱなしだけれど、彼らはその痛みに耐えるのです。だから結果が得られるし、仮にうまくいかなかったとしても、成長の糧を得ることができます。


石渡美奈

ホッピーはヒット商品の成功体験にあぐらをかいてしまった典型例です。本当にホッピーを愛してくれるお客様や飲食店があったにもかかわらず、そういう人々の顔をまったく見ようとしていなかったのです。せっかくブランド力があり、商品も陳腐化していないのに、売れない。


ロバート・キヨサキ

今すぐ始めよう。実地訓練として小さな投資を始めてみよう。誰でも必ず間違いを犯す。その間違いから学ぶことが成功への道だ。


上村光弼

これまで何人も超一流のビジネスパーソンにお目にかかってきましたが、共通しているのは、夢を追いかけたというより、目の前の仕事に必死で取り組むことからキャリアを切り開いてきたという点です。


三谷宏治

新しい商品を開発するには、知識を詰め込む「ラーニング」ではなく、身につけた知識や常識を壊す「アンラーニング」が必要です。とはいえ一度身についた常識を払いのけるのは大変なこと。それならば最初から常識のないほうが、飛躍できる可能性が大きい。


ページの先頭へ