名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

日野江都子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

日野江都子のプロフィール

日野江都子、ひの・えつこ。国際イメージコンサルタント。東京出身。武蔵野美術短期大学卒業、パーソンズ美術大学(米国)卒業。米国イメージコンサルタントのライセンス取得。ニューヨークを拠点にイメージコンサルタントとして活躍。著書に『NY流 魅せる「外見」のルール』。

日野江都子の名言 一覧

見た目や身だしなみは、相手への配慮。「人のため」に行なうことであり、巡り巡って自分に返ってくる。


実際の自分の能力以上にできるように大きく見せようとすると、衣ばかり大きくて中身が小さいエビのてんぷらみたいになってしまう。


せっかく能力があっても、人に信頼されなければ成功はありません。華美である必要は一切ありません。こぎれいに、丁寧に相手に誠実に生きていることを示す姿勢が重要。


あまり「こうなりたい」というあこがれのイメージを前面に出すのは危険。自分の本質以上に自分の印象を能力の高いものに作り込めば、当然他者からの期待値を高めることになります。すると、印象と実際の能力のギャップはすぐに判明し、信用をなくし、痛い目を見るのは自分だからです。一種の誇大広告のようなもの。


まず、「かっこよくしよう」ではなく、「悪くないものにしよう」「相手に失礼がないようにしよう」というところから始めること。「おしゃれに」ではなく、「ちゃんとする」「清潔にする」というのが、何よりも重要であり、すべての基本です。


姿勢や話し方といった「習慣」は、変えるのに時間がかかります。ただ、服装や身だしなみといった「パーツ」や「ツール」は、そこに投資をすることで簡単に変えられます。新しい服を買ったりネクタイを選んだりするのは一見、大変なことですが、実は一番合理的で最も効果的に第一印象を変えることができるのです。


怖いのは、一度違和感・不信感を持たれてしまうと、初頭効果によってその後の印象すべてにバイアスがかかってしまうということ。たとえばその人がちょっとした失敗をしたとします。最初の印象が良いと「今日は調子が悪いのかな」「緊張しているのかな」などと思ってもらえます。逆に、印象が悪いと「やっぱりね」と、悪印象を強化するほうに働いてしまうのです。とにかく、第一印象は二度作れないというのは真理です。


それなりの年齢になられた方々であればあるほど「なんだか虫が好かない」というように、一瞬で相手を判断する人が多くなりますが、これはつまり、年齢を経てそれだけの経験が蓄積されてきたから。


人はまず「目で聴く」生き物です。誰かと会った瞬間に、なんとなく「えっ」という印象を持ったことがありませんか。一見、おかしなところはないのに、なぜか違和感を抱く、というような……。実はこれは単なる思い込みではなく、今までの膨大な情報が経験として積み重なった結果、自分でも気づかないうちに瞬時に相手を判断しているということなのです。


日野江都子の経歴・略歴

日野江都子、ひの・えつこ。国際イメージコンサルタント。東京出身。武蔵野美術短期大学卒業、パーソンズ美術大学(米国)卒業。米国イメージコンサルタントのライセンス取得。ニューヨークを拠点にイメージコンサルタントとして活躍。著書に『NY流 魅せる「外見」のルール』。

他の記事も読んでみる

片岡愛之助(6代目)

僕らの仕事は、演出家のプランをいかに具現化していけるか。誠心誠意努めたいと思っています。


安渕聖司

私は何を優先して行なうか、優先順位を決めています。たとえば、「お客様からのクレームには何より先に対応する」「災害時なら社員の安否確認を第一に行なう」といった具合です。そうすれば、いざというときに焦ることなく、冷静な判断が下せます。


小笹芳央

自社と業界との距離をどのくらいに置くか考えていないと、業界の常識を外れることは難しい。


畑山浩昭

たとえば、自分が英語を勉強していたら、ある時、その国の文化に興味を持ったと。異文化に興味を持って調べていったら、今度はその国の政治が知りたくなった。だったら政治の勉強をすればいいわけで、そうやって学びの可能性を広げていくのが学群制の特徴ですね。


村瀬治男

部下の仕事のどこがよくて、どこがいけないのか、日ごろのコミュニケーションの中で明確に伝え、確認しておかなければならない。


兼元謙任

仕事に情熱を傾けられる人は、本人も成長するし、会社の成長にも繋がる。


サイモン・クーパー(経営者)

企業は変えるべき部分と変えるべきではない部分を併せ持っています。たとえば時代の変化とともに、ホテルの内装やセキュリティは変わります。しかし、「紳士淑女をおもてなしする私たちもまた紳士淑女です」というモットーと、戦略的事業計画の立案に従業員を参加させるという伝統は変えません。


籾井勝人

政治の世界でも企業でも、我々日本人に必要なことは「自主性」を持つということではないでしょうか。個人個人が自分の持ち場をわきまえて、自分たちの役割をこなしていけば、必ず企業は良くなると思う。


黒田如水(黒田官兵衛)

乱世に文を捨てる人は、軍の道理を悟らないから、制法が定まらず、国家の仕置に私心が多く、家人や国民を愛する術がないから、人の恨みが多い。血気の勇だけで、仁義の道がないから、士卒に敬慕の念が欠け、忠義の志が薄くなるから、たとえいったん軍に勝つことがあっても、後には必ず亡びるものである。


江上治

ご用聞きみたいに、「私が今、お役に立てることは何ですか?」「今どんな問題を抱えていますか?」と質問から入れば、その人の抱えている問題が分かる。


小倉昌男

経営者として社員とコミュニケーションを深めようと思ったら、社長室に閉じこもっていてはいけないと思う。めったに人前に現れず、どこか神秘的な雰囲気さえ漂わせている経営者もいるが、それではトップがどんな人間で何を考えているのか、社員には伝わらないだろう。社員の前に姿を見せ、ときにはスキンシップを図ることも、社長にとっては重要なコミュニケーション手段だと言うことだ。


伊藤秀二

今は言い訳ができないところまで分権化しています。例えば、自分のところの部長は自分では決められない、お金を使う権限がないなどと言い訳をすることがあります。でも部長は選んでいいし、お金も使っていいよ、自分が責任を持てる範囲でということにした。そうすると、そこまでしなくてもいいですよと言う人も出てくる(笑)。多少強引であってもスピード感で進めて行くことが必要な場合と、こつこつとやった方がいい場合もありますから、組織として上手に人を配置することで回っていくのです。