名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

日野江都子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

日野江都子のプロフィール

日野江都子、ひの・えつこ。国際イメージコンサルタント。東京出身。武蔵野美術短期大学卒業、パーソンズ美術大学(米国)卒業。米国イメージコンサルタントのライセンス取得。ニューヨークを拠点にイメージコンサルタントとして活躍。著書に『NY流 魅せる「外見」のルール』。

日野江都子の名言 一覧

見た目や身だしなみは、相手への配慮。「人のため」に行なうことであり、巡り巡って自分に返ってくる。


実際の自分の能力以上にできるように大きく見せようとすると、衣ばかり大きくて中身が小さいエビのてんぷらみたいになってしまう。


せっかく能力があっても、人に信頼されなければ成功はありません。華美である必要は一切ありません。こぎれいに、丁寧に相手に誠実に生きていることを示す姿勢が重要。


あまり「こうなりたい」というあこがれのイメージを前面に出すのは危険。自分の本質以上に自分の印象を能力の高いものに作り込めば、当然他者からの期待値を高めることになります。すると、印象と実際の能力のギャップはすぐに判明し、信用をなくし、痛い目を見るのは自分だからです。一種の誇大広告のようなもの。


まず、「かっこよくしよう」ではなく、「悪くないものにしよう」「相手に失礼がないようにしよう」というところから始めること。「おしゃれに」ではなく、「ちゃんとする」「清潔にする」というのが、何よりも重要であり、すべての基本です。


姿勢や話し方といった「習慣」は、変えるのに時間がかかります。ただ、服装や身だしなみといった「パーツ」や「ツール」は、そこに投資をすることで簡単に変えられます。新しい服を買ったりネクタイを選んだりするのは一見、大変なことですが、実は一番合理的で最も効果的に第一印象を変えることができるのです。


怖いのは、一度違和感・不信感を持たれてしまうと、初頭効果によってその後の印象すべてにバイアスがかかってしまうということ。たとえばその人がちょっとした失敗をしたとします。最初の印象が良いと「今日は調子が悪いのかな」「緊張しているのかな」などと思ってもらえます。逆に、印象が悪いと「やっぱりね」と、悪印象を強化するほうに働いてしまうのです。とにかく、第一印象は二度作れないというのは真理です。


それなりの年齢になられた方々であればあるほど「なんだか虫が好かない」というように、一瞬で相手を判断する人が多くなりますが、これはつまり、年齢を経てそれだけの経験が蓄積されてきたから。


人はまず「目で聴く」生き物です。誰かと会った瞬間に、なんとなく「えっ」という印象を持ったことがありませんか。一見、おかしなところはないのに、なぜか違和感を抱く、というような……。実はこれは単なる思い込みではなく、今までの膨大な情報が経験として積み重なった結果、自分でも気づかないうちに瞬時に相手を判断しているということなのです。


日野江都子の経歴・略歴

日野江都子、ひの・えつこ。国際イメージコンサルタント。東京出身。武蔵野美術短期大学卒業、パーソンズ美術大学(米国)卒業。米国イメージコンサルタントのライセンス取得。ニューヨークを拠点にイメージコンサルタントとして活躍。著書に『NY流 魅せる「外見」のルール』。

他の記事も読んでみる

森山透(経営者)

私の仕事の7割くらいが権限委譲も含めた人材育成なんじゃないでしょうか。ですから、事業所を訪問していろんな人と会話するようにしています。ただ、難しい話はしないですよ。「明るく、楽しく、元気にやろう」と言うだけ(笑)。そのためにもコミュニケーションが盛んになる雰囲気づくりを大事にしています。それが、統合した会社がひとつになっていく上でもっとも大事なことだと考えているからです。


安部修仁

数字は最も重要なコミュニケーションの道具です。言葉だけを伝えると、まったく逆の解釈をされるといったことがしょっちゅう起こってしまいます。ですから、個々の役割を明確にするためには、数字で目標を伝えることが不可欠です。


岸部一徳

1年目2年目は「いったい、これからどうなるんだろう」と思えるほどの恐ろしい人気ではありました。でも、3年目にはもう陰りが出てくるんですよ。加橋かつみが辞めて弟の四郎が入ったりして、4年目には「どういうふうに解散するか」ってことを考えていましたから。ただ、解散といっても、ダメになったから解散するんじゃなくて、新しい何かを生み出すエネルギーだと、ものすごく前向きに考えていたんです。

【覚え書き|ザ・タイガース時代を振り返って】


佐藤隆太

僕は撮影現場で、芝居を模索することが多いんです。常に「これでいいのか、これでいいのか」と悩みながら芝居をする、その連続ですよ。いちど気になると、けっこう引きずりますね。「あれ、さっきのシーンは違ってたかな」とか。


原田泳幸

私は社長就任直後、会社の信用を損ねるような事件や事故があったときは、30分以内に社長の私に連絡が入るホットラインを社内に作りました。社長は会社のあらゆることにコミットメントしなければならない。そのためには、裸の王様でいてはならない。


徐向東

現代自動車は中国進出が出遅れましたが、綿密なマーケットリサーチに基づいて中国人の心理とタイミングをとらえ、中級車の価格で高級車の乗り心地というコンセプトを打ち出した。中国人の消費者がこだわる「面子」と「実恵」、日本で言えば世間体と実益を満足させることに成功し、結果、販売台数を2年で5万台から30万台に迫る成長を果たしました。


重松理

私がずっとやってこられたのは「慢性新鮮病」のおかげ。新しいもの、欧米にあって日本にないものを仕入れて売ってきました。


黒木メイサ

今年は前半、後半で分けて攻めようと思っています。私、短期・単発集中型なんですよ。役柄があるときは、役に集中するし、音楽に浸かるときはどっぷり浸かるやり方が好きですね。


松波晴人

私は行動観察をマーケティングに取り入れているのですが、従来のマーケティングの調査では、例えば製品を開発するにしても、主婦を対象とした新たなサービスを考えようというときも、まずアンケートをしていました。アンケートを取ると、皆さん普段から困っていることはもちろん書いてくれます。しかし、そこに書かれているのは「思っていること」だけ。あるいはグループインタビューをしても、いろいろ話してはくれますが、本人も気付いていないことは、当たり前ですが話せないし、言葉にならない。アンケートで「どう思いますか?」と問うのは、ある意味、表面的であって、もっと深いところまで掘り下げないと、これだけいろいろな価値観があるなかで、本当に良いもの、新しいものは提案できないと思うんです。


徳重徹

グローバルで勝ち抜くためにも、思いの強さは武器になります。私もアジア各国を飛び回って交渉をしていますが、最後の決め手となるのは「自分たちのビジネスであなたたちの国の発展に貢献したい」「日本から世界トップクラスのメガベンチャーを育てたい」といった使命感です。英語力を磨いたり、相手の文化を勉強するといった表面的な努力より、気持ちの部分が勝負を左右する。


塚原光男

僕が開発した月面宙返り(ムーンサルト)以前は、回転とひねりは別々の技で、二つ同時の合体技は人間の身体能力では不可能とされていました。しかし、あの技以降、世界が合体技に向かい、いまの選手の技もその延長上にあるんです。このメダルは「人ができないことをやりたい」と思っていた子供のころの、夢の実現の証でもあるんです。


飯田亮

順風満帆というものは、経営者にとって気持ち悪いもの。