名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

日比野弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

日比野弘のプロフィール

日比野弘、ひびの・ひろし。日本のラグビー選手、指導者。日本ラグビーフットボール協会名誉会長。早稲田大学卒業後、東横百貨店に入社。同社社長を務めた。古巣の早稲田大学ラグビー部のコーチに就任。監督を務め大学選手権、日本選手権で優勝を果たした。その後、早稲田大学体育局専任講師、助教授、教授などを務めた。

日比野弘の名言 一覧

人は、多くの人や社会と関わり合い存在しています。周りを大事にし、共存することで、自分も高めていけると思うのです。


ラグビーは自分の手柄を考えないで、チームの捨て石になり、その結果をみんなで喜び合うスポーツです。だから、トライをしてもガッツポーズをするのではなく、ボールをパスしてくれた皆に感謝するという精神が大切です。その考え方はラグビーに限らず、人生に広く通用するはずです。


私は間もなく早稲田ラガーマンとして還暦を迎えます。「オール.フォア.ワン」「ワン・フオア・オール」。仲間を生かし合うラグビーの精神を学び、教え、実践してきました。


日比野弘の経歴・略歴

日比野弘、ひびの・ひろし。日本のラグビー選手、指導者。日本ラグビーフットボール協会名誉会長。早稲田大学卒業後、東横百貨店に入社。同社社長を務めた。古巣の早稲田大学ラグビー部のコーチに就任。監督を務め大学選手権、日本選手権で優勝を果たした。その後、早稲田大学体育局専任講師、助教授、教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

和田秀樹

褒められるだけではモチベーションアップにつながらない人。結果が出なくても温かい言葉をかけられて調子にのる人。これらのタイプの人たちは、むしろビシビシと厳しくやられるほうが効果的。とくにいまの若い人は、極力叱らない、ランクもつけない環境で育ってきています。子供の頃から「褒められ慣れ」ているので、褒めるだけでは効果も薄い。最近、結果を出せていない部下や後輩に活を入れれば、劇的な効果を生むかもしれません。


小池百合子

私が主唱した「クールビズ」でもそうでしたが、上から「せーの」で変わらなければ、日本の企業や組織は動かない。


丹羽宇一郎

私が商社時代、部下に取引先と信頼関係をつくるために言い続けてきたことは「お金儲けのために仕事をするんじゃない」「金を追っかけていったら、逆に金は逃げるぞ」ということです。


山中諄

はじめから100点満点の答えを用意してスタートするのではなく、40点、50点でも構わない。そこから100点に近くなればいい。


松本淳志

顧客ニーズを満たす技術力が必要。システムを作って対価をいただく以上、そこに技術力がなければ不誠実になる。だからこそ当社では常に、技術力の向上に徹底的に注力している。


和田秀樹

人に愚痴ることもなく、なんでも自分で解決してしまう人がいます。立派ではありますが、こうした人は心に疲労を溜めている可能性があります。愚痴に限らず、「人に頼る」ことは、心身の健康を保つために非常に重要です。上手くいかないことがあった時、いつも自分のせいにしてしまうという人は、時に誰かに愚痴ってみましょう。そして、愚痴を聴いてくれた相手が困った時は、あなたが愚痴を聞いてあげましょう。


五代友厚

地位か名誉か金か、いや、大切なのは目的だ。


渡邉英二

「人並み以上に努力をして初めて、みんなと同じくらい仕事ができる」と考えて仕事をしてきました。


中村獅童(二代目)

ある程度名前を知っていただけるようになった今、僕の夢は「いい役者になること」。シンプルすぎるかもしれませんが、それだけしか考えていません。「何がいい役者なのか」は、数値で測れるものではありません。スポーツと違い勝敗も関係ない。自分の生き様、人間としての深みが演技に表れ、「いい役者」と周囲に思っていただけることにつながる。目に見えないゴールに向かって走るのは正直、苦しいですよ。でも走る中で、新たに生まれてくるものもあります。


高橋恭介(経営者)

この立場に安住したら、社外で通用しない人材になりサラリーマンとして生き残れないと考えたんです。

【覚え書き|恵まれた環境の大手企業からベンチャーに転職したことについて】


米澤穂信

小説は好きに書けるので、自分の思うように書くことももちろんできるんですけど、その小説が求めているものでなかったら、それはただの雑味になってしまう。好きだから書くのはもちろんなんだけれども、「好きなように書く」のではないのだと常に自分を戒めています。


松木安太郎

いまの若い人たちは情報や選択肢が多すぎて、かえって迷うことがあるんじゃないかな。そういうときは、あれこれ考えるより、とにかく突っ走った方がいい。