名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

日枝久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

日枝久のプロフィール

日枝久、ひえだ・ひさし。日本の経営者。フジテレビ会長。東京出身。早稲田大学教育学部社会学科卒業後、フジテレビジョンに入社。労働組合結成に尽力し書記長にまでなったことが経営者の逆鱗に触れ左遷される。その後、トップの交代で本社に復帰。編成局長、取締役、常務などを経て社長に就任。日本民間放送連盟会長、日本美術協会理事、国際連合世界食糧計画WFP協会顧問、新日本フィルハーモニー交響楽団副理事長、東京文化会館館長、世界自然保護基金ジャパン理事なども務めた経営者。

日枝久の名言 一覧

人は誰しも、子供のころから何らかの夢を持っているものですが、その内容は人生の段階にっよって変化します。むしろ、刻々と変わっていってよいと思います。幼いころからリタイアした後まで、その時々の自分にふさわしい夢を抱き、懸命に生きて行けばよいのです。


私自身、記者だった時代は、取材で海外を飛び回りたいという夢を持っていました。そして経営者となったいまは、とにかくフジテレビを夢のある会社にしたいと思っています。夢があれば、生きる中で困難にぶつかっても、乗り越えていけます。夢さえあれば、たとえ年老いて、体は衰えても、心の若さを自ら作り出していけるのです。命のある限り、夢はこどかに存在するはずですから。


フジテレビの新入社員にも志と情熱、そして夢を持って仕事に取り組んでほしいと常に言っています。そうでなければ、社員一人一人の覇気がなくなってしまうでしょう。そして、テレビという媒体を通して、視聴者に喜びを与える仕事はできません。


夢は、普段多忙な仕事生活を送る中で、ふと思い出す存在でもあります。見る人、そして見る角度によってさまざまに形を変え、いつ現実になるかはわからないもの、どこか儚い部分を持っているからこそ夢は美しいのです。見果てぬ夢であってもそれはそれで素敵なものだと思います。


夢を抱けるということは、まさに生きている証です。長い人生において、そばで励ましてくれる支えのようなものです。そして、なかなか実現しない果てしない理想のごとき存在。それが私の思い描く夢の姿です。


日枝久の経歴・略歴

日枝久、ひえだ・ひさし。日本の経営者。フジテレビ会長。東京出身。早稲田大学教育学部社会学科卒業後、フジテレビジョンに入社。労働組合結成に尽力し書記長にまでなったことが経営者の逆鱗に触れ左遷される。その後、トップの交代で本社に復帰。編成局長、取締役、常務などを経て社長に就任。日本民間放送連盟会長、日本美術協会理事、国際連合世界食糧計画WFP協会顧問、新日本フィルハーモニー交響楽団副理事長、東京文化会館館長、世界自然保護基金ジャパン理事なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

塚越寛

私の場合、会社の目的は「人を幸せにすること」だと考えている。幸せという言葉を使わずに経営などできない。人間が生きる目的はどんな場合も、突き詰めれば幸せになることであるからだ。


重田康光

投資先を見てください。ライバル会社が羨むほどでしょう。重田死すとも光は死せず、ということです。(覚書き|当時光通信は各分野トップの新興IT企業に投資をして事業の相乗効果を得ていた)


長谷川滋利

励ましの言葉は、相手の悲しい気持ちに「共感」していることを伝えるのがコツ。


北橋健治

北九州市はもともと人口が100万人いたため、人口減少の数が3年連続で日本最大となっています。現在の人口は95万人台で、高齢化率は29%に上っており、政令市でその速度が最も速い。その意味ではピンチという見方もありますが、自分としてはむしろ「課題先進地」と捉え、ひとつひとつ壁を乗り越える機会だと思っています。


梅田望夫

誰かが何かを言うと、それに対して誰かが何かを言ってくれる、ポジティブなリアクションが来る。こういう経験を、子供のころから続けていくと、全体として世の中はよくなるのではないかと僕は思っています。シリコンバレーで、僕はそういうことを学んだんです。


澤田秀雄

若い人にどんどん仕事を任せることは、次世代の育成には重要ですが、任せることは放任とは違うんです。適性のない人に任せれば、任せられた人は当然失敗します。まずはその人の素質の有無を、しっかり見極めなければなりません。


美崎栄一郎

商品の開発において、まず大事なのは、自身の得意分野で勝負することです。自分自身の基盤を強化することが第一の課題。


デイル・ドーテン

人はチームのかなめになりたがり、そして”実験”グループはエリートのチームだ。自分はチームのかなめだと信じ込むと、人々は互いに協力し合うようになり、そのために監督者の仕事までどんどん自分たちでこなすようになる。


村西とおる

人間の業は、しょうがないものでございますよ。もうこれでいいということがないんです。人の欲望は尽きないものです。我慢して我慢しきれるものではありません。あれを食べたい、これが欲しい、これをやらずに死んでたまるかというのは、人の生きる力そのものです。脳外科の偉い先生も言っていますよ。そういう意欲が萎えた途端に人の体は弱ってしまうんだと。


神田昌典

物を売る方法は2つあることが分かる。(1)支払う金額を安くする。つまり割引をする。(2)商品・サービスの価値を高める。
(1)の方法は、ちょっと前に言ったとおり、原始人の方法。そうだ、簡単なことだったのだ。商品・サービスの価値を高めれば、価格を高く設定できるのだ


陰山英男

この経験から学んだのは、常識的な指導をしていても当たり前の結果しか出ないけれど、非常識なことに挑戦すれば非常識なまでに大きな結果が出るということでした。そういう手法は勉強でも応用できるんじゃないかと思い、実践するようになりました。
【覚書き|33歳時、生徒たちとゼロからバック転に挑戦したときを振り返っての発言】


田崎真也(田崎眞也)

料理やサービスを提供する仕事とは、いってみればお客様に雇われた執事なのです。本来はデートをする際、男性がホストとしてテーブルを整えて料理を用意し、ベストなワインを選ぶことができればいいのですが、当然、それを自分でやることができる人間などほとんどいません。だから、料理のプロたちに執事の役目を委託しているのだと考えるとわかりやすいでしょう。