名言DB

9425 人 / 110833 名言

日和佐信子の名言

twitter Facebook はてブ

日和佐信子のプロフィール

日和佐信子、ひわさ・のぶこ。雪印社外取締役、全国消費者団体連絡会事務局長。東京都生まれ、早稲田大学文学部卒。東京都生活協同組合連合会理事などを経て、全国消費者団体連合会事務局長。不祥事から再出発した雪印の立て直しと引き締めのため社外取締役を務めた人物。

日和佐信子の名言 一覧

従業員が本音で会話ができなければ、経営者は自社で何が起きているか把握できません。綺麗ごとばかりが経営層に伝わってしまいます。


私は雪印の社外取締役に就任後、真っ先に現場の人の話を聞く場を持ちました。それまで役員と会話を交わすという経験がなかったせいでしょう。フリートークにもかかわらず、みなさん極度に緊張していて発言も少なかったのです。このとき私は、自由闊達にモノが言える社風に変えなければいけないと思いました。


よく「お客様第一主義」と言いますが、お客様が商品を買ってくれなければ企業は立ち行かないのだからそれは当然です。しかし、もっと広く考え、買っていただけない人まで含めた消費者という層を意識した経営をしていかなければならないのです。


不祥事が続出するのは、買ってくれるお客様だけを見ていればいいという企業の甘えがあるからだと思います。


いったん信頼を失うと、それを取り戻すことがいかに大変か。雪印乳業も100%信頼が回復しているとは言えません。不二家の一件で当社の過去の不祥事が改めて報道されると「雪印という会社はまだ存続していたのですか?」と言う人もいるくらいです。それほどに社会の目は厳しいのです。


現場の判断に任せるという姿勢だけでは社員は本当につらいと思います。ルールに対して明確なメッセージをわかりやすく発信するのがトップの務めです。


最近は企業の現場にパート・アルバイトなどの非正規労働者が増えています。また、若い人の間では会社に対する意識も変わってきていますから、昔よりあっさり内部告発されるようになっています。ささいなことであれ企業がルール違反を犯したなら、どこかで外へ漏れるものと考えるべきでしょう。


たとえ違法行為がなく目に見える被害者が出ていないとしても、企業が倫理にもとる行動をしたら、消費者や小売店はたいへん厳しい対応をとる。これまで以上に企業の倫理性が厳しく問われる時代になったのです。企業経営にあたっては、コンプライアンス(法令順守)やCSR(企業の社会的責任)を強く意識しなくてはいけない。


企業のリスク情報はとにかく早く公開しなければなりません。食中毒のように一刻を争う事件では被害の拡大防止につながりますし、なによりも「不利な情報を隠していた」と見られること自体、企業にとって大きな痛手になるからです。


日和佐信子の経歴・略歴

日和佐信子、ひわさ・のぶこ。雪印社外取締役、全国消費者団体連絡会事務局長。東京都生まれ、早稲田大学文学部卒。東京都生活協同組合連合会理事などを経て、全国消費者団体連合会事務局長。不祥事から再出発した雪印の立て直しと引き締めのため社外取締役を務めた人物。

他の記事も読んでみる

上島竜兵

いいおっさんが気持ち悪いですけど、メンバー3人、いまも仲がいいですよ。リアクションにしても俺らは1人でやっているんじゃないですから。俺が何かやるにしても、2人がちゃんと振ってくれて、1つのネタになっている。だから、見ている人からしたらすごくわかりやすいと思うし、3人で積み重ねてきたのは本当に良かったと言える。


三ツ井創太郎

儲かっていない飲食店は99%は「人」が原因。人の悩みは、仕組みで解決できます。理念浸透や人材採用、人件費の抑制、社長の右腕人材育成。まずは1つでも出来るところからでいいので取っ掛かりにしてもらえたら嬉しいです。


渋谷陽一

ファン目線で王道の評論を書いているつもりなのに、どうも編集部から認めてもらえないんです。次第に音楽業界の中では仕事が成立しなくなるんだけど、図々しいから自分に反省を求めないんですね。ダメなやつの典型例で「周囲が駄目なんだ」と思っちゃった。それで、自分の正しさを証明しよう、業界の目線ではなくてファンの目線で雑誌をつくれば、既存のものより指示されるに違いない、と自分で創刊することにしたんです。
【覚書き|雑誌『ロッキング・オン』を創刊したときを振り返っての発言】


内藤誼人

機嫌の悪い相手からは、距離を置くのがルールである。機嫌が悪い奴は、みさかいなく吠えかかる犬と同じで、手が付けられない。無理になだめようなどとして近寄っていくと、とんでもない目に遭うこともある。なだめる役は、別の人にやってもらえばよいのであって、あなたが火中の栗を拾う必要はない。


山口謠司

ものの言い方一つで、その人の知性や教養のレベルがわかってしまう。言葉を理解し、使いこなす「語彙力」は、社会人としての評価を左右する重要なスキル。


小暮真久

僕の得意分野はプレゼンや交渉、戦略策定など。一方、会計や法務に関しては、代表として最低限必要な知識は持っていますが、正直言って苦手です。ここはプロ中のプロの方にやってもらっています。


黒田武志

落ち込むことがあっても、意志を強く持って、前向きに考えなければいけない。


千本倖生

世の中には3種類の人がいます。

  1. 何が起こっているのかを「見る人」。半分くらいの人はこれです。
  2. 何が起こっているのかを「尋ねる人」。分析をしたりできる頭のいい人たちで、これが残りの大半です。
  3. 1%くらいの人たちが三つ目の「起こす」人です。これができる人は少ないのです。でも、これからの若い人は、この「起こす人」でなければなりません。

池田輝彦

フィービジネス(顧客にサービスを提供し手数料をもらうビジネス)はプロフェッショナルの業務です。お客様は資産運用、資産管理、年金、相続、不動産など各分野の専門家の仕事に対して手数料を支払います。当社は3000人を越える専門資格者達を有するプロフェッショナル集団を形成しています。


米津玄師

曲をつくりたい気持ちがどんどん強くなって、中2のときにバンドを組んだんです。最初から誰かのコピーじゃなくてオリジナル曲をずっとやっていたんですけど、周りのメンバーに「ベースのフレーズ考えて」とかいきなり無理を言ったりしてたので、めっちゃ戸惑われてたでしょうね(笑)。ステージに立ってライブがしたいという欲求はなくて、ただ単純に音楽をつくりたかった。でもそのためのフォーマットとして、当時はバンドの形態しか知らなかったんです。