名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

日向野幹也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

日向野幹也のプロフィール

日向野幹也、ひがの・みきなり。日本の経済学博士。「早稲田大学大学院総合研究センター」教授。東京大学経済学部卒業、東京大学大学院博士課程修了。東京都出身。東京都立大学経済学部教授、立教大学経営学部教授、早稲田大学大学院総合研究センター教授などを務めた。

日向野幹也の名言 一覧

小さな成功体験の積み重ねが成長意欲につながる。よい面を必ず認めて、信頼関係を築いたうえで改善点を伝えるようにすべき。


リーダーシップ行動に必要な「最小3要素」

  1. 「目標設定」。明確な目標を決めて、周囲の人たちと共有する。
  2. 「率先垂範」。権限がなくても周囲を動かすためには、自ら進んで行動することが求められる。
  3. 「同僚支援」。周囲の人たちには、行動したくてもしづらい事情が大抵あるもの。それを取り除く支援をする。

フィードバックをするうえで注意したいのは、評価と混同しないこと。相手の人格や業績を評価するものではなく、あくまでもリーダーシップスキルを高めるために行うものだということを、あらかじめ明確にしておくことが大切。


今、経営でも政治でも、様々なところで、上の人たちに任せておけないようなことが起きています。それを自分たちの力で解決するには、権限を必要としないリーダーシップが必要です。このベーシックなスキルを身につけた人が増えていけば、日本はかなり変わるのではないかと思います


リーダーシップは態度のスキルなので、自分はリーダーシップを取ったつもりになっていても、実際には発揮されていないことがあります。そのため、周囲から見てどうだったのか、フィードバックを受けることが重要になるのです。その内容を参考にして、行動を振り返り、改善する形で再度リーダーシップ行動を取ってみます。このサイクルを繰り返すことで、リーダーシップスキルは次第に高まります。


日本で従来行われてきたリーダーシップ教育は、成功したリーダーの講演を聴き、感想を話し合うといったスタイルが一般的でした。しかし、そのやり方では、対象者との距離が遠すぎて、リーダーシップを身につけるまでの道筋を想像できません。一方、アメリカの大学では実際にリーダーシップを発揮してみて、それが機能するかどうかを周囲からフィードバックしてもらい、修正してもう一度やってみるというサイクルの繰り返しで習得する方法が頻繁にとられています。


権限や役職に関係なく、目標を達成するために、自然発生的に他者を巻き込み行動するリーダーシップが、世界標準になりつつある。権限や役職に関係なく、ということは、リーダーシップを発揮する人が多数存在することになります。日本には「船頭多くして船山に上る」ということわざがあるように、リーダーが複数いると組織がうまく動かないのではないか、と思う人もいるかもしれません。確かに、号令することだけがリーダーシップだと考えれば、そうなるでしょう。しかし、権限と関係ないリーダーシップを持った船頭であれば、船を目的地まで安全確実に運航するという共通の目的のために、自分は何をすべきかを考え、その役割に徹した仕事をします。したがって、リーダーシップを持っている人が多ければ多いほど、目標を達成しやすくなります。


「リーダーシップ」と言えば、日本では経営者や管理職など、権限や役職を持った人が発揮するもの、というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。しかし、海外の先進国では、リーダーシップは組織の上位階層だけでなく、すべての従業員が発揮すべきスキルという認識が趨勢となっています。なぜなら、急激な環境変化に即応したり、イノベーションを創出したりするには、権限者や役職者によるリーダーシップだけでは限界があるからです。


日向野幹也の経歴・略歴

日向野幹也、ひがの・みきなり。日本の経済学博士。「早稲田大学大学院総合研究センター」教授。東京大学経済学部卒業、東京大学大学院博士課程修了。東京都出身。東京都立大学経済学部教授、立教大学経営学部教授、早稲田大学大学院総合研究センター教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

藤野英人

投資家にとって、関心の対象は宇宙のことから100円ショップ、バイオテクノロジーの話まであらゆることに及びますから、幅広いカテゴリーに目を通すようにしています。今は製造業とサービス業の分かれ目がほとんどなくなっているような時代。何事にも無関心ではいられません。幅広い情報に関心を持つことは、投資家に限らず多くのビジネスパーソンにとっても重要ではないでしょうか。


堀之内九一郎

儲かると思ってつけた値段はお客さんは高いと思うもの。こんな値段じゃもったいないと自分が思ったら、お客さんは安いと思ってくれる。これが真理ですが、なかなかできない。お金を稼ぐのはことほど左様に難しいものです。


斎藤精一郎

交渉相手の武装解除のコツは、相手に話させること。話を聞くうちに「一緒に問題を解決しよう」という意識が芽生える。人は誰かが作ったジグソーパズルは容易に壊せても、自分が作ったパズルは崩せないという心理があるもの。意見を求めることはピースを渡すこと。自然に、相手の武装解除ができるわけです。


日覺昭廣

ボーイングの懐に入ったことは大きな収穫でした。米国でボーイングの近くに材料供給のための生産拠点を作り、そこにボーイングのエンジニアがほぼ常駐して、一緒になって技術開発に臨みました。航空機ならではの厳しい要求に必死で応え、技術ノウハウを蓄積していったのです。炭素繊維を使うための共通言語ができるのも大きいと思います。他社が入ってきて、このレベルに達するまでは、かなりの時間と労力が必要でしょう。


工藤公康

プロの世界で「ラク」を求める人は、やっていけるはずがないので別の仕事を探したほうがいい。


松田正男

従来の教育は、教師の勘や経験に頼ってきました。しかし、数値を使って可視化することで、目に見えるデータに基づいた教育を行うことができるようになります。これによって生徒は自分を再確認し、保護者は子どもをより深く理解し、先生は接し方や教え方が分かり、教室責任者も加えた4者が一つの情報を共有して話し合うことができるようになります。


戸塚隆将

国際会議の場では「インド人の口を閉じさせることと日本人に口を開かせることが、どちらも最も難しい」というジョークがあります。日本語環境でどんなに多弁な日本人でも、日本人の国民性では、多弁で優るのは難しいと言えます。当然ながら、それが英語環境になれば、ノンネイティブの日本人がインド人と言葉数で張り合っても、勝ち目はありません。むしろ、もともと日本人が持っている強みで勝負する必要があります。


大山健太郎

トップとして大事にしているのは、開発者の挑戦する心です。厳しい判断を下す背景には、きちんとした理由がある。開発者に対して、その理由を明確に示さなければいけません。だから、私にもプレッシャーはあります。前の商品とはどこが違うのか、製品で起こりうる問題は何かと考えなければいけません。そうすると、製造現場や部品、素材に関する知識も必要です。


白澤卓二

電車通勤の方にお勧めなのが、あえて大きなターミナル駅を乗換駅にすること。歩く距離が自然に増えることに加え、階段を利用することで、階段の上り下りをエクササイズにできるのです。階段の上り下りは、平地を歩くのに比べて、下半身の筋肉と骨におよそ3倍の負荷がかかります。このように少し負荷のかかる階段エクササイズを、日常生活に効果的に取り入れるといいでしょう。


小杉俊哉

叱る場合に心がけるべき習慣が、アウトプットの基準を示すこと。そうすれば、部下も納得する。こちらが求めるアウトプットの基準を明確に示したうえで、それに対する「結果や行動」が不足していたら、それは上司として厳しく叱る責任がある。しかし、部下の「人格や心」を否定したり、攻撃する権利は誰にもない。間違った叱り方をすれば、部下は心が折れてしまい、知恵や能力を引き出すどころではなくなる。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

「なる」前には必ず「ある」があり、「こうなりたい」というのはあくまでも「こうありたい」の先にあるものとしてとらえなくてはいけません。つまり、「どういう経営者になりたいか」という将来を考える前に「今、どういう経営者でありたいか」を考えなくてはいけないのです。


出口治明

世の中に場数を踏まないであがり症を克服する方法はありません。逆に言えば、場数さえ踏めば多くの人は克服できる。