名言DB

9412 人 / 110637 名言

日向野幹也の名言

twitter Facebook はてブ

日向野幹也のプロフィール

日向野幹也、ひがの・みきなり。日本の経済学博士。「早稲田大学大学院総合研究センター」教授。東京大学経済学部卒業、東京大学大学院博士課程修了。東京都出身。東京都立大学経済学部教授、立教大学経営学部教授、早稲田大学大学院総合研究センター教授などを務めた。

日向野幹也の名言 一覧

小さな成功体験の積み重ねが成長意欲につながる。よい面を必ず認めて、信頼関係を築いたうえで改善点を伝えるようにすべき。


リーダーシップ行動に必要な「最小3要素」

  1. 「目標設定」。明確な目標を決めて、周囲の人たちと共有する。
  2. 「率先垂範」。権限がなくても周囲を動かすためには、自ら進んで行動することが求められる。
  3. 「同僚支援」。周囲の人たちには、行動したくてもしづらい事情が大抵あるもの。それを取り除く支援をする。

フィードバックをするうえで注意したいのは、評価と混同しないこと。相手の人格や業績を評価するものではなく、あくまでもリーダーシップスキルを高めるために行うものだということを、あらかじめ明確にしておくことが大切。


今、経営でも政治でも、様々なところで、上の人たちに任せておけないようなことが起きています。それを自分たちの力で解決するには、権限を必要としないリーダーシップが必要です。このベーシックなスキルを身につけた人が増えていけば、日本はかなり変わるのではないかと思います


リーダーシップは態度のスキルなので、自分はリーダーシップを取ったつもりになっていても、実際には発揮されていないことがあります。そのため、周囲から見てどうだったのか、フィードバックを受けることが重要になるのです。その内容を参考にして、行動を振り返り、改善する形で再度リーダーシップ行動を取ってみます。このサイクルを繰り返すことで、リーダーシップスキルは次第に高まります。


日本で従来行われてきたリーダーシップ教育は、成功したリーダーの講演を聴き、感想を話し合うといったスタイルが一般的でした。しかし、そのやり方では、対象者との距離が遠すぎて、リーダーシップを身につけるまでの道筋を想像できません。一方、アメリカの大学では実際にリーダーシップを発揮してみて、それが機能するかどうかを周囲からフィードバックしてもらい、修正してもう一度やってみるというサイクルの繰り返しで習得する方法が頻繁にとられています。


権限や役職に関係なく、目標を達成するために、自然発生的に他者を巻き込み行動するリーダーシップが、世界標準になりつつある。権限や役職に関係なく、ということは、リーダーシップを発揮する人が多数存在することになります。日本には「船頭多くして船山に上る」ということわざがあるように、リーダーが複数いると組織がうまく動かないのではないか、と思う人もいるかもしれません。確かに、号令することだけがリーダーシップだと考えれば、そうなるでしょう。しかし、権限と関係ないリーダーシップを持った船頭であれば、船を目的地まで安全確実に運航するという共通の目的のために、自分は何をすべきかを考え、その役割に徹した仕事をします。したがって、リーダーシップを持っている人が多ければ多いほど、目標を達成しやすくなります。


「リーダーシップ」と言えば、日本では経営者や管理職など、権限や役職を持った人が発揮するもの、というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。しかし、海外の先進国では、リーダーシップは組織の上位階層だけでなく、すべての従業員が発揮すべきスキルという認識が趨勢となっています。なぜなら、急激な環境変化に即応したり、イノベーションを創出したりするには、権限者や役職者によるリーダーシップだけでは限界があるからです。


日向野幹也の経歴・略歴

日向野幹也、ひがの・みきなり。日本の経済学博士。「早稲田大学大学院総合研究センター」教授。東京大学経済学部卒業、東京大学大学院博士課程修了。東京都出身。東京都立大学経済学部教授、立教大学経営学部教授、早稲田大学大学院総合研究センター教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

唐鎌謙二

建物の修理を頼まれても、工事を先延ばしする方がお客さまのためになると判断したら、正直に伝えます。従業員にも「それで会社がつぶれても構わないから、お客さまと建物を最優先で考えろ」と、普段から話しています。


齋藤孝(教育学者)

年齢を重ねると、経験値の分だけ緻密なシミュレーションが可能になります。そのうえで挑戦するか否かを選ぶのですから、判断ミスは若い頃より格段に減るでしょう。そう考えると、年齢を重ねたほうが冒険しやすいと言えるのかもしれません。


張本邦雄

リフォームは20年ないし30年に1度しかやらないものです。だからこそ、お客様には最適な選択をしてもらいたい。当社や競合の商品を見てもらって、納得して選んでほしいのです。


宮坂学

グループ全体で5000人以上いますから、一夜にして変わるということはありません。ただ、ヤフーのもともとのDNAがスピーディな組織文化だったので、それを思い出そうと言っています。


芦田昭充

「世界的な不況→原油の需要急減→海上荷動きの減少」というような一面的な理解だけでなく、別の角度からも見ることができるかが大切なのです。大型原油タンカーは世界に500隻ありますが、現在、そのうち40隻が海上備蓄のために利用されています。原油の需要が冷えると、原油の価格が下落するので、安いうちに買って、高くなったときに転売する目的でタンカーに海上備蓄するトレーダーが現れてきているのです。こういう動きを捉えることが大切なのです。


徳川家康

天下は天下の人の天下にして、我一人の天下とは思うべからず。国もまた、一国の人の国にして、一人の国にあらず。


赤塚保正

「のれん」はじっと立ち止まっていては守る事は出来ません。わが社では伝統を守るために、常に時代の変化に応じて新しい事にチャレンジし続けています。


泉谷直木

買収されるリスクを避けるためには、我々が代替性なきアイデンティティーをどのように作り上げていくかが重要だ。


樋口廣太郎

いまこれを逃したら二度とチャンスは来ない。そういうチャンスを見つけるのが、それぞれの組織のトップの役割だ。


新将命

「人間は、その人がつき合ってきた人の総和である」と言われます。どんな分野でも大成する人のそばには、「情熱」や「勇気」を与えてくれる仲間がいるものです。私は「点火人(てんかびと)」と呼んでいますが、自分の心に火をつけてくれる仲間を見つけることが大切。


林修

よく誤解されているおもてなしは「自分の最高」を提供すれば事足りると考えることです。行きつけの店に連れて行く。あるいは、自分が好きな食べ物やお酒を贈る。これは完全におもてなしの本質からかけ離れた行為。目的を履き違えています。相手を満足させることがおもてなしのゴールです。いくらお金と時間を使っても、相手に響かない結果なら、ただの自己満足。


田原総一朗

先日、ある番組で本田宗一郎のことをやりました。その前はソニーの盛田昭夫。僕は二人ともよく知っているんだけれど、彼らにはコントロールなんていう言葉はない。二人が意識していたのは、現場がいかにやる気を出すか。つまりボトムアップです。


唐池恒二

以前、当社の理念は「地域貢献」でした。私はそれを「地域を元気に」と言い換えた。すると、地域の人々がうれしくなるようなサービスを提供しなければいけないなど、社員は役割をイメージしやすくなる。


出雲充

ミドリムシの最高に面白いところは、ミドリムシは分かっていないことだらけで、やればやるほど、いろんなことが分かってくること。


浮世満理子

メンタルが強い人たちは、その強さゆえ、ブラックホールに落ちてしまうことがあります。自分への期待値が高いので、たとえ弱っていても、それを認めようとせず、極端にストイックな生活を長く続けてしまう傾向があります。そのためある日突然燃え尽きて、無力感に支配されてしまう危険性が高いのです。こうならないために定期的に質の高い休息をとることです。