名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

新島襄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

新島襄のプロフィール

新島襄、にいじま・じょう。幕末の武士、明治六大教育家のひとりとして知られる教育者。江戸で上州安中藩(のちの群馬県安中市)の藩士の子として出生。幕府の軍艦操練所で洋学を学ぶ。その後、当時鎖国で禁止されていたアメリカに密航。米国フィリップス・アカデミー、アマースト大学を卒業、日本人初の学士を取得。卒業時、すでに明治時代となっていたため密航の咎は受けず、訪米中の岩倉使節団に合流し通訳として参加。その後帰国し、日本の教育に大きな影響を与えた。

新島襄の名言 一覧

進め進め好男児、決して退歩の策をなすなかれ。
【覚え書き|同志社の卒業生に贈った言葉】


人の小言を言われたときに腹を立てるな。腹の立ったときには小言を言うな。


これ(同志社設立は)真神の事業なり。まず二百年のあとを期せざるを得ざるべし。
【覚え書き|同志社設立の計画を勝海舟に打ち明けたとき、「望む教育を何年で成就させようと考えているか」と問われての返答】


人生の幸いは、己れ自ら幸福を得るにあらず。位台(地位)を究るにあらず。富、巨万を量らむにあらず。真道に歩み、身 真道に委ね、真道をもって他人を益するにあり。


新島襄の経歴・略歴

新島襄、にいじま・じょう。幕末の武士、明治六大教育家のひとりとして知られる教育者。江戸で上州安中藩(のちの群馬県安中市)の藩士の子として出生。幕府の軍艦操練所で洋学を学ぶ。その後、当時鎖国で禁止されていたアメリカに密航。米国フィリップス・アカデミー、アマースト大学を卒業、日本人初の学士を取得。卒業時、すでに明治時代となっていたため密航の咎は受けず、訪米中の岩倉使節団に合流し通訳として参加。その後帰国し、日本の教育に大きな影響を与えた。

他の記事も読んでみる

一圓克彦

やりたいことが明確でない人は、ブログで独立への思いをつづるといいですね。人は、一生懸命な起業家を応援したくなるもの。起業前に悪戦苦闘したしるしであるブログ記事は、将来のあなたにとって、強力な営業ツールになります。


加藤俊徳

樹木は葉っぱで光合成し、それをエネルギーにして育つ。栄養分も水分も、すべて外からもたらされるもので、太陽の光が少なかったり、雨が降らなければ木は育たず、いずれは枯れてしまうし、水分が潤沢で日当たりが良ければ、枝は大きく育って大木となる。人間の脳も同様で、自分に成長する力がなければ大きく育たないが、自分の力だけでもダメで、外からの影響と合体した形で私たちの脳は成長する原理で成り立っている。外からの影響、縁の作用で育ち方にも差が出るのだ。


大西洋

既存のブランドを今までのように展開分類をしていたら潮流に乗り遅れる。


イアン・ソープ

スポーツは、まさに人生そのものだ。努力した分だけ自分に返ってくる。


三浦雄一郎

本田宗一郎さん、佐治敬三さん、盛田昭夫さん、私が会った一流の企業家は、やっぱりみなさん前向きで、上機嫌な人たちだった。そして、年齢に関係なく何かを追い続ける生き方は、全員に共通していたと思います。


美輪明宏

チャップリンの映画「モダン・タイムス」の主人公は、資本主義社会のなか、工場で機械の一部分のようにひたすらねじ回しを続ける単純作業の繰り返しの末、発狂し破滅していきます。現代のビジネスパーソンもただ仕事に忙殺され、微笑みを忘れ、思索のない時間を過ごしていては、いずれ破滅します。それは人間の形をした人糞製造機も同然だと思うのです。


永守重信

幸運の前髪をつかめ」といわれる。普段から夢を見て努力し続けてこそ、それは可能になる。


松本大

僕は、コミュニケーション能力の素地というのはそもそも人間にビルトインされていると信じています。そして、それを開花させる最良の方法が、自分とは異なる世界の人々に意思を伝えないと生きていけない環境に身を置くことなのです。


船津浩三

我々はどちらかというと、これまでは「受け」の姿勢でしたが、「攻め」に出ていかなければいけないと思っています。ただ「システム開発をしませんか」というレベルでは、今後ますます厳しくなるでしょう。そこで、お客様に対して「提案型」に持っていきたい。そのために武器が必要だということで、自社製品の開発にも取り組んでいきます。社名由来は、「ニーズ」はお客様のニーズ、「ウェル」は井戸です。ニーズが湧き出るような魅力ある会社にしたいという意味を込めています。


村上和徳

とりあえず今、ひたむきに自分の為すべきことをやってみることが、確実に自信につながる。


小宮山宏

いまグローバライゼーションと国民国家、民主主義の3つがトリレンマ(三すくみ)にあると言われます。だからいま何をやらなくてはいけなくて、そのために何が問題か。法律の所為か、所管官庁の担当課長の所為か。そういう具体的な議論をしたいと考えています。


夏目志郎

豊かな人生を求めるのではなくて、豊かな人間になることを求めなさい。なぜなら、豊かな人間こそが、豊かな人生を築き上げることができるからだ。