新島襄の名言

新島襄のプロフィール

新島襄、にいじま・じょう。幕末の武士、明治六大教育家のひとりとして知られる教育者。江戸で上州安中藩(のちの群馬県安中市)の藩士の子として出生。幕府の軍艦操練所で洋学を学ぶ。その後、当時鎖国で禁止されていたアメリカに密航。米国フィリップス・アカデミー、アマースト大学を卒業、日本人初の学士を取得。卒業時、すでに明治時代となっていたため密航の咎は受けず、訪米中の岩倉使節団に合流し通訳として参加。その後帰国し、日本の教育に大きな影響を与えた。

新島襄の名言 一覧

進め進め好男児、決して退歩の策をなすなかれ。
【覚え書き|同志社の卒業生に贈った言葉】


人の小言を言われたときに腹を立てるな。腹の立ったときには小言を言うな。


これ(同志社設立は)真神の事業なり。まず二百年のあとを期せざるを得ざるべし。
【覚え書き|同志社設立の計画を勝海舟に打ち明けたとき、「望む教育を何年で成就させようと考えているか」と問われての返答】


人生の幸いは、己れ自ら幸福を得るにあらず。位台(地位)を究るにあらず。富、巨万を量らむにあらず。真道に歩み、身 真道に委ね、真道をもって他人を益するにあり。


新島襄の経歴・略歴

新島襄、にいじま・じょう。幕末の武士、明治六大教育家のひとりとして知られる教育者。江戸で上州安中藩(のちの群馬県安中市)の藩士の子として出生。幕府の軍艦操練所で洋学を学ぶ。その後、当時鎖国で禁止されていたアメリカに密航。米国フィリップス・アカデミー、アマースト大学を卒業、日本人初の学士を取得。卒業時、すでに明治時代となっていたため密航の咎は受けず、訪米中の岩倉使節団に合流し通訳として参加。その後帰国し、日本の教育に大きな影響を与えた。

他の記事も読んでみる

牛島信

「買われたくなければ上場しなければいい」と言ったのは村上ファンドの村上世彰氏ですが、上場しているということは誰でもその株が買えるということです。蛇の目ミシン株主代表訴訟の最高裁判決では「証券取引所に上場され、自由に取引されている株式について」は「会社にとって好ましくないと判断される者がこれを取得して株主になることを阻止することはできない」と言い切りました。好ましくなくても株は買えるし、過半数の株を押さえれば経営権が取れる。それが上場していることの意味です。


太田肇

個人のモチベーションが上がれば生産性も上がる。一つひとつの仕事の品質も向上する。ひいては企業の業績も上がっていく。


前川孝雄

習慣を見直すときの基準は、「何のためにそれをやっているのか」を考えること。自分が求められている役割や、やらなければならない仕事に立ち返ったときに、「私がこの会議に出るよりも、こちらの仕事を優先させたほうがチームに貢献できますよね」と伝えることができれば、上司やチームメンバーとの間に軋轢を起こすことなく相手を説得できます。限られた自分の時間を有効に使うためには、周りの人を味方につけて、自分の思惑を通すためのコミュニケーションや交渉も必要です。


徳光正子

私、川の流れが好きなんです。湖のように留まっているのではなく、ずっと流れ続けていますよね。水の流れのように、ごく自然でありたいんです。


坂本幸雄

部下の弱い部分については、褒めた後に、ここはちょっとこう変えた方がいいんじゃないかと言うと、弱点の部分は徹底して勉強しようという気になります。僕は日本にいたころは、部下に対してキツイ言葉を吐いたり、手を上げたりしました。でも人間褒めないと伸びません。


樋野興夫

死を意識した人たちの悩みは、病気によってもたらされたものばかりではありません。どちらかといえば、それまで見ないふりをしてきた問題が顕在化すると思ったほうがいいでしょう。死を意識すると、自然と感情の襞が繊細になり、いろいろなことが目に付くようになるのです。


鏑木正

報告、連絡、相談。いわゆる、ホウレンソウの重要性は昔から指摘されてきました。営業や生産などの現場の第一線に立つ部下からの情報を間を置かずに入手して、瞬時に判断を下し、部下に指示を出す。ビジネスコミュニケーションの基本といってもよいでしょう。しかし、いくらITが発達しても、フェイス・トゥ・フェイスの会話が重要だと考えています。


笠井伸啓

定器に関しては圧倒的な技術力が成長の原動力になっていると考えています。性能を出すためには一切の妥協をしないという考えの下、ギガ・ヘルツをさらに超えるテラ・ヘルツ領域での回路技術や超高速かつ超高性能な半導体技術などをすべて社内で持っている点などが挙げられます。


岸見一郎

仕事とは幸福に生きるための1つの手段であって、それ自体が人生の目的ではない。仕事に一途で家庭を二の次にするワーカホリックな働き方は、本来あるべき姿ではない。


中原淳

私たちは元いた場所に戻ることができないのもまた事実です。ここにジレンマがあります。


杉本八郎

私は大手製薬会社のエーザイに勤めていた時に、世界で初めてのアルツハイマー型認知症の治療薬「アリセプト」を開発しました。実は、私はエーザイでも異色の研究者でした。大学や大学院を出た人が中心の組織で、東京都立の工業高校出身。若い頃は大卒研究員の補助しかさせてもらえず、組合や部活動の剣道に打ち込んでいました。そんな私が奮起し、夜間の大学に通って学士を取り、創薬に没頭。アリセプトをはじめ2つの新薬を世に送り出しました。


幸田シャーミン光代

これからのビジネスパーソンの人生は、「線」ではなく「輪」になっていきます。従来は「勉強して、働いて、休む」という一直線だったのが、もはや10代、20代に学んだことだけで、一生やっていけるような時代ではないのです。多くの人が「勉強して、働いて、休む」というサイクルをずっと回していくことになるでしょう。


ロス・ペロー

構えて撃ってから狙え。


佐藤康博

国内で利益3番手に甘んじるわけではありません。ただ、短期的に負けたとしても、長い目で見た時に最も存在感のある金融機関になるべきです。若い人には常にそう言ってます。


真船幸夫

優しさと厳しさを組み合わせて指導し、従業員の力をうまく引き出すことが必要です。それがお客様の満足度を高めることにつながり、当社の企業価値を上げることにもなります。


ページの先頭へ