新子明希の名言

新子明希のプロフィール

新子明希、あたらし・はるき。日本の経営者。「シンクスマイル」社長。大阪出身。高校卒業後、教材販売会社を経て21歳で起業。シンクスマイルを設立。

新子明希の名言 一覧

良いサービスを生むには良いチームが必要。


褒められた方が人は伸びる。認める、褒める、感謝するといった精神的な報酬は無尽蔵。


僕らのようなベンチャー企業は、人・モノ・金のうち人しかない。会社を成長させるためには、人を成長させるしかない。


新子明希の経歴・略歴

新子明希、あたらし・はるき。日本の経営者。「シンクスマイル」社長。大阪出身。高校卒業後、教材販売会社を経て21歳で起業。シンクスマイルを設立。

他の記事も読んでみる

相澤賢二

社員が辞めるときは引き止めません。明日どうぞと。そのあと戻ってきた社員が21人います。社員の一割が出戻り。彼らは倍働きます。一回全員が辞めてもらえばって思うくらい(笑)。社長も出戻りです。辞めるのは家出のようなものだから、戻ってきたら迎えてやらないといけない。


相原敏貴

感謝を持って仕事をするとより捗ります。捗るから面白い!そして喜ばれる。


松田友一

病院の患者は、医者を信頼しているからこそ、自分の症状を正直に話します。だからこそ医者も、的確な治療を施せるわけです。営業だって同じこと。お客様に営業マンに対する信頼感があれば、自分が抱える問題点を正直に話すはずです。すると営業マンも、状況を把握したうえで的確なプレゼンテーションを行ない、クロージングに結びつけることができます。つまり、お客様との信頼関係の碓立こそが、契約成立の最も重要なポイントなのです。


鈴木喬(経営者)

本当に怖いのは、商品が見込み通りに売れなかった時よりも、実は売れてしまった時の方です。どんなヒット商品でも、いつかは需要がピークアウトします。ピークアウトの時期を予測して早めに供給を絞っておかないと、売れなくなった時に不良在庫を抱えることになbます。特に日用雑貨は店頭に商品をたくさん並べないと手に取ってくれません。流通在庫を多めに用意しているだけに、不良在庫を抱えるリスクは大きい。ピークアウトした段階で供給を絞っても、遅いのです。


細谷功

プレッシャーというのは、「失敗したらどうしよう」という心理とほぼ同一です。ですから、上位目的が明確で、「今回のプレゼンが失敗しても、また別の手段があるさ」と考えられる人は、大事な場面でもそれほどプレッシャーを感じないでしょう。


石坂典子

ブランドを高めることは、ビジネス上の利益にもつながる。


原晋

成果を得るにはまず基礎を身に付ける必要がある。陸上競技にとって、規則正しい生活は、数学でいえば四則計算のようなもの。


隈研吾

愛情に基づく思いの丈が届けば「希望はよく分かる。でもこのやり方では無理だからこう変えないか」と、相手が足りないところを補ってくれる。それが自分の小さい枠より大きな仕事につながります。逆に「100%、これが正しい。この通りにやれ」と押しつけたら誰からも返事は来ない。そもそも現実には100%なんてあり得ません。


葉山有樹

焼きものに対しての絵つけというのは、紙に絵を描くのとはちがい、ずいぶんいろいろな制約があります。どのプロセスでも一回やったらやり直しがきかないので、ちょっとした失敗も許されません。でも、そういう制約の中でこそ、陶磁器というものには存在感が宿ってくれるのではないでしょうか。


フィリップ・フィッシャー

あらゆる事業で売り上げを上げることは基本でそれがなければ生き残ることは不可能。


樋口廣太郎

村井(勉)が私に「これから頭ひとつ、足は四つでいこう」と言ったんです。私はそれで賛成だが、「口はひとつ、耳は四つでいこう」と提案したんです。


セルジオ越後

年も立場も関係なく、言うべきことを言う姿勢は解説者になったいまも変わらない。なぜなら、このままでは何年経っても、日本のサッカーは強くならないと感じているから。毎回そうだけど、日本はワールドカップで負けて帰ってきた際に、空港では1000人くらいファンが集まって、選手を拍手で迎えますよね。プロは結果がすべて。ミスして「ドンマイ、ドンマイ」はアマチュアでしょう。そういう意味で、日本のサッカーはまだプロじゃないんですよ。


黒鉄ヒロシ

僕らが大切にしている常識もまた、言葉でかけられた魔法に過ぎないのかもしれない。


髙橋秀幸(経営者)

人には可能性があります。その花が咲くまで士の中で眠らせたままにするのか。それとも咲き続けさせるか。我々がその後押しをしていきたい。


ティム・ペック

日本のビジネスマンは保守的で慎重な人も多く、発言にブレーキがかかりがちですが、自身の情熱をストレートに伝えることが重要なのではないでしょうか。


ページの先頭へ