名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

新井豪一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

新井豪一郎のプロフィール

新井豪一郎、あらい・ごういちろう。日本の経営者。「アルクテラス」社長。慶應義塾大学大学院でMBAを取得。NTT、PRTM(のちのPwC)、星野リゾートなどを経てアルクテラスを設立。

新井豪一郎の名言 一覧

転機とは、辛い体験と一緒にやってくるもの。


社会に出て、大手通信会社やリゾート運営会社で仕事をしましたが、ある時、事故で大怪我をしてしまい、「本来やるべきこきとをしなければ」と教育分野で起業をしました。


現在、一人一人に合った学習法を提供する勉強ノート公開サービス「Clear」を展開しています。自分と同じように、若い頃、悩み、壁にぶつかる子供も多いと思います。ただ、その時代は一度しかない大切な時間です。教育に携わる者として、1人ひとりに合った新たな教育サービスで、子供たちに可能性を与えていける存在になりたいと思っています。


人には、人それぞれの悩みがあり、転機があると思います。またそれは、教育においても同じような気がします。実は私も、小学生の頃までは勉強が苦手でした。学校の授業を受けていても、先生の言っていることが理解できなかったのです。でも、ある時、授業とは関係なく、教科書を読んでみると、その内容がすんなり頭に入ってきました。そのときの原体験として、「1人ひとりに合った教え方ができれば、もっと子供の能力を引き出せるのではないか」と感じました。


中学の頃までは活発な生徒でしたが、高校生になると、自分の居場所を見つけられず、引きこもり生活を送っていました。海外生活が長く、高校から日本の学校に通ったものの、人との距離感がわからず、学校生活に溶け込めなかったからです。そんな時、父が薦めてくれたのが司馬遼太郎の『竜馬がゆく』でした。当時は自分が生きていくことに精一杯でしたが、竜馬の生き方に触れ、「自分のためではなく、社会のために生きていきたい」と思うようになりました。そして、悩んでいるのではなく、行動しよう、もっと外に目を向けようと思うようになり、コーラス部を作ったり、空手を始めたり、閉塞した状況から抜け出すことができました。本の内容が素晴らしいのはもちろん、適切なタイミングで、この本を渡してくれた父に心から感謝しています。


新井豪一郎の経歴・略歴

新井豪一郎、あらい・ごういちろう。日本の経営者。「アルクテラス」社長。慶應義塾大学大学院でMBAを取得。NTT、PRTM(のちのPwC)、星野リゾートなどを経てアルクテラスを設立。

他の記事も読んでみる

山本五十六

私欲をはさまず、冷静に観察し数学的・科学的に分析すれば、ギャンブルの勝機は必ずわかる。


山本真司

40歳を境に「できる人」の定義が変わります。ビジネスマンとして生き残ろうと思うなら、40代からは「いかに仕事をするか=HOW」ではなく、「何をやるのか=WHAT」を考えられるようにならなくてはいけません。


村上龍

たとえば、長年「光学器機」を開発してきた技術者が、突然「薬品」の開発に携わるのは不可能でしょう。どんな製品・商品でも、専門外のものを開発するのは、無理なだけではなく、不自然で、非効率で、非合理的だということです。その開発者がそれまで培ってきた知識と技術、それに体験と人的ネットワーク以外、利用できる資源はないからです。つまり、(まったく新しいことをやるのではなく)自分が持っている資源を「組み合わせる」しか方法はないのだと思います。


出口治明

アメリカの面白い実験があります。部下が不満を持っている場合、責任ある上司が丁寧に話を聞いてあげると、原因が除去されなくても不満の7~8割は消えたそうです。人間は「聞いて欲しい動物」なのです。


青野慶久

現場発の提案をできる限り実現させてきたら、28%あった離職率は4%まで下がり、売り上げは伸び続けました。会社にとっていいことばかりだったので、運営面で大きな支障が生じないならば、細かいことは気にせず、まずはやってみるというのが基本スタンスになります。


松村真宏

たとえば駐輪場の場合、地面に線が引かれていれば、自然とその線に沿って止めたくなる心理が働く。男子用の小便器に的をつけるのも同様。的を見るとついそこを狙いたくなる衝動をうまく利用し、トイレをきれいに使ってもらうように導くのです。


樹なつみ

リアリティと言っていただけるのは、私の出発点がアメリカへの憧れではなく、あくまで興味だったからだと思います。アメリカの青春映画も観ていたんですけど、ちょうど日本の女子高生がアメリカに留学した体験記を読んだんです。それから、お母さんが子供のアメリカでの学校生活を書いた話や、日米を行ったり来たりする二重国籍の人の話など、いろいろ集めました。ホームパーティとか学校で彼氏とラブラブとか、日本と全然違って「何それ、面白い!」と。ギャップがあまりにも興味深くて、描きたくなっちゃったんですね。人種問題も、記憶が曖昧ですが多分映画で観たんだと思います。「なるほど、こういう社会問題があるんだなあ」と。


野村克也

相手より劣る戦力でいかに巧みに闘うかが、監督の腕の見せ所だ。与えられた戦力をやりくりして勝利をつかむのが、上に立つ者の仕事だ。頭を使えば、少ない戦力でも、不利な戦いでも、必ず、やりようはあるんだよ。


松本大

英会話上達のポイントは、上手に話そうとしないことです。「きれいな発音で」とか「正しい文法で」などと考えていると、話せなくなってしまいます。カタカナ英語でも、文法を多少間違えても、LとRの区別があいまいでも、臆せずに話しましょう。すると、だんだん英語に慣れてきて、表現が頭に浮かぶようになります。カタカナ英語でも通じることがわかれば、自信もつくでしょう。実際、カタカナ英語でも意外と通じてしまうものなのです。


水口通夫

世の中の「したい」を具現化し、生活を豊かにする情報を発信し続けるリーディングカンパニーを目指し、ゴルフ業界、引いては高齢者市場を成長させていく一助になりたい。


テレンス・リー

せっかく上司の弱みを握ったのに、有効活用しないのはもったいないと思うかもしれません。しかし、相手を引きずり下ろしたところで自分の地位が上がるわけではありません。気分はいいかもしれませんが、多くの場合、上司を追い落しても自分の得はなりません。


伊藤直彦

最近、パソコンの前に座り1人でゲームに熱中する子供たちが増えている。それ自体悪いとは思わないが、そればかりでは人間としての成長はない。友達ともっと、外で遊んで欲しい。子供はいずれ大人になる。社会人となるための基礎も子供時代に作られることも忘れてはならない。