新井豪一郎の名言

新井豪一郎のプロフィール

新井豪一郎、あらい・ごういちろう。日本の経営者。「アルクテラス」社長。慶應義塾大学大学院でMBAを取得。NTT、PRTM(のちのPwC)、星野リゾートなどを経てアルクテラスを設立。

新井豪一郎の名言 一覧

転機とは、辛い体験と一緒にやってくるもの。


社会に出て、大手通信会社やリゾート運営会社で仕事をしましたが、ある時、事故で大怪我をしてしまい、「本来やるべきこきとをしなければ」と教育分野で起業をしました。


現在、一人一人に合った学習法を提供する勉強ノート公開サービス「Clear」を展開しています。自分と同じように、若い頃、悩み、壁にぶつかる子供も多いと思います。ただ、その時代は一度しかない大切な時間です。教育に携わる者として、1人ひとりに合った新たな教育サービスで、子供たちに可能性を与えていける存在になりたいと思っています。


人には、人それぞれの悩みがあり、転機があると思います。またそれは、教育においても同じような気がします。実は私も、小学生の頃までは勉強が苦手でした。学校の授業を受けていても、先生の言っていることが理解できなかったのです。でも、ある時、授業とは関係なく、教科書を読んでみると、その内容がすんなり頭に入ってきました。そのときの原体験として、「1人ひとりに合った教え方ができれば、もっと子供の能力を引き出せるのではないか」と感じました。


中学の頃までは活発な生徒でしたが、高校生になると、自分の居場所を見つけられず、引きこもり生活を送っていました。海外生活が長く、高校から日本の学校に通ったものの、人との距離感がわからず、学校生活に溶け込めなかったからです。そんな時、父が薦めてくれたのが司馬遼太郎の『竜馬がゆく』でした。当時は自分が生きていくことに精一杯でしたが、竜馬の生き方に触れ、「自分のためではなく、社会のために生きていきたい」と思うようになりました。そして、悩んでいるのではなく、行動しよう、もっと外に目を向けようと思うようになり、コーラス部を作ったり、空手を始めたり、閉塞した状況から抜け出すことができました。本の内容が素晴らしいのはもちろん、適切なタイミングで、この本を渡してくれた父に心から感謝しています。


新井豪一郎の経歴・略歴

新井豪一郎、あらい・ごういちろう。日本の経営者。「アルクテラス」社長。慶應義塾大学大学院でMBAを取得。NTT、PRTM(のちのPwC)、星野リゾートなどを経てアルクテラスを設立。

他の記事も読んでみる

森下洋一

私は常々、リーダーとして組織を率いていく立場の人には「人間力」が必要だと言ってきました。私の考える「人間力」は基礎と柱から成り立ちます。それは、ちょうど家を建てるようなものだと私はとらえています。まず基礎となるのが、率いる集団の誰よりも高い志、誰よりも強い使命感です。この基礎がしっかりしていないと家は建ちません。そして、この基礎の上に、「人望」「人徳」「器量」という三つの柱を築いていくのです。


藤原洋

B2Bだけだと安定的な社風にとどまってしまう。B2C事業を手がけることで、社員のモチベーションをアップし活性化する。


梶本修身

運動疲れや眼精疲労、心労など疲れには様々ありますが、どれも脳の疲れが原因。脳を疲れさせないためには、自律神経への負荷を減らすことが大切。回復させるには、質の良い睡眠が唯一の手段。


佐々木大輔(経営者)

社長でも、気軽に声をかけられて、話しかけられる存在でいたい。


定保英弥

いろいろな問題が降りかかるのは仕方ありません。大事なのは、そうした事態が起きても慌てないように、日頃から「基本プレー」を徹底して、準備しておくことです。


藤田晋

ポジショントークや、データを客観的に捉えられない理由の1つに、物事を近視眼的に見ていることも挙げられます。大局を見る力や、中長期的な視点で考える力をつけ、「目の前の都合のいい情報」に飛びつかないようにしましょう。


三浦知良

信念を持って、地道にトレーニングをして成長し続けること。プロは試合での結果を常に求められます。その結果のために、自分がどれだけの時間を費やしてトレーニングができているかが重要。


高橋英樹(俳優)

家族が与えてくれた影響はとても大きなものでした。なにより、心に余裕を持てるようになりました。これはとても大きなことです。自分目身が成長するためには、常にスポンジが水を吸い込める状態にしておかなければいけない。


大橋洋治

全日空には、いざというとき、最後の最後には「なにくそ!」という粘りがある。「現在窮乏、将来有望」という言葉があります。これは、全日空の前身である日本ヘリコプター輸送の創業者、美土路昌一氏の言葉なのですが、まさに全日空をひと言で表していると思っています。


辻本憲三

最近、中国だ、インドだという経営者が増えています。労働力が安価だ、モノをつくるコストが安いという理由で海外に出ていく経営者は20年先を見ていない。いま、決して成熟国家から逃げたらいかんと思っています。勢いを持って成長している新興国が成熟するのはあっという間です。日本企業は成熟国家で来るべき時代に向けて知恵を絞りだし、競争力を磨かなければならない。それが目先ではなく、中長期的に競争力を保持していく必須条件だと思います。


成宮雄三

仕事ができるかどうかは、朝、出社したときの様子でわかります。朝一番からフル回転で働く人は、やはり優秀。一方、エンジンのかかりが遅い社員は、結局、最後までかからないことが多いのかもしれません。


石上芳男

決算書が読めるということではなく、数字を効果的に使い、その本質が読め、数字の「展開力」のある人が勝ち残っていく。


高城幸司

モチベーションが下がっているとき、真っ先にすべきことは、自分の立ち位置を確認すること。自分は何がしたくてその会社に入ったのか。いまはどんな部署にいて、その仕事は自分の将来にどう活きてくるのかを考えるのです。導き出された答えに納得できれば、目先の成果に一喜一憂することはありません。


武田双雲

会社を辞めるとか、辞めないの判断よりも先に体が動いていたんです。もちろん会社の同僚や先輩に止められました。でも、会話が噛み合わないんですよね。「危険だぞ」「何が危険ですか?」「飯、食えなくなるぞ」「そしたら、死にますか?」って。僕が真剣に返したら、先輩も「死にはしないな、日本なら。バイトすればいいし、実家もあるんだろ」と。その瞬間「死なないんだ!」と安心して、会社を辞めるのを決めました。


山口悟郎

生産能力も限られているのであらゆる部品を闇雲に供給するわけにはいきません。経営者の姿勢などを見て、「このメーカーはこれから伸びる」と見当をつけ、付き合っていく相手を絞り込むことも今後は必要になる。部品メーカーとしては、この「見極める力」が重要になるでしょう。


ページの先頭へ