新井正明の名言

新井正明のプロフィール

新井正明、あらいまさあき、住友生命社長・会長。東京帝国大学卒業後、住友生命に入社。その後、召集を受け、満州国とモンゴルとの国境線をめぐり発生した日ソの紛争ノモンハン事件で右足を失う。障害を負いながらも住友生命で活躍。新宿の住友生命ビル建設などを行った。関西経済同友会代表幹事、松下政経塾の理事長なども務める

新井正明の名言 一覧

支社長とかになると勘違いするヤツが多い。現場の意見、部下の意見をしっかり聞かなければ駄目だ。耳に快くない言葉もいろいろ入ってくるけれど、それをちゃんと受け止めないと成長しない。


いくら働いても疲れない会社にしたい。


人は信頼されて仕事を任されれば、未知の分野でもよくその任務をこなすものである。むしろ以前の職種より能力を発揮するケースだってある。要はその人の才能を見抜き、任せることだ。


選り好みをせずに愛憎などの私心を捨てて部下を用いる。自分流儀の者ばかりを取り立てるのは水に水を差すようなもので調理にならず味もそっけない。日ごろ嫌いな人を良く用いることこそ腕前。部下の意見を十分に発表させ、採決は公平にする。自分に部下より良い考えがあっても、あまり支障のない場合は部下の考えを採用するのがよい。


新井正明の経歴・略歴

新井正明、あらいまさあき、住友生命社長・会長。東京帝国大学卒業後、住友生命に入社。その後、召集を受け、満州国とモンゴルとの国境線をめぐり発生した日ソの紛争ノモンハン事件で右足を失う。障害を負いながらも住友生命で活躍。新宿の住友生命ビル建設などを行った。関西経済同友会代表幹事、松下政経塾の理事長なども務める

他の記事も読んでみる

桑原豊(経営者)

私自身が自分は外から来た人間だと思っていると、周りはそれを敏感に感じ取って距離を置きます。その組織の一員という意識を自分に植えつけるには、まず言葉から変えないといけない。たとえば「この会社は」という言い方は第三者的であり、中の人になりきれていない証拠。そうではなく、「ウチは」と言ったほうが当事者意識を持てます。


矢野龍

私は「集中」を「のめり込む」のとは異なるものだと考えています。集中するときは一点に集中しますが、ずるずるとのめり込まずに切り替えも必要です。一日の中でも自分で時間を意識的に切り替える工夫をしています。重要な会議はなるべく頭が冴えている午前中にセットしてもらう。夜はほとんど仕事がらみの会食なので、午後4から6時の間はなるべく自分の勉強時間として確保する。週に一度は、その時間帯を会社近くのスポーツジムで汗を流すのにあてています。そうして大切な会合に臨んだ方が、頭も冴えて話もうまく進みます。こうした割り切りは大切です。


石田宏樹

皆さん、安いのは好きですが、安っぽいものは嫌いです。


小松永門

「その時、その時に全力投球する」。これが、私が心がけていること。そうすれば、もし失敗したとしても、「ああしていれば」と思うことはありません。後悔のない人生が送れます。


フィリップ・フィッシャー

株を買う3つのタイミング。

  1. 新製品の工場を立ち上げて経費がかさみ利益が減少し株価が下落した時。
  2. 新製品販売の特別な経費をかけたため利益が減少し株価が下落した時
  3. 優良企業に一時的なトラブルが生じた時(労使関係の悪化など)

大山健太郎

私が会社を継いだばかりの頃は、基本的に優秀な人材もいませんし、常に中核人材が不足している人材不足型企業でした。逆にいえば、人材が不足しているということは、結果として、会社が成長している証拠でもあります。そこで、マネージメントスタイルを明確にして、「用いて任せる」形で人材を育成してきました。どの大学を出ているかではなく、実際に用いて任せる。それで、結果が良ければどんどん任せる。そのためにも、我々は幹部研修を徹底的にやっています。


梅原勝彦

忘れてならないのは、社長が会社で誰よりも汗を流すことです。社員は上の人間の背中を実によく見ています。社長が社員よりも早く出社して遅く帰るような一番苦労して働く人でないと、社員は決してついてこない。


植田統

疑わしい仮説に固執するのは、他に仮説を用意していないからです。外資系コンサルタントは事前に仮説を複数用意します。そしてプランAが間違っていることがわかれば、すぐプランBに移る。予備の仮説があるので、最初の仮説に固執する必要がなくなるのです。


水田正道

実は「総合」という言葉があまり好きじゃないんです。「うちは総合力があります」というのは極めて便利な言葉ですが、逆にいうと、何も特徴がないとか、何もできないんじゃないかということにもなりかねない。やはりプロフェッショナルの集合体がつくれて初めて総合力ということが言えるのではないかと。


坪田一男

ストレスが多くて不幸せな気分のときは、イライラして暴飲暴食に走ったり、お酒やタバコの量が増えるという人も少なくない。逆に、幸せでポジティブな気分だと、心に余裕が生まれ、行動的になる。その結果、お酒やタバコを控えたり、日常的な運動量が増えたりして、自然に健康的な生活習慣が身につく。


二宮尊徳(二宮金次郎)

真の学問とは、小欲を大欲に変えるための手段。小欲とは己のみの欲求を満たすことであり、大欲とは人間そのものの幸福を満たすことである。


田中仁(経営者)

技術は大切ですが、そのものを通して、どういう人生、どういうライフスタイルをもたらすかを提供できないと成長はない。


堀田力

やる気と志があれば、情熱を共有する人とどんどんつながって変えていける。達成できるとうれしいから、また次の目標への励みになる。新たなやりがいが生まれます。


原田純子(経営者)

パンをご飯に見立てるという発想で商品を開発してきましたので、メルヘンは独創的な商品が多いのです。大葉やレンコン、ゴボウといったものやイカフライまである。特に、生クリームを使ったイチゴやマンゴーなどフルーツ系のサンドイッチが人気になったきっかけだと思います。


大野直竹

事業をよく見ると、他の事業との垣根がだんだん低くなってきているんですね。ですから最終的な事業ポートフォリオというのは、あまり決めない方がいいような気がします。


ページの先頭へ