名言DB

9429 人 / 110879 名言

新井健一の名言

twitter Facebook はてブ

新井健一のプロフィール

新井健一、あらい・けんいち。日本の経営コンサルタント。「アジア・ひと・しくみ研究所」代表。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、大手重機械メーカー、外資系コンサルティング会社、同ビジネススクール責任者、医療・IT系ベンチャー企業役員などを経て独立。著書に『いらない課長、すごい課長』『いらない部下、かわいい部下』。

新井健一の名言 一覧

産業構造が大きく変化する中、上司に指示されたことを過不足なくこなすだけの会社は、生き残れない。真っ先にAIに代替されてしまうだろう。


これまでの日本企業は一般的に減点主義なうえ、個々の責任の範囲が曖昧で、責任転嫁を生みやすい環境だった。今の管理職が若手だったころは、減点主義に基づいた上下関係も職場によっては当たり前だったため、チャレンジして失敗することをよしとする「加点主義管理職」になるのは、簡単なことではない。しかし、今転換を図らないと、その会社の未来はない。


今後は女性や高齢者、外国人など、多様な背景や価値観を持つ人が日本の職場に増える。曖昧な条件でもあうんの呼吸で仕事を進めるというやり方が通用しなくなる。あらかじめ仕事の前提条件や個々の責任範囲などを明確にし、コミュニケーションを密にしながら働くことが、生産性を上げるためにも不可欠になる。


責任転嫁をする人が多い職場は、そもそも将来の見通しが暗い会社といえる。責任転嫁する人は、「加点主義」ではなく「減点主義」の職場に生まれやすいからだ。減点主義の職場では、前例に倣って、決められたこと、上から指示されたことを過不足なく行うことが評価され、チャレンジして失敗するのはマイナスになる。こうした職場では、責任転嫁して保身に走る人が、案外出世してしまう。


責任転嫁をする部下に、「責任転嫁をするな」と説いても効果はない。その人が「失敗を認めると、よくないことが起こる」と考えていれば、行動は変わらないからだ。「失敗しても大丈夫」と思える職場環境づくりと、上司・同僚との信頼関係の構築が必要だ。こちらの思いを一方的に伝えるのではなく、聞き役に徹し、相手が抱える不安や不信感をじっくり聞く。失敗しても責めず、チャレンジしたことを評価する。仕事を与える際には、「私もここまでやってみるから、半分やってみよう」と伴走する。こうして関係の質を変えて、失敗しても安全な環境であることを丁寧に伝えるのだ。


世代や業界、職種にかかわらず、どの職場にも責任転嫁する人は存在する。責任転嫁する人には共通点がある。出された指示内容や条件を確認しない、相手に指示を出すときにも責任範囲や実施条件を明確に提示しないなど、「曖昧さ」を残そうとする。失敗したときに「聞いていない」「私の担当範囲ではない」と、人のせいにしやすいように、最初から自分に責任が生じない状態をつくっているのだ。被害を避けるには、仕事に取り掛かる前に、仕様や分担、責任範囲を明確にし、文書などに残すようにして防御するしかない。また、一対一で対応せず、「証人」となってくれる複数の人に立ち会ってもらうことも重要だ。


新井健一の経歴・略歴

新井健一、あらい・けんいち。日本の経営コンサルタント。「アジア・ひと・しくみ研究所」代表。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、大手重機械メーカー、外資系コンサルティング会社、同ビジネススクール責任者、医療・IT系ベンチャー企業役員などを経て独立。著書に『いらない課長、すごい課長』『いらない部下、かわいい部下』。

他の記事も読んでみる

佐藤浩市

僕は仕事では組織に属したことがない人間で。昔、(映画監督の)相米慎二に「お前、サラリーマンをなめてるかもしれないけど、サラリーマンが一番面倒くさいんだぞ!」って言われたことがあって。確かにそうだよなあと。僕はネクタイを締めたくなくてこの仕事を始めたわけですが、あっち側のことをまったく知らないのに演じるなんて、おこがましいよなと。それ以来、自分がやる職業については、浅いながらも勉強させていただくようになりました。だから一般の人より警察官や医者については詳しいですよ(笑)。


小池百合子

一本の映画を字幕なしに何度も観ることは、英語学習のレベルをグッと高める。生きた英語を音で捉えることと、教科書や参考書を通じて英語を目から学ぶことは、全く違う。


吉野真由美

担当者に電話がつながったら、まず自分について名乗るわけですが、その際に重要なのが、「自分が提供できるメリットを際立たせること」と「自社のブランド化」です。15秒程度で短く伝えます。簡潔に、かつ確実に要点を伝えることで、顧客は「まず話を聞いてみよう」という気になるのです。


根本郁芳

理念と言えるぐらいの考え方って、いま、私が会長職にあるように、わかったと思ったときには現場から引退ということになっている。それも不思議でおもしろいものですね。


水野雅義

つい最近ですが、営業部門の管理職が研究スタッフと意見交換をしたあと、一緒に酒を飲むということがありました。それは、採用担当の若手の発案で実現したものです。これまでも全社員が集まったり、責任者同士で交流したりということはあったものの、本当に一社員の立場で集まる機会は確かになかった。その席では、ざっくばらんに話ができ、意見交換ができたそうです。営業にも研究にも非常に有意義なはずですし、新しい発想やアイデアも出るでしょうから、今後はそんな機会をもっと増やしていきたいと思っています。


木暮太一

論理的な文章を書きさえすればわかりやすくなる、というのは大間違いです。論理的な文章とは、言ってみれば、飛び石が一直線につながっている文章です。飛び石を順番に飛んでいけば、結論にはたどり着く。でも、どのくらいの間隔で石を並べると飛びやすいかは、人によって異なります。わかりやすい文章とは、読み手が飛びやすい間隔で石を並べてある文章のことです。


奥山清行

相手に何を与えられるかを考えた方が、本当の意味での自分の市場価値を高めることにつながると思います。


鈴木弘治

契約社員に対して、正社員という「出口」を用意すれば、職場のモチベーション向上につながります。ただし登用について、具体的な目標の数値を掲げているわけではありません。あくまで個々の能力を見ながら判断していくつもりです。
【覚書き|契約社員から正社員に登用する試験の受験資格を勤続5年から3年に短縮した理由について語った言葉】


潮田、滋彦

「学習定着率」という言葉をご存じでしょうか。教え方によって、その後の記憶度がまったく違うことをデータで表したものです。これによると、一方的な講義では、受講者の学習定着率が低い結果になっています。参加型の進行にすることで、受講者に強い印象を残すことができるようになるのですね。データがすべてではありませんが、重要な考え方ではないかと思います。


柏木理佳

私の周りにいる資格取得者の多くには、「こうなれば、こうなる」といった将来像を立てているのはいいのですが、決めつけてしまう傾向があります。でも、人生は何事も、やってみなければわかりません。実際にはそんなに思うとおりにならないものなのです。