名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

新井一(起業コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

新井一(起業コンサルタント)のプロフィール

新井一、あらい・はじめ。日本の起業コンサルタント。「起業18フォーラム」主宰。23歳でサラリーマン起業。その後、起業支援を行った。著書に『働きながらリスクゼロで小さく稼ぐ 朝晩30分好きなことで起業する』『会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業』。

新井一(起業コンサルタント)の名言 一覧

自分のスキルを売る仕事では、いかに顧客に動いてもらうかで、仕事の効率化につながる。


何より大切なのは、独立後も学び、経験しながら成長していこうという精神。


新しいビジネスといっても、基本的にお客さんに支持されるジャンルというのは、昔から変わりません。仕事、学習、恋愛、健康、マネー、その次に食です。そこを踏まえたうえで、人と人をつなげる今までにない仕組みを考え出せるか、そこが重要。


最近は企業がポータルサイトを運営するなど、ネットを使った仲介ビジネスも、個人では成功するのが難しくなってきました。ですが、そこはアイデア次第。個人で始めるならば、いい切り口さえ見つかれば、成功の可能性は十分にあります。


私はよく「20点でもスタートし、60点になったら合格」と言っています。最初から100点出してからでないと始められないというのでは、足が止まってしまいますから。また、スキルや知識は陳腐化します。常に学び、残りの40点を埋め続ける姿勢こそ大事。


スキルと才能を掛け合わせたところに、その人の強みが抽出できます。スキルとは学んだり経験して習得したもので、職務経歴書に整理するような内容です。才能とは、先天的に人よりうまくできること。


新井一(起業コンサルタント)の経歴・略歴

新井一、あらい・はじめ。日本の起業コンサルタント。「起業18フォーラム」主宰。23歳でサラリーマン起業。その後、起業支援を行った。著書に『働きながらリスクゼロで小さく稼ぐ 朝晩30分好きなことで起業する』『会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業』。

他の記事も読んでみる

石井久(立花証券社長)

私には13人の兄弟がおり、両親が汗水流して懸命に働いても、生活は貧乏の極みにありました。学業成績は常にトップにありながら、師範学校への進学も断念したのも貧しさゆえです。しかし、その貧しさが私の野心、野望を培いました。たとえ学校は出なくとも、独学で己の才を磨き、いつの日か世に出てやると誓ったのです。


吉田晴乃

20代、30代は自分の力を惜しみなく使って、仕事に体当たりしたらいい。痛い思いをして成長していくことも大事。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

成長しそうなところであれば、どこにでも出ていかなければならない。GEは185ヶ国でビジネスを展開しており、世界中で成長を追い求めている。


樋口武男

多くのお客さんが欲しいと思って、実際に使ってみたら助かったと。これが一番良い事業の進め方。


ドナルド・トランプ

事業を経営するのは怖いだろうか。この質問を別の言葉でしなおしてみよう。自分で事業を経営するうえで懸念はあるだろうか。具体的に何が気がかりなのだろうか。恐怖よりも懸念を分解するほうがはるかにやりやすい。恐怖心はクリエイティブ思考を邪魔するだけの障害物になる。


眞鍋淳(真鍋淳)

当社にはがん領域の開発経験が十分なかったので、迅速に意思決定できるよう、まずは組織をシームレスにしました。がん研究の新しい部門を立ち上げ、これまで研究、開発、バイオ医薬品という別々の組織にあったがん関連事業を1つにしました。


松本幸夫

早く帰りづらい雰囲気の職場でも、「TOEICの勉強のため」といえば、多少は抜け出しやすくなるはずです。こうした大義名分をつくるのも、残業を減らす効果が期待できます。


塚越寛

私は社員にこれこれこれだけの成果を上げろと、売上げなどの目標設定は一切しないんです。そのかわり、礼儀作法には口うるさい。例えばスーパーなどへ駐車するときは、決して入り口の近くに駐車するな、できるだけ遠くにおけ、といつも言ってます。入り口の近くに駐車してしまうと、体の弱い人やお年寄りなどが入り口から遠くに車を止めなければならないでしょう。社員に会うたびに口酸っぱく言うものだから、みな私の顔を見ると「ちゃんと遠くに止めています!」とこちらが聞く前に返事をする(笑)。まあ、きっと実践してくれていると思いますよ。


中野克彦(経営者)

部下には動機づけが大切です。それにはぐっと胸に来るような言葉を投げかけることです。「よし、この親分のためにひとつやってやろうじゃないか」と思わせるような言葉が吐けなければいけない。


一瀬邦夫

急速に出店してきたので、新しく入って慣れていない人たちがステーキを焼くことになります。それでもおいしいものを出し続けなければいけない。店舗を指導するスーパーバイジングを厚くし、「社長道場」や「店長会議」で実技練習もきちんとして、社員のレベルを上げていく努力を並行してやっているから、それができる。


戸倉敏夫

わが社の強みはなんといっても、時計の設計から製造まで自社単独でできる技術力にあります。


亀田隆明

患者さまをはじめとした外部の方々に対する広報が大切なことは言うまでもありませんが、それと同様、あるいはそれ以上に大切なのが、内部の人たちに対する広報です。看護師の有効求人倍率は3倍、医師は6倍です。そういう状況の中でクオリティの高い医療を提供していくためには、「患者さま第一主義」と同じレベルで「職員第一主義」が必要だと考えています。