名言DB

9413 人 / 110706 名言

新井一(起業コンサルタント)の名言

twitter Facebook はてブ

新井一(起業コンサルタント)のプロフィール

新井一、あらい・はじめ。日本の起業コンサルタント。「起業18フォーラム」主宰。23歳でサラリーマン起業。その後、起業支援を行った。著書に『働きながらリスクゼロで小さく稼ぐ 朝晩30分好きなことで起業する』『会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業』。

新井一(起業コンサルタント)の名言 一覧

自分のスキルを売る仕事では、いかに顧客に動いてもらうかで、仕事の効率化につながる。


何より大切なのは、独立後も学び、経験しながら成長していこうという精神。


新しいビジネスといっても、基本的にお客さんに支持されるジャンルというのは、昔から変わりません。仕事、学習、恋愛、健康、マネー、その次に食です。そこを踏まえたうえで、人と人をつなげる今までにない仕組みを考え出せるか、そこが重要。


最近は企業がポータルサイトを運営するなど、ネットを使った仲介ビジネスも、個人では成功するのが難しくなってきました。ですが、そこはアイデア次第。個人で始めるならば、いい切り口さえ見つかれば、成功の可能性は十分にあります。


私はよく「20点でもスタートし、60点になったら合格」と言っています。最初から100点出してからでないと始められないというのでは、足が止まってしまいますから。また、スキルや知識は陳腐化します。常に学び、残りの40点を埋め続ける姿勢こそ大事。


スキルと才能を掛け合わせたところに、その人の強みが抽出できます。スキルとは学んだり経験して習得したもので、職務経歴書に整理するような内容です。才能とは、先天的に人よりうまくできること。


新井一(起業コンサルタント)の経歴・略歴

新井一、あらい・はじめ。日本の起業コンサルタント。「起業18フォーラム」主宰。23歳でサラリーマン起業。その後、起業支援を行った。著書に『働きながらリスクゼロで小さく稼ぐ 朝晩30分好きなことで起業する』『会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業』。

他の記事も読んでみる

ドナルド・トランプ

そう、私は文句たれです。私は勝つまで文句を言い続けます。私はこの国のために勝利します。米国を再び偉大な国にするために。


川村誠

社長になったばかりの私に稟議を上げてくる社員は、私がその事業に詳しくないことを知っています。最初は、判断を仰ぐことに不安を感じた人もいたでしょう。しかし、私が京セラの経営理念に基づいて判断することが分かっていたので、その分は不安が少し軽くなったのではないでしょうか。


呉文精

現在私たちは、ソフトウエアの技術などで8社の企業、大学と提携し自動運転を開発しています。こうしたオープンイノベーションの考え方を取り入れながら、顧客が使いやすいようプラットフォームの標準化を目指したい。


馬越嘉彦

原画が描けなくなるというのは、相当不安ではありますよね。キャラデザインはキャラデザインで面白いんですよ。自分で作品の方向性が作れるというのがあるから。でも、そうなると原画を忘れちゃいそうになるんですよ。あれ、原画ってどうやって描いてたっけ?って、それが怖いから、必ず何かしら原画の仕事を入れるようにしているんです。


平林岳

メジャーの選手たちは競争が激しい世界にいるのに、楽しんでいますよね。だから良いパフォーマンスが出せるんだな、と思いました。楽しんで野球をやっている人たちが競っているから、見ている人たちも楽しい。


ムーギー・キム(金武貴)

なんとなく周りに合わせて就職活動をして会社に入り、与えられた仕事に取り組んでいるという人も多いのではないでしょうか。まず、胸に手を当てて考えてみたいのは「今の仕事は本当に自分がやりたいことなのか」ということです。その仕事がたまたま自分に合っていて楽しくて仕方がないのなら言うことはありません。でもそうでないなら、仕事を見直したほうがいい。今は、若い人に限らず、仕事の内容や働き方、生き方を自分でカスタマイズしている人がたくさんいますし、それができる時代になっています。


原裕輝

いくら考えても心が晴れない時は、感じ尽くして感情を消化してしまうのが効果的。


川越達也

料理人になろうと決めた高校生の頃から、「これからは料理だけをやっていてうまくいく時代ではない」と思っていたので、修業して調理の腕を磨くだけでなく、接客やサービスなどそのほかの部分にも力をいれなければいけないと考えました。そこで、調理の技術にプラスアルファで自分の強みになることを考えてみました。自分のオプションを検討していくと、料理だけでなく、おもてなしやサービスのことも含めて努力していけば、料理の世界で自分のポジションが確立できるのではないか。そう考えたのです。


アルバート・アインシュタイン

人間の邪悪な心を変えるより、プルトニウムの性質を変えるほうがやさしい。


飯島彰己

常に時代の要請は何かということ。そういう考えで時代や社会を見ながらやってきた結果が今の事業のポートフォリオ。


オスカー・ワイルド

自分について真面目に考えれば考えるほど些細な点が気になる、というのは不思議な事実である。


出雲充

本来は何も関係がないのに、さも重大な関係があるように見える見かけの因果律は、いろいろなところに潜んでいます。


熊谷正寿

理念を徹底するには、経営者自身がそれを信じて行動するしかない。僕が信じて突き進む姿を見ると、皆それと違った行動を取りづらいものです。ただ、仮に現在の規模になってからこうした理念共有を行おうとしても難しかったでしょうね。僕らの場合、小さかった時分からコツコツ習慣化してきた結果、今があるのです。


三木谷浩史

孫(正義)さんや増田(宗昭)さんといった個性的な経営者のそばでM&Aのお手伝いをすることで、経営者はどんな時にどんな発想をするのか間近で見ることができた。これは貴重な経験でした。


弘兼憲史

当時の松下電器は、真剣に怒る会社だった気がします。寮に帰ると、「今日怒られて、めっちゃへこんだ」といった話をみんなでよくしました。後々それが自分のためになったことがわかるのですが。
【覚え書き|松下電器時代を振り返っての発言】